予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

CATEGORYフリーランスナース

フリーランスナースの賢い歩き方/半年間の振り返り

2017年8月から始まった『フリーランスナースの賢い歩き方』は東京開催を入れて6回行いました。 最後は12月29日に開催しましたが7名のナースがご参加くださり、その後望年会にもお越しくださって賑やかな年の瀬になりました…

起業ナースのやりやすさ

個人で活動するナースが増えるに連れ、私も何か始めたいと思うナースが増えています。 病院やクリニックでは医師の補助業務ばかりで、本当にやりたい看護ができてない… 病気や介護の予防に取り組みたい… ナースがそう思うのは…

起業ナースのむずかしさ

個人活動を始めるナースが増えています。 増えているとはいえ、それはほんの一握り。 看護師は雇われるのも、独立するなら訪問看護ステーションを立ち上げるしかないー というのが大多数の考えです。 雇用は「安定・安心」が…

「第5回フリーランスナースの賢い歩き方」起業したいナースがまず行なうことって?

フリーランスナースの賢い歩き方は東京で1回、大阪では5回目になりました。 平均5~6人の少人数で、ナース同士の交流も兼ねて行なっています。 皆さんの状態をお伺いした後、全体に対するアドバイスと個別…

「夢を叶えるRAS!網様体賦活系ナースセミナーin2018」年末年始に開催します

そろそろ12月のスケジュールが埋まり始めているのではないでしょうか。 今年の12月は絶対にバタバタしないぞ!と毎年決心しますが、どうしても慌ただしい年末になってしまいます。 世間のお正月休みに合わせて予定を調整するた…

フリーランスナースの賢い歩き方@初めての東京!

大阪では4回開催しているフリーランスナースの賢い歩き方。 ナースプロジェクトの喜多万里子さん主催で、私がゲストとしてアドバイスさせて頂いています。 今回は東京で企画してくださいました! いつもは…

Neoナースクイックマスターコースを受講したナースの動きを報告!

とっても嬉しいことがありました。 7月末にNeoナースクイックマスターコースを受講してくださったナースの動きを報告します。 介護と子育てのダブルワークでストレスを抱え込み、今年4月頃までうつ病で休職していたナース…

フリーランスになりたいナースの最初の疑問って?

こんにちは。 毎月一回、ナースメディアさん主催の「フリーランスナースの賢い歩き方」で、ナースが最初の一歩を踏み出すためのアドバイスをさせていただいています。 起業を考えるナースが最初に心配するのは、何だと思いますか?…

健康と看護とお金「村松静子さんの開業ナースから学ぶ」

メッセンジャーナースのことを私が知ったのは、あるナースが書いたFacebookのコメントからでした。 「凛子さんがメッセンジャーナースになってくれたら嬉しい!」 え?メッセンジャーナースって何だろう?と思った私は、さ…

ナースを離職する前に…とっておきの一冊「看護と絆といのち」

こんなはずじゃなかった… 私がやりたい看護じゃない… そう感じているナースは少なくありません。 20年、30年前と変わらない忙しさ。 増え続ける病気の人や介護。 主観的な優劣。 上司に相談してもわかっ…

「人生の最期。看取りを誰に頼みますか?」誇り高き介護職。

時代は巡ってきます。 バブル全盛期の頃に流行っていたスタイルが 今また若い人の間で注目され始めていますね。 ひと昔前に流行っていたことが、 何十年経って再び流行り出すというのは 珍しいことではありません。 洋…

最初は誰でもベイビーStep【フリーランスナースの賢い歩き方】

「悪くなったら病院に行く」    ↓ 「普段から予防する」へ。 厚生労働省は2035年に向けて 地域包括医療と予防を進めています。 看護は病院だけにとどまりません。 病気にならない智慧 介護にな…

フリーランスナースに必須のパソコンスキル!ノウハウより大切なものは?

コミュニケーションスクールに 通っているナースが8人います。 自分がやりたい看護をするには 既存の組織では今のところ無理なんです。 そのためひとりひとりが表現者になり 発信していく必要があるんですね。 &…

「看護師の新3K知ってる?」私生活にまで及んでいる看護のK

昔から言われていた看護師の新3Kは… 「きつい」「きたない」「きけん」 ところがインターネットで調べ物をしていると “新3K”がありました。 「厳しい」「帰れない」「給料が安い」 &…

「年を取れば取るほどリソースが失われていく」ベテランナースは病院を出よう~

ふつう、経験を重ねれば重ねるほど賢くなってリソースが増えていくと思われがちですが。 実は逆なんです~ 国会を見ればわかるように、若い人の新たな提案を却下するのは必ずご年配の国会議員さん。 社会は日々変わっていて、こ…

さらに記事を表示する

You Tube