Wellnessナースビジネス <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

看護師にできること。終活に同行して尊厳死の話を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「延命治療はしませんー」
と言ってもいろんな選択肢があります。

人工呼吸器以外に
胃ろう、点滴、透析、酸素、吸引…

チューブを入れたまま
廃人になっていく人をいっぱい看てきた。

ただ生き長らえさせるだけの
不幸な延命治療をいっぱい看てきた。

後悔する家族の姿をいっぱい看てきた。

看護師の私に
何ができるかわからないけど。

財産相続の終活に同行してきました!

 

 

 

 

 

 

 

翌日は相続セミナーに同行して
尊厳死のお話を少しさせていただきました。

将来起こりうる危険を予測して
安心を先取りしておくことー

残される家族のために
大切なことだと思います。

 

 
救急の現場では、搬送した家族が
「延命治療しますか⁈しませんか⁈」
「今決めてください!」と看護師に迫られます。

そんなこと決められるはずがない。
でも決めなければ医療は命を救います。

それは元の生活に戻ることではなく
ただ生き長らえさせるだけの
延命になっていることがほとんどです。

私の叔父のように。。

 

 
誰も望んでない不幸な延命を
これ以上増やしたくない。

果てしない作業かもしれないけど
一人ひとりの尊厳死を諦めたくない。

いっぱい勉強していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山咲凛子(看護師/心力教育家)
看護師経験22年、9年前から心理療法を学び“生き方・死に方”について探究する。
コミュニケーションスクールで主任講師として活動しながら、看護師の新しい在り方を創設。現在、18名のベテランナースと共に心理面から病気や介護を予防する看護に取り組む。

年間授業日数150日以上、セラピストトレーナー150名育成、卒業生400名以上。
セッション数約4000件から導き出した“幸せが連鎖する心の在り方”を伝える。

プロフィール
ナース専用メルマガ【心と身体のStudyMail】 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031