予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

山咲凛子

CATEGORY予防看護

夢を叶えるRASのコツをマスター!「患者指導で使ってはいけない言葉」

目標を文章にするとき、否定形を遣わないようにしましょう。 という文章が否定形であることがわかりますか? 脳は否定形を理解しないんです。 あ、矛盾してますね? 「目標は必ず肯定文で書く」 これを覚えておきまし…

Neoナースビジネスプログラム登録開始

お知らせいたします。 来春、Neoナースコミュニケーションスクールを開講する予定でしたが、急遽ビジネスプログラムに変更いたします。 このNeoナースビジネスプログラムは2年以上前から計画していましたが、世間の変化…

夢を叶えるRASのコツをマスター!その1.「夢を予定にする」

RAS=網様体賦活系は、あなたに盲点を与えて情報を削除するフィルターの働きをします。 そのRASフィルターに引っかかるように目標設定をすれば、必要な情報を引き寄せ、必要な人と出会い、必要な物を引き寄せて夢が叶いやすくな…

Neoナースクイックマスターコースを受講したナースの動きを報告!

とっても嬉しいことがありました。 7月末にNeoナースクイックマスターコースを受講してくださったナースの動きを報告します。 介護と子育てのダブルワークでストレスを抱え込み、今年4月頃までうつ病で休職していたナース…

「原因は心にあった!ビジネスナースが病気と介護と認知症を予防する!」東京講演

【第27回MACサロンのご案内】 MACメディカルでは偶数月にMACサロンを開催しています。MACサロンとは会員が集まり、お酒を飲みながら気楽に語り合う会のことです。今回は看護師/心力教育家 山咲凛子様の登場です。…

看護とはナースの生き様。Neoナースとコミュニケーション。

なぜナースの生き様(コミュニケーション)が看護に関連するのでしょう。 Neoナースとコミュニケーションについてまとめますね。 Neoナースが行なう予防看護(Wellnessコーチング)は3つの項目を行います。 ・健…

看護+コミュニケーションはホリスティック

コミュニケーションはさらに深く拡がっていきます。 ここから先は、たどり着く人とそうでない人がいるかもしれません。 どれくらい時間がかかるかも不明です。 なぜなら日々自分自身と向き合い、淡々と自己鍛錬を続けた人だけが…

看護+コミュニケーションは潜在能力

コミュニケーションというと、やはり対人関係と思う方が多いようですが。 肝心なのは心の中で行なっている“自分との対話”。 「自分が変われば周りも変わる」という状況を起こすのが自分との対話です。 セルフコミュニケーショ…

看護+コミュニケーションは心身コミュニケーション

来年開講のNeoナースコミュニケーションスクール。 私はコミュニケーションスクールでファシリテーターをしていますが、ナースから「看護とコミュニケーションがどう繋がっているかわからない」と意見をいただいたことがあります。…

「Neoナース冊子」無料で郵送します

Neoナースの冊子ができました 「やっぱり看護が好き」になる 7つの強み 医療の問題点や看護の現状なども書いています。 ナースが身の振り方を考える指標にも。 総数38ページ。情報てんこ盛りですヽ(^。^)ノ …

「日本の看護師が世界の健康を変える!」

この事実を知っていますか? 毎日病院を受診する人は2万~3万人、入院する人の数は毎日3500人 平成26年に癌で亡くなった人は37万人、2位の心疾患は20万人、脳血管障害10万人以上。 高血…

「看護師だからできること」にこだわりたい!Neoナースのグリーフケア

先週のNeoナースクイックマスターコースの様子をお伝えします。 前回のクイックマスターコースの様子はこちら。 「家族が後悔する延命治療をなくしたい!」 今回はグリーフケアを行っているナースが来られたので、同…

看護の真髄とは?「病気には目的があることを知る」

受精した卵子はすぐに細胞分裂を始めます。 2分割、4分割、8分割、16分割、32分割… 倍々方式で細胞の数が増え 成人でおよそ60兆個の細胞になります。 目や耳、上肢下肢、肺や腎臓など 2つあるものは左…

「災害後の恐怖・不安」時間は解決してくれない。フラッシュバックを起こさないために早めのケア。

地震や大雨による被害が起こっていますね。 私自身も阪神大震災の被災者であり、 東北大震災のときにはTVを見た瞬間に フラッシュバックが起こりました。 フラッシュバックが起こっているとき 本人…

「ナースが感じる延命治療の不適正」想いを形に。/Neoナースの一歩

先日はNeoナースクイックマスターコースの2日めでした。 受講されたナースは長年救急医療やICUで勤め 延命治療の不適正を感じてきたナース。 緊急時に「どうか助けてください」と言った家族が …

さらに記事を表示する

You Tube