予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

CATEGORY命を再定義しよう

“看取り”の主人公は誰?より良い看取りのために

心理学講師の看護師が書くブログです。 心身ともに健康であるための生き方について書いています。 高齢者さんが増えて看取りを在宅や施設で行うことが多くなってきましたが、「看取り」と…

医者は命を救う。看護師は人を救う。

私は阪神淡路大震災の被災者です。 そのとき体験したこと、感じたことを書いています。 まだ震災の恐怖が癒えていない人はスルーしてください。 申し訳ありません。 私は震災の…

誕生日を祝う深層心理。祝ってもらえなければ価値がない?

日本人が自分の誕生日をどれほど大切に思っているかについて、以前書いています。 <誕生日ってどんな意味があるの?> 最近は誕生日のお祝いがあまりにも定着していて、 誕生日を祝ってもらわなければダメ…

「死ぬことを考えたとき、初めて生きることを考えた」うつ病30代女性の言葉。

日本人は「死」という言葉に対して非常にネガティブなイメージを持っています。 ですが江戸時代の日本は、誕生日を特別祝うことも、お葬式に悲しむようなこともなかったと言います。 『すべては無常である』という文化が浸透してい…

「命の終わりを決めるのは誰…?」自分の死生観を持つ時代へ。

昨年、NHKのクローズアップ現代で放映されました。 「延命中止という新たな選択」 Facebookの再生回数が100万回を超えて話題になっていましたね。 日頃から「延命治療は望まない」と妻に伝えていたことが医師に伝…

「命の再定義トークライブ」過去の絡まった糸が解けていくような感覚。

心理学講師の看護師が書くブログです。 心とからだの健康について書いています。 先日「命の再定義トークライブ」を開催しました。 経験22年で数百件の命の誕生に携わってきた助産師…

介護士は看取りを担うべき人。誇り高きマインドを育てよう。

心理学の講師を務める看護師が書くブログです。 生と死を心の視点で捉えて書いています。 施設で看取りを行うことが増えています。 30代40代の責任者や看護師であっても、身近な人の死にを経験して…

花は人を癒やすために咲く。だから観て感じて、思いを巡らせて・・

花は「人を癒やすために咲く」って聞いたことがあります。 ちょっと嬉しくなるけど、その意味をよくわかっていませんでした。 人が花を見て癒やされるのは何故なんだろうってことが・・・ 最近はこのように…

助産師vs看護師「命の再定義」トークライブ/ 最寄り駅から宝円寺までのアクセス

宝円寺の場所は 大阪市平野区喜連3-8-24 大阪市営地下鉄谷町線「喜連瓜破」駅から徒歩約10分です 簡単な経路をお伝えしますね。 MAPを見ても不安な方はこちらをどうぞ。 喜連瓜破…

「無縁化」で失われる死生観、分野を超えて分かち合う「絆づくり」

大阪の平野区にある宝円寺のご住職に、ご挨拶に行ったときのことを書きますね。 ここは4月21日に、助産師 vs 看護師『命の再定義』トークライヴをさせていただくことになったお寺。 トークライヴの〆はご住職にお願いをして…

無常観は「生き切る力」。大病した人ほど生命力は強い。

心理学の講師を務める看護師が書くブログです。 心の視点で生き方、健康について書いています。 先日の<命は、惜しむより「使い切る」> からの“無常観”について。 「日本人の死をおそれないことは格…

命の所在はどこに?!患者と病院の溝

心理学の講師を務める看護師が書くブログです。 心の視点で命を見つめています。 ある女性が、高齢で独身の叔母に胃ろうをするかどうか、の瀬戸際に立っていました。 叔母には兄弟がい…

命は、惜しむより「使い切る」

心理学の講師を務める看護師のブログです。 心の視点で命について書いています。 前回は日本人が持っている「誕生日」の認識について書きました。 同じ誕生日の人に出会う確率は1/46であることや 同…

「誕生日ってどんな意味があるの?」命を再定義しよう

心理学スクールの講師を務める看護師が書くブログです。 心の視点で健康について書いています。 さて、今日は「命の誕生」について考えたいと思います。 皆さんはごく自然に「誕生日の…

「ひとつの命が誕生したとき、ひとつの死が誕生する」命を再定義しよう

心理学スクールの講師を務める看護師が書くブログです。 心の視点で健全な生き方について書いています。 ー ひとつの命が誕生したとき、ひとつの死が誕生する ー 言われてみれば当然ですが、聞きたくない…

You Tube