予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

山咲凛子

CATEGORY介護・心理療法

「災害後の恐怖・不安」時間は解決してくれない。フラッシュバックを起こさないために早めのケア。

地震や大雨による被害が起こっていますね。 私自身も阪神大震災の被災者であり、 東北大震災のときにはTVを見た瞬間に フラッシュバックが起こりました。 フラッシュバックが起こっているとき 本人…

「人生の最期。看取りを誰に頼みますか?」誇り高き介護職。

時代は巡ってきます。 バブル全盛期の頃に流行っていたスタイルが 今また若い人の間で注目され始めていますね。 ひと昔前に流行っていたことが、 何十年経って再び流行り出すというのは 珍しいことではありません。 洋…

認知症高齢者の転倒や徘徊にご注意!「月の引力と人の関係」

高齢者が生活する施設やデイサービスでは、利用者さんの転倒はハイリスクな問題です。ほんのちょっとの油断が大きな事故につながる可能性もあり、高齢者に関わる看護師、介護士、福祉士、ケアマネはもっとも気を遣っていることですね。 …

不安な介護と忙しい看護師、ストレスで起こる心の病気

先日、京都五条にいる85歳の叔母のところへ行ってきました。叔母は自由な一人暮らしを20年以上していましたが、少しずつ体力の衰えを感じ、今後のことを考えて数ヶ月前に介護サービス付き高齢者向け住宅に入居しました。 &nbs…

ネガティブな感情に対する5つのステップ

ポジティブシンキングが非常に危険な思考法であることをお伝えしました。 《ポジティブシンキングが危険な5つの理由》はこちら そしてネガティブな感情がなぜ大切なのかにつ…

ネガティブな感情が大切な5つの理由

ポジティブシンキングが非常に危険な思考法であることを、前回お伝えしました。 《危険なポジティブシンキング》はこちら ネガティブな感情は良くないと思わ…

ポジティブシンキングが危険な5つの理由

どうしても悲しい感情や辛い感情があるとき、落ち込んでしまう自分や悲しんでいる自分はダメだと思ってしまう人がいます。泣いてはいけない、辛い感情を持ってはいけない、もっと前向きな私にならなければ…と考え、努力してポジティブな私に…

優れた生き方のコミュニケーション

ハイレベルなコミュニケーションとは何でしょう? 失敗するコミュニケーションはこちら 正しいコミュニケーションはこちら …

正しいコミュニケーション

正しいコミュニケーションとは一体なんでしょう? 《失敗するコミュニケーション》はこちらに書いています。 人間は唯一、言葉を持つ生物です。ゆえに言葉で自分を伝え、言葉…

失敗するコミュニケーション

コミュニケーションを調べると、失敗するコミュニケーションがよく掲載されています。 「相手との共通点を見つけましょう」 まずこれが最初に書かれている記事が多いのですが、多くの人がこのコミュニケーションを行なって…

両親の高齢者うつで悩む家族/8つの解決ポイント

平成26年現在65歳以上の高齢者は約3300万人、全人口に対する割合は約26%、4人に1人が65歳以上という過去最高の割合になっています。認知症とともに高齢者のうつ病罹患率は高いですが、両者は見分けがつきにくく、悪化して…

セラピストの実践心理学/目の動きでできる心の編集

通常「目」は、景色や現象、色や物など、あなたの目に映った情報を脳に送ります。 その目の動きには、一定のパターンがあります。 目の動きに注意を払って見ていると、眼球がよく上に動く人や、横に動く人、下に動く人、右…

トラウマ・恐怖症の最新の治療

トラウマ(psychological trauma)とは、ギリシャ語で「傷」を意味します。1917年心理学者のジークムント・フロイトが、物理的に強い外傷を負うと後遺症になるのと同じように、強い心理的な傷がその後も精神的な…

うつ病になりやすい人の5つの特徴

うつ病は2008年から100万人を超え、今では周囲に1人か2人はいる、そう珍しくない病気になってきています。けれども初期症状を見ると、食欲不振や不眠、倦怠感、意欲の低下など、病気ではなくても誰にでも起こり…

人間関係で起こる悩みは“期待”があるから。その解決策は2つ。

人間関係の悩みはすべて「期待」があるから起こります。 ~してほしい きっと~してくれるだろう わかってほしい 聞きいれてほしい 変わってほしい… その解決策は2通りしかありません。 1つは、期待を満たすこと もう1つは、期待…

さらに記事を表示する

You Tube