Wellnessナースビジネス <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

「介護による家庭崩壊」あかん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

心理学講師をしている看護師が書くブログです。
心の視点で介護の予防を考えています。

 

高齢者が4人に1人になり、若いママさんたちも(いずれ私も親の介護をするのだろう…)と思っているのではないでしょうか。
30代40代50代は社会の生産性に関わる大切な働き手なので、必然的に男性よりも、家庭を担っている女性が介護をすることになります。
だけど夫婦の場合、親は4人います。
そして子供がいます。
介護を安易に考えていると予想外の人生になってしまうかもしれませんね。

 

 
父の兄は独身で社会務めをしていましたが、あるとき脳内出血で意識不明になりました。
1990年代なのでまだ介護保険がなく病院のICUで看てもらっていました。
目を開くことも、話すことも、手足を動かすこともなく、ただ息をして眠っているだけの状態が何年も続きました。

 
父の兄(私にとって叔父)が入院したため、同居していた父の母(私にとって祖母)がうちで暮らすことになりました。
私の母は相当気を使っていたように思います。
何があったかわかりませんが、父と母が夫婦喧嘩するようになったのはその頃です。
約1年で祖母は父の姉(私にとって叔母)の家に引っ越しました。

 
父は自分の兄が植物状態でいるのを放っておけず、できるかぎり病院に足を運んでいました。
本当は自分が見るべき母親を姉夫婦に預けていることに気兼ねをして、よく訪問していました。
生活費も支払っているようでした。

 

 

 
気に入らないのは私の母です。
夫はいつも自分の家族ばかり気にして、経済的な問題も抱えこんでしまったという現状。
その状態が2年以上続いていました。

 
まだ完全看護ではなかった時代なので、病院では付添婦さんをつけることが当たり前でした。
その費用がかさみ、叔父がこのまま後1年生きたら…
とっても悲しい判断ですが
夫婦でせっせと働いて購入したマイホームを売らなければならない状態に我が家は陥っていました。

 
それは、私が留守の間に起こりました。
母が救急車で運ばれて入院したと。
親戚、介護、お金の話で夫婦喧嘩になり、どうやら父が手をあげてしまったようでした。
母は怒っていました。父はうなだれていました。
そしてそれ以降、父は母の理解を得ようとすることも、母を責めることも、一切やめてしまいました。

 
約半年後、叔父と祖母が続けて亡くなりました。
そのとき母はどこにいるのか連絡が取れず、通夜にいませんでした。

 

 

 
離婚するとき父が言っていたのは…
「自分の親の通夜のとき嫁がいなかったこと。あれだけは許せない。」と。
離婚するとき母が言っていたのは…
「同居したときおばあちゃんは、ダブダブになったズボンを私に見せて”この家に来てこんなに痩せてしもた”って言ったんよ。」と。
叔父が倒れているのを見つけて救急車を呼んだ叔母は…
「私があのとき救急車さえ呼ばなかったら。怖くてどうしようもなくて助けたけど、こんなことになるなんて」と。

 
今になって思います。
いや、誰も悪くない。
誰も悪くないのに、なぜこんな不幸を生んでしまったのか??

 
それはお金と役割遂行で盲目になり、”こころ”が見えてなかったから。
人は”こころ”で生きています。
心を置き去りにした介護は犠牲を生みます。
そして自分だけでなく、ひとりひとりが広い視野を持たなければ幸せな介護はつくれないのです。

 

 

『心から看る介護と認知症予防』

6月30日(土)長野県上田市
7月1日(日)長野県松本市
7月28日(土)大阪市本町
引き続き開催していきます。
https://www.nursewix.com/kaigo

 

 

 

 

山咲凛子(看護師/心力教育家)
看護師経験22年、9年前から心理療法を学び“生き方・死に方”について探究する。
コミュニケーションスクールで主任講師として活動しながら、看護師の新しい在り方を創設。現在、18名のベテランナースと共に心理面から病気や介護を予防する看護に取り組んでいる。

年間授業日数150日以上、セラピストトレーナー150名育成、卒業生400名以上。
セッション数約4000件から導き出した“幸せが連鎖する心の在り方”を伝える。

プロフィール
ナース専用メルマガ【心と身体のStudyMail】 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031