ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

CATEGORY予防看護

「ストレスフルな看護師に必要な5つの癒やし」気力だけじゃ続かない!

定時で終わる日勤勤務がほとんどなく、帰りはいつも夜。 夜勤明けは疲れて眠いし家事があるから、急いで帰宅する。 朝の出勤もバタバタ。。 この状態が続くと出来事に反応的になりやすく とくに問題視し…

「体調不良の看護師が7割以上!」自分の身は自分で守る。インナーナースを育てよう♡

日本医療労働組合連合会が2010年にナースの労働実態を調べてくれています。 報告書には日本赤十字看護大学の川嶋みどり教授など著名な方々が、ナースの労働環境改善を切実な文章とともに掲載してくださっています。 <…

「看護師の新3K知ってる?」私生活にまで及んでいる看護のK

昔から言われていた看護師の新3Kは… 「きつい」「きたない」「きけん」 ところがインターネットで調べ物をしていると “新3K”がありました。 「厳しい」「帰れない」「給料が安い」 &…

「泣けない看護師」感情労働の被害者になってはいけない

看護師からの相談でのことです。 「電話していいですか?」というメッセージでした。 それほど関わったことのないナースからのメッセージだったので、私も何か必要に迫られる感覚がして対応しました。 …

「ホルモン剤の精神的副作用」山咲流、病気の自分と上手に付き合う方法

ナースからの電話相談でのこと。 就職先で悩み、もとの職場に戻ろうかどうしようかという相談でした。 収入のこと、住居のことなどいろいろ考えて、安全で万全な選択をしようと思っているからこその悩みでした。 悩んでいるとき…

「医師・看護師は患者に評価される!」在宅医療の幸せはコミュニケーションに尽きる

今後、広がっていく在宅医療。 在宅医療の問題点が浮き彫りになっている記事を観たのでシェアします。 まず記事をお読みくださいね。 家で最期を迎えたい ~広がる在宅医療の陰で~(NHKクローズアップ現代より) &…

命を断った看護師。私たちが自分と人のためにできること。

23歳で自殺した札幌の看護師の記事。 ご覧になりましたか。 <なぜ札幌の新人看護師は自殺したのか?!> 読めば読むほど、その通り…と思います。 看護師の過酷な勤務状況、追い込まれている心の…

「理想の看護」って何? 言葉にできずもどかしい看護師の悩み。

「これが本当に私がやりたい看護?」と思うナースが増えています。 採血や点滴や注射、処置、検査の説明や介助、手術前の準備や介助、配薬、処方箋処理、伝票処理… これらの仕事は本来すべて医師の仕事で、看護の仕事じゃない。 …

手と目で看て護る。看護は「病んだ気」を「元の気」にする気のチカラ。

看護の「看」という字は「手」と「目」の字でできています。 手と目で護る。 それが「看護」です。 お母さんは子供に「痛いの痛いの飛んで行け~」と言いながら、痛いところをさすります。 お腹が痛いとき、転んで打撲したと…

「罪悪感は万病のもと」病気の発端は心から

ダイエットしようと決めたのに、ついスィーツを食べてしまった… つい食べすぎてしまった… つい飲みすぎてしまった… 毎日ウォーキングしようと決めたのに、ついさぼってしまった… ついダラダラ過ごしてしまった… つい…

「まず心の健康維持」それから食事と運動。看護にマインドフルネスを。

「◯◯した方が健康にいい」「◯◯はやめた方が身体にいい」 そう言われても、自分なりの理由があるからなかなか生活習慣は変えられません。 時間の制約、体力、家族との関係、お金、場所… 素晴らしい食事療法や運動療法の情報…

「病院に行くより温泉に行こう!」体調不良は身体が気づいてほしいとき。

身体の不調を感じたとき、まず頭に思い浮かぶのは病院・薬ではないでしょうか。 日常がままならないほど強い症状のときは、受診して緊急措置として薬の助けを借りることも一つの手ですが。 薬はあくまでも緊急措置。 体調不良に…

「予防看護は次元上昇。東洋と西洋の中心、心と身体の健康」アセンションって何だ?

できれば何も悩みたくない。 何事もなく一日が終わり、毎日ご機嫌に過ごしたい。 誰でもそう思います。 でもね? それでは心の成長ができません。 “幸せは不幸を装ってやってくる”と言います。 …

医師と患者と看護師の関係はトライアングル「看護は空(くう)である」

医師と患者と看護師の関係について考えたことがあるでしょうか。 一般的に看護師の仕事は処置や注射や採血、検査の介助、外来の手伝いなど医師の補助と思われています。 身体を拭いたり洗髪をするなど日常生活の援助や排泄介助は、…

「人はひとりひとり違う」が基本の予防看護

看護師は患者さんの日常生活についての指導を行ないます。 私は病棟で手書きでパンフレットをつくって退院指導をしていました。 その人が見やすいように文字の大きさを変えたり、絵を書いたり、見やすくしたり、工夫して楽しんでい…

さらに記事を表示する

You Tube