予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

CATEGORY介護と認知症予防

両親の高齢者うつで悩む家族/8つの解決ポイント

平成26年現在65歳以上の高齢者は約3300万人、全人口に対する割合は約26%、4人に1人が65歳以上という過去最高の割合になっています。認知症とともに高齢者のうつ病罹患率は高いですが、両者は見分けがつきにくく、悪化して…

セラピストの実践心理学/目の動きでできる心の編集

通常「目」は、景色や現象、色や物など、あなたの目に映った情報を脳に送ります。 その目の動きには、一定のパターンがあります。 目の動きに注意を払って見ていると、眼球がよく上に動く人や、横に動く人、下に動く人、右…

トラウマ・恐怖症の最新の治療

トラウマ(psychological trauma)とは、ギリシャ語で「傷」を意味します。1917年心理学者のジークムント・フロイトが、物理的に強い外傷を負うと後遺症になるのと同じように、強い心理的な傷がその後も精神的な…

うつ病になりやすい人の5つの特徴

うつ病は2008年から100万人を超え、今では周囲に1人か2人はいる、そう珍しくない病気になってきています。けれども初期症状を見ると、食欲不振や不眠、倦怠感、意欲の低下など、病気ではなくても誰にでも起こり…

人間関係で起こる悩みは“期待”があるから。その解決策は2つ。

人間関係の悩みはすべて「期待」があるから起こります。 ~してほしい きっと~してくれるだろう わかってほしい 聞きいれてほしい 変わってほしい… その解決策は2通りしかありません。 1つは、期待を満たすこと もう1つは、期待…

“日本の医療って治せないよなー”と思った看護師・保健師・介護士が読むやつ。

先日、病名として掲載されているものが25,000種類あることをお伝えしました。 2001年には18,000種類だったのが、15年間で7,000種類増加しているわけです。 日本は世界において、高度な医療…

職場を変えても同じことの繰り返し。介護の仕事に行き詰まったときに読むやつ。

日本で初のケアマネージャーの資格試験は平成10年に行われました。その頃病院には老人病棟と言われる病棟があり、今後の高齢者の増加を考えてケアマネージャー資格試験に興味を持った看護師も多くいたと思います。私自…

認知症状や不穏症状に困って医師に相談しようと思ったときに読むやつ。

認知症症状に社会が目を向け始めてから約30年。日本で初めて抗認知症薬が発売されてから約15年です。認知症にもアルツハイマー型やドビー小体性のものや血管性のものなど種類があり、さらにうつを伴っている場合…

医療・介護の現場が忙しすぎて辞めたくなったときに読むやつ。

最近、病棟の夜勤は人員不足により2交代のところが多くなっています。介護も高齢者専用賃貸住宅などが急速に増え、施設ではないが機能的に施設と変わりない職務が求められ、やはりそこでも人員不足により多忙な日常…

要介護者の暴言・暴力に感情的になったときに読むやつ。

介護保険は社会の高齢化に対応するため、1997年に国会で制定され、2000年4月1日から施行されました。 その目的は、 加齢に伴って生じる心身の変化及び疾病等によって要介護状態となり、入浴、排せつ…

言葉を超えたコミュニケーションを身につけたいと思ったときに読むやつ。

人間は動物界の中で唯一言葉を持つ生き物です。 言葉があるからこそ、文化が形成され、あらゆる物をつくり出してきました。 言葉があるからこそ、記憶があり、学びます。 言葉があるからこそ、未来を創造し、想…

You Tube