予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

CATEGORY予防看護

フリーランスナースの賢い歩き方/半年間の振り返り

2017年8月から始まった『フリーランスナースの賢い歩き方』は東京開催を入れて6回行いました。 最後は12月29日に開催しましたが7名のナースがご参加くださり、その後望年会にもお越しくださって賑やかな年の瀬になりました…

お正月も介護しているご家族へ

心理学講師の看護師が書くブログです。 介護にストレスがない方はスルーしてくださってかまいません~ 日本人にとってお正月は特別な日。 女性が家事をしなくていいように、おせちや祝い箸が用意される…

「胃ろう」は虐待

「胃ろう」は虐待。 介護・認知症患者にとって「胃ろう」は、本人の意志に関係なく、ただ、生き長らえさせるだけの処置。 たとえ本人が死にたいと言っても、家族が介護疲れで後悔しようとも、やめられません。 生きる目的を見い…

薬の効果は55%がプラシーボ

同じ薬を飲んでも効く人と効かない人がいます。 同じ薬を飲んでも効くときと効かないときがあります。 飲む人が違うから? 飲むタイミングが違うから? …と思いがちですが、薬の効果の55%は本人の思い込みによるものだ…

予防看護実践5つのポイント

今日もご覧くださりありがとうございます。 ナースが個人活動で独立することを前提とした予防看護のお話です。 「看護師の新しい在り方」なので関係のない方はスルーしてくださいね。 「予防看護」は初めて…

「原因は心にあった!心から看る介護・認知症予防」MACメディカル

今回、MACメディカルでの講演のお話をいただきました。 私が準備したのは「心から看る介護・認知症予防」です。 この内容は一年半前くらいにメールマガジンに書きましたが、まだまだ受け入れることができない世情を考慮して…

夢を叶えるRASのコツをマスター!「患者指導で使ってはいけない言葉」

目標を文章にするとき、否定形を遣わないようにしましょう。 という文章が否定形であることがわかりますか? 脳は否定形を理解しないんです。 あ、矛盾してますね? 「目標は必ず肯定文で書く」 これを覚えておきまし…

Neoナースビジネスプログラム登録開始

お知らせいたします。 来春、Neoナースコミュニケーションスクールを開講する予定でしたが、急遽ビジネスプログラムに変更いたします。 このNeoナースビジネスプログラムは2年以上前から計画していましたが、世間の変化…

夢を叶えるRASのコツをマスター!その1.「夢を予定にする」

RAS=網様体賦活系は、あなたに盲点を与えて情報を削除するフィルターの働きをします。 そのRASフィルターに引っかかるように目標設定をすれば、必要な情報を引き寄せ、必要な人と出会い、必要な物を引き寄せて夢が叶いやすくな…

Neoナースクイックマスターコースを受講したナースの動きを報告!

とっても嬉しいことがありました。 7月末にNeoナースクイックマスターコースを受講してくださったナースの動きを報告します。 介護と子育てのダブルワークでストレスを抱え込み、今年4月頃までうつ病で休職していたナース…

「原因は心にあった!ビジネスナースが病気と介護と認知症を予防する!」東京講演

【第27回MACサロンのご案内】 MACメディカルでは偶数月にMACサロンを開催しています。MACサロンとは会員が集まり、お酒を飲みながら気楽に語り合う会のことです。今回は看護師/心力教育家 山咲凛子様の登場です。…

看護とはナースの生き様。Neoナースとコミュニケーション。

なぜナースの生き様(コミュニケーション)が看護に関連するのでしょう。 Neoナースとコミュニケーションについてまとめますね。 Neoナースが行なう予防看護(Wellnessコーチング)は3つの項目を行います。 ・健…

看護+コミュニケーションはホリスティック

コミュニケーションはさらに深く拡がっていきます。 ここから先は、たどり着く人とそうでない人がいるかもしれません。 どれくらい時間がかかるかも不明です。 なぜなら日々自分自身と向き合い、淡々と自己鍛錬を続けた人だけが…

看護+コミュニケーションは潜在能力

コミュニケーションというと、やはり対人関係と思う方が多いようですが。 肝心なのは心の中で行なっている“自分との対話”。 「自分が変われば周りも変わる」という状況を起こすのが自分との対話です。 セルフコミュニケーショ…

看護+コミュニケーションは心身コミュニケーション

来年開講のNeoナースコミュニケーションスクール。 私はコミュニケーションスクールでファシリテーターをしていますが、ナースから「看護とコミュニケーションがどう繋がっているかわからない」と意見をいただいたことがあります。…

さらに記事を表示する

You Tube