予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

「ひとつの命が誕生したとき、ひとつの死が誕生する」命を再定義しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
心理学スクールの講師を務める看護師が書くブログです。
心の視点で健全な生き方について書いています。

 
ー ひとつの命が誕生したとき、ひとつの死が誕生する ー

言われてみれば当然ですが、聞きたくないことかもしれません。
触れたくない方はスルーしてくださいね。

 

 
私たちはつい、命の誕生は素晴らしいと受け止め、死は悪いことのように感じています。
ですが、物事の端っこと端っこを知ることは、その中間に位置するものの質に影響します。
たとえば一年の終わりがあるから始まりがある。
もし大晦日がなければ謹賀新年だってなくなってしまいます。
一年の始まりと終わりをしっかり意識することによって、一年の過ごし方が変わります。

 
たとえば今見ているスマホやパソコンにも端っこと端っこがあります。
もし片方の端っこがなかったら?
スマホでもパソコンでもなくなってしまいますね。
同じように、宇宙の始まりが136億年前のビッグバンだとわかったとき、宇宙の終わりが予測可能になりました。
そして宇宙は常に膨張し続けている、すべては変化し続けているということがわかったのです。

 

 
命は自分に関わること。
自分だけでなく大切な家族にも関わること。
命に関わらない人はこの世にいません。
あなたの大切な命の端っこと端っこについて、知識を深めてみませんか?

 
数百件の出産に立ち会ってきた経験22年の助産師と
数百人の死に遭遇し、ずっと死を避けてきた経験22年の看護師が
400年の由緒あるお寺でトークライブをします。
〆はお寺のご住職が説いてくださる、有り難い機会です。

 

 
4月21日(土)15時~17時
大阪平野区「喜連瓜破」駅から徒歩10分 宝円寺
おひとり¥3000
どなたでも参加できます。
助産師vs看護師「命の再定義」トークライブ

 

 

 

 

 

山咲凛子(看護師/心力教育家)
看護師経験22年、9年前から心理学を学び“生き方・死に方”について探究。
病棟勤務で数多くの死に立ち会い、阪神大震災で悲惨な状況に遭遇する。死の意味がわからず死を避ける看護師になるが、父親の死を経験して命の捉え方が変わり、心理学から死を見つめ直す。過剰な医療や延命治療の適正化を図るため活動中。
 
年間授業日数150日以上、女性メンタルトレーナー150名育成、卒業生400名以上。2018年ナースの起業支援プログラムを開講、セッション数約4000件から導き出した“幸せが連鎖する心の在り方”を伝えています。

 
プロフィール
ナースのメルマガ【心と身体のStudyMail】

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30