ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

CATEGORY心と病気の連鎖

「ちょっと待って!降圧剤は飲み始めるとやめられない」医師から勧められたら自分と向き合うタイミング

高血圧症の診断基準は140mmHg。 以前は収縮期血圧(高い方)160mmHg以上が高血圧と診断され、140mmHg~160mmHgは境界域でしたが、1999年から140mmHg以上で高血圧と診断されるようになりました…

『看護師がうつ病になるまでの5つの変化』 知っておくと自分で予防できる!

日本看護協会は2012年に一度だけ看護師のメンタル面に関しての調査結果を発表しています。 2010年度に 1カ月以上の病気休暇を取った看護職員は2.2%の7483人。 このうち診断書を提出したメンタルヘルス不調者は2…

「心と身体はひとつ」心の問題が身体に現れてるよ

「心はどこにあると思いますか?」と尋ねると、ちょっと考えてから「ここ」と頭を指す人が多くなりました。そうです、心は脳にあります。感情は“海馬”と“扁桃体”というところで感情が生成されていることを、まず伝ておきます。 …

「ストレスってどこから来るの?」ナースが学ぶ心と病気の連鎖/第6講

“ストレス”という言葉は、医師にとっても患者にとっても都合がいい言葉であることを、看護師がモヤモヤする医療の矛盾⑦でお伝えしました。 現代の医療は対症療法であり、根本的な治療ではありません。ストレスの元になっている…

「病気は悩んでいるときに発生する!」ナースが学ぶ心と病気の連鎖/第5講

ナースが学ぶ心と病気の連鎖 「病気は悩んでいるときに発生する」 家で一人で悩んでいるときの自分の姿を思い出してみましょう。いつもと同じ場所に座り、じっと一点を見つめて身体は同じ…

「体調不良は心のSOS!」ナースが学ぶ心と病気の連鎖/第4講

ナースが学ぶ心と病気の連鎖 「体調不良は心のサイン!」 第2講で、感情は脳内の【海馬と扁桃体】でつくられていること、 ヘビを見たときの恐怖という感情の話から【感情は身体】で感じていることをお…

「忘れたいのに忘れられないのはなぜ?」ナースが学ぶ心と病気の連鎖 /第3講

ナースが学ぶ心と病気の連鎖 第3講「忘れたいのに忘れられないのはなぜ?」 大好きな彼から一方的に別れを告げられた。もう死ぬほど辛い。だから早く忘れてしまって元の私に戻ろう…。そう思って、忘れようと…

「怖いと立ち止まってしまうのはなぜ?」ナースが学ぶ心と病気の連鎖/第2講

ナースが学ぶ心と病気の連鎖 第2講「怖いと立ち止まってしまうのはなぜ?」 第1講では、心は心臓ではなく脳にあるということ、心は文学ではなく科学的に解明されてきていることをお伝えしました。 「…

「辛いとき胸が苦しくなるのはなぜ?」ナースが学ぶ心と病気の連鎖/第1講

ナースが学ぶ心と病気の連鎖 第1講「辛いとき胸が苦しくなるのはなぜ?」 心はまずどこにあるのでしょう?心が心臓にあると思われていたのは2500年前の話。アリストテレスは心臓で感情を生成して、血…

「風邪ですね」は要注意!あなたは医師に質問しなければ。

あなたは、病院を受診した経験がありますか? 風邪が流行っていますが、 もし仮に、病院で医師から「風邪ですね」と言われたら? 「なんで風邪をひいたんですか?私は」と尋ねなければなりません。 家族…

ストレスが溜まって疲れてる…という看護師の『自分でできるメンタルケア~』

看護の仕事は常に時間を気にして行なっていますね。 患者さんをできるだけ待たせないよう、 時間通りに必要なケアが行えるよう、 観察を怠らないよう、 仕事の引き継ぎが時間通りに行えるよう、 検査や手術の時間も守らな…

ついつい食べちゃう!看護師の困った食欲に3ステップが役に立つ

夜勤のとき、つい食べ過ぎてしまいませんか? 夜中は成長ホルモンが分泌される時間帯で、成長ホルモンの分泌を促すグレリンというホルモンが分泌されます。 グレリンは飢餓因子で「食べなさい」と命令するホルモン…

仕事に追われて過ぎていく看護師の日常!「常識的な人」は「自分らしく」生きられない

看護師の転職経験率は7割。 10年20年と経験を積むと、他の仕事に興味を持ち始めるのは当然のことだと思いますが。 看護師は、なかなか辞めることができない職業です。 なぜなら、世間が“看護師の仕事は素晴らしい”と評価…

心も体も忙しい看護師のお正月!ストレスをためないコツは「こころのお着替え♪」

「お正月なのにごめんね。家族がいるやろうに。ありがとうね。」 と気遣ってくれる患者さんがいます。 でも看護師は、患者さんに対してお正月だから云々というストレスを感じることは、あまりありません。 だってそれが看護師の…

医療に活かす実践心理学/ターミナルケア・緩和ケアのコミュニケーション

現在、がん(悪性腫瘍、悪性新生物)は、私たちの生活から切り離せない病気です。1981年以来、がんは日本人の死因第一位になっており、平成22年時点で年間約100万人が新たに発症し、年間36万人が亡くなっています。死因の約3…

さらに記事を表示する

You Tube