Wellnessナースビジネス <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

第3回「心から看る介護と認知症予防」お話会の様子を報告します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

心理学講師の看護師が書くブログです。
介護と認知症を心の視点で看ています。

 

 
5月12日(土)15時~南堀江のLINE-SCHOOLで
「心から看る介護と認知症予防」のお話会3回目を開催しました。
今回から介護職・看護師だけでなく一般の方々も参加していただけるようにしました。

 

 

 

 

 

 

南堀江は大阪でもお洒落な若者がお店を出している街です。
介護と認知症の話で思い気分にならないように…というよりも、
介護と認知症の真の予防は高齢者ではないので、
30代~50代の人が行きたくなるような開放的な場所にしました。

 

 

 

 

 

 

ご参加くださったのは30代40代50代。
まさに私が予防について知ってほしいと願っている年代です。
簡単に自己紹介していただき、両親のこと、自分のこと、利用者さんのこと、それぞれ心の中に想い描いている人の様子が伝わってきました。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

第2回第3回をまとめてアンケート結果を報告します。
参加者35名(うち未提出1名)

◆参加された方の年代
30代 7名
40代 11名
50代 15名
60代 1名

◆参加された方の職業
介護職     7名
看護師     17名
助産師 1名
経営者     3名
その他の職業  5名
フリー 2名

◆今日の内容はいかがでしたか?
納得できた   23名
理解できた    12名
普通       1名
難しい      1名
受け入れ難い   0名
(複数回答2名)
(未回答1名)

◆介護現場での関わりに役立ちそうですか?
とても役立つ   20名
役に立つ     13名
普通       1名
そうでもない   0名
役立たない    0名
(未回答1名)

◆知人に勧めたいと思いますか?
勧めたい    32名
どちらでもない  1名
勧めない     0名
(未回答1名)

◆職場のスタッフにも知ってほしいと思いますか?
知ってほしい  34名
知らなくていい  0名
知らない方がいい 0名
(未回答1名)

◆心理学に興味がありますか?
ある      33名
どちらでもない 2名
ない      0名

◆コミュニケーションに興味がありますか?
ある      34名
どちらでもない  1名
ない       0名

最後に「介護職・看護師さん」「経営者・管理者さん」「ご家族さん」に分けて、高齢者さんへの関わり方をお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

ご感想
すべてではありません。抜粋させていただいています。

 
今までこんな考え方をしたことがなかったので、普段の利用者さんへの介護が変わるかなと思いました。
心にゆとりを持って関われるような気がします。
親との関わりにもヒントをもらえました。
・高齢者さんへの関わり方を、常に心にとめて行動していきたいと思いました。
気がラクになりました。
・素晴らしい内容で目からウロコでした!

 
・介護現場での看護師の役割を知り、ハッとしました
経営者の方にも聞いてほしいと思いました。
・現場のことを想いながら聞くことができ、実践していきたい内容だと思いました。
・今日の話を聞いて視点が高くなりました。
・エネルギーの浪費を避けて動きやすくなると思います。
・心理学に関してもっと詳しく知りたいと思いました。

 
相手だけでなく自分にも必要なことだと思いました。
自分のこの先の行く末が見えた。
・仕事にも活かしていきたいです。
・とても深い内容でした。
・楽しかったです。ありがとうございました!

 
・高齢者だけでなく、相対する人すべてに当てはまることだと思いました。
・この考え方を暮らしの場面でも活かしたいと思いました。
・違う世代の人をネガティブに思ってましたが、考え方を拡げたいと思いました。
・介護する側と介護される側の燃え尽き症候群のような症状について考えたいです。
自分の人生を含めて充実させることで、介護にも余裕が持てるのだと実感しました。
自分がどんな人生を生きていきたいかを強烈に持ち、目的を持ちながら社会貢献していきたいと思いました。

 
すごいですね。
介護と認知症予防の話から、心理学を読み解いて考えが広がっていくのですね。

※第2回のご感想はこちらをご覧ください。

 

 
そしてこんな感想も…
・また参加したいと思います。
・何度も聞きたいお話でした。
・私も周囲に話していけるようになりたいです。
・前回聞いていたのを少し忘れていたため、改めて参加させていただきました。

 
知識的にはすぐ理解できても、実践を繰り返さなければ忘れます。
何度でも話を聞いて実践し、周囲の大切な人に役立てていただけたら本望です。

 

 

 

 

 

 

 

注目したいご感想もありました。

<ずっと主婦だった母が病気になったのでお話の内容とは違うと思いました>
もちろんすべての人に当てはまるわけではなく、一般論としてお話です。
今の高齢者さんの年代には“ずっと主婦だった母”がたくさんいます。
まだ女性が社会で働けない時代はとくに、夫や子供の評価を通じて、妻・母としての評価を得ていたと思われます。
とすれば、幸せの価値観は同じではないでしょうか。。

 
このお話会では病気については話していませんが、病気も心の状態の積み重ねで発生しています。
考えていきたいところですね。

 
<やりたいことをやっていくにはやっぱりお金が必要なので矛盾を感じるが…>
難しい問題ですね。
みなが一生懸命やっているのに上手くいかないのはシステムに問題があるのでは?と考えます。
個人ではどうしようもない巨大システムがありますから…ね。

 
ですがビジネスはお金を追いかけると上手くいかないと言われます。
自分がやりたいことで精一杯人の役に立って走り続けていると、お金はついて来るものだと言われますね。
卵が先か?にわとりが先か?実践してみるしかないのではないでしょうか?

 
<母は死が怖いのではなく、早く死にたいと言っています>
そうですね。施設に入っている高齢者さんや独居の高齢者さんは、そうおっしゃっているのを私も聞きます。
ですが子供は親に長生きしてもらうことが良いと思い込んでいますね。
子供の安心のために生かされているのでしょうか。

 
病院で死ぬことが当たり前になって延命治療をするようになってから、人はラクに死ねなくなっています。
「早く死にたい」という言葉を、人生に満足して言っているか、早く終わらせたくて言っているかは、ご本人にしかわかりませんね。
死生観のお話は「命の再定義トークライブ」の方でお話をしていますので、興味があればお越しくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

驚くような速さで2時間過ぎました。
今まででいちばん速かったような気がします。
皆さんご意見やご質問をくださるようになって、有意義な会になっています。
第3回第4回に向けて、できるだけ話を簡潔(できるかな?)にして、皆さんが求めている情報をお渡しできるようにしたいと思いました。
研究いたします!!

 
今回、東京から来てくださった日和佐久美ちゃん
昨年のナースサミット2017から仲良しです。
勤務を続けながらでも、自分のやりたいことができるように頑張りますと話してくれました。

 

 

 

 

 

 

堀江はとても便利な場所なので、予定していなかったアフターを開催。
夕暮れの空の下でいただくBBQは気持ちよかったです。
介護・看護の話に花が咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間と未来についてアツく語った後、一人になるとちょっと切なくなるんですね。
道頓堀川のほとりでクールダウンしました。

 

 

 

 

 

 

反省すべきこと、今後の課題が山積です。
お話会をするたびに、もっとこうすればよかった、もっとああすればよかったと悔やむことばかりです。
「やり続けていくこと」が目下の目標です。
大切なことだから。
救われる人がいると思うから。

 
私自身、お話会の活動では、とても生活するだけの収入には至りません。笑
看護師で病院で働いている方がずっとずっと収入になります。
だけど、本当にやりたいことって、こういうことなのだと思います。
お金にならない、褒められない、自慢にもならない、だけどやりたいと思うこと。
やらなければならないことで稼いでいるうちは、どこまで頑張っても幸せになれないのです。
それどころか、年老いてから“誰の人生を生きたのかわからない”という感覚がつきまといます。

 
自分がやりたいことに従って懸命に生きていれば、たとえお金持ちになれなくても、有名になれなくても、幸せに死ねるんじゃないかと思うんですね。
皆さんはどう思われるでしょうか。

 

 
次回は東京と長野で開催です。
たくさんの方にお会いできますように♡

東京:6月1日(金)19-21時
長野県上田市:6月30日(土)13-15時
長野県松本市:7月1日(日)10-12時

詳細・お申し込み
https://www.nursewix.com/kaigo

 

 

 

 

山咲凛子(看護師/心力教育家)
看護師経験22年、9年前から心理療法を学び“生き方・死に方”について探究する。
コミュニケーションスクールで主任講師として活動しながら、看護師の新しい在り方を創設。現在、18名のベテランナースと共に心理面から病気や介護を予防する看護に取り組んでいる。
 
年間授業日数150日以上、セラピストトレーナー150名育成、卒業生400名以上。
セッション数約4000件から導き出した“幸せが連鎖する心の在り方”を伝える。

プロフィール
ナース専用メルマガ【心と身体のStudyMail】

 

 

【幸せが連鎖するWellnessライフ】
友だち追加

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930