予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

山咲凛子

メールマガジン

 

ナースのための【心と身体のStudyMail】

 

b047cd7c31cb7b7b1cd44b36c3b34c70_m

 

私たちは新しい看護をつくります

今、医療は多様化しています。統合医療が広がり予防医学が進んでいますね。厚生労働省は高齢者の割合が高くなる2025~2035年に向けて、医療のIT化、地域包括医療を促進し「悪くなったら病院へ行く」から「普段から予防する」へと改革を図っています。
では看護は?
私たちはどうなるのでしょうか。

 

看護も多様化し始めています。厚生労働省は大学の看護学科の設置を増やし、ナースの増員を図っていますね。そのため10年後には病院で働くナースが14万人余ると言われています。
病院で勤務しているナースは専門看護師や認定看護師を目指してキャリアアップを図るナースと、ジェネラリストを目指すナースに細分化され、訪問看護の割合も年々増加傾向です。

 

しかしながらナースの勤務の実態は、人間関係の問題で退職するナースが圧倒的に多く、慢性疲労症候群のナースが7割以上という状況。ナースが増えているはずなのに離職率は変わらないという現状があります。看護に喜びを見いだせず、やり甲斐をなくしたまま続けているナースがたくさんいるはずです。

 

 

予防看護を形にする

病気になる人をこれ以上増やさないため、介護になる人をこれ以上増やさないために、私たちができることは何でしょう?
病気を治すことは医師にしかできないかもしれませんが、私たちナースは「健康という幸せ」をもたらすことができる立場です。医療がずっと置き去りにしてきた“こころ”を看護が取り戻し、ナース自身と一般の方々が心身ともに健康で幸せな状態になるための援助ができるのではないでしょうか。

これまで病気の知識ばかり増やしてきた看護ですが、その知識と経験を、日常生活の体験を通して智慧にして広めていくー
また、看護は客観的な仕事が少ないために、主観的な感覚で優劣が決まってしまう状態でした。組織から個人へと価値が見直されてる現代において、ナースひとりひとりに“代わりの利かない価値”をブランディングしていくー
そうして古い看護体制を変えていくことが可能だと考えます。

 

これまではナースは病院や施設など組織に雇用されるか、訪問看護ステーションを設立するしか働き方がありませんでした。でもこれからは変わります。今すでに病院を出て個人で活動し始めているナースが増えてきています。既存の在り方に頼らない道は厳しいかもしれませんが、きっと本来のやりたい看護が実践できて再びやり甲斐を見出せるだろうと予測しています。

 

 

ナースの独立起業を実現する

遠い夢ではありません。自分の能力や自分の要素を活かして個人の発信力を育てれば、ナースはビジネスで素晴らしいチカラを発揮します。メルマガでは、心を整えることで身体性を整える【心身コミュニケーション】についてお伝えしています。またナースの独立起業を可能にする【Neoナース】【Neoナーストレーナー】についてご紹介しています。【看護の最新情報】や【ナース限定の講座情報】を交えて、あなたにに新しい視点をお届けします。

 

自分自身と向き合って心と身体のコミュニケーションを深め、潜在能力を活かすための「今日の出会い」を毎日配信しています。さらに週2~3回の割合で看護、人間関係、死生観、介護問題などを通して“こころ”に関する記事を配信しています。
バーンアウト症候群になって離職する前に。未来の新しい道を一緒に築いていきませんか?ご登録をお待ちしています。

 

 

登録するとすぐにメールが届きますのでご確認ください^^
※携帯で受信制限をされている場合はrinko@plag.jpを受信できるようお願いします。
※パソコンのアドレスを登録した場合、迷惑メールBOXに入っていることがありますので、届かない場合はご確認ください。
※無料メールマガジンです。不要な場合はすぐに登録解除できます。

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

ご登録ありがとうございます。
心を込めてお送りいたします^^

 

 

 


PLA|心力教育の学校 今ここを愉しむチカラと創造力
〒553-0001
大阪府福島区海老江2丁目1-31青山ビル7F
フリーダイヤル:0120-50-3601

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031