予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

究極のナースリーダーになる4つの力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年が明けてまだ間もないですが、すでに2018年のメインスケジュールが決まりつつあり、2019年、2020年の計画を進行中です。
Neoビジではナース個人の価値を高めるため、コミュニティとしての社会貢献も行なっていく所存です。
本当に望まれる医療を提供したい、予防活動を広めていきたいと思われるナースにご協力いただけましたら幸いです。

 
ナースサミット2017は約160名のナースにご参加いただき、多くのナースが自信を取り戻し、未来の可能性を感じていただくことができました。
2018年はおそらく多くのナースが問題を感じている『延命治療の適正化』をテーマに開催したいと思っています。
その準備として、ナース同士で体験をシェアする場を数回開催いたします。
その後、おそらくこれから延命治療是正のキーマンになるであろう人の参加を募り、社会に働きかけをしていきたいと考えます。

 

 

きっとあなたにもさまざまな経験があり、医療に不信感を招いた出来事も多々あったでしょう。
昨年私は数え切れないほど多くのナースと時間を共にしましたが、みな語りたいことがたくさんあるのを感じました。
悔しさ、切なさ、やり切れない思いを、みな胸に抱えているのです。
語り始めると堰を切ったように溢れ出し話が止まらない。
そしてその場にいるナース全員が同調し得る話ばかりなのです。
ゆえに自己紹介が何年分にも及んで、つい長くなります。笑

 
その経験、その思いを、一般の方々に向けてお話する時期が訪れています。
ナースが体験したこと、ナースが目にしたこと、ナースが耳にしたことを語ること。
それが社会に一石を投じることになります。
今、私たちは語らなければならないときに来ているのです。

 
Neoナーストレーナーが講師の資格を得るのは、講座を開講して収益を稼ぐことだけが目的ではありません。
講師として自分の看護観、理想の看護を語るリーダーになっていただき、看護の本質を次世代につなげていくことが真意です。
さらに究極のリーダーになる力を身につけて、人を集めて公に語ることができる社会的ナースリーダーになること。
身内だけで理想を話していても仕方がない。
一般の方々の認識を変え、過剰な医療を防いで予防に転じる働きかけをしなければ意味がないのではないでしょうか。

 

 

そのために、Neoビジでは究極のリーダーになる4つの力を習得します。

1.人脈を広げる究極のコミュニケーション力
2.ゼロポイントフィールド形成でもたらす美しき影響力
3.感動と変容を起こす一流の感性表現
4.流行りを追いかけるのではなく時流をつくり出す創造力

 
コミュニケーションを学ぶ以前の私は、カンファレンスでひと言も発さない看護師でした。
言いたいことがうまく表現できない、反感をかったらどうしよう、どうせ私の意見なんて通らない、意味のないカンファレンスだ…
そうして影で文句ばかり言っていました。
看護研究の発表ですら、できるかぎり関わらないようにして、悪く言われないための必要最低限のことだけを行なっていました。

 
ですが、ファシリテーターになってたくさん読み、たくさん書いて、たくさん語り、トレーニングすることによって、今ではプレッシャーをも楽しんでいます。
ナースサミットでご静聴くださった方はご存知だと思いますが、スピーチの内容を考える間もなくステージに立つ時間になってしまい、私は出たとこ勝負で30分間話しました。

 
その後「凛子さんの話しか耳に入って来なかった」「凛子さんの話を聞いて嬉しくてボロボロ泣きました」「凛子さんの話で勇気をもらいました」「私もチャレンジすることにしました」「自分の感覚を信じることにしました」…
有り難いフィードバックをたくさんいただきました。
いえ、他のどのナースの話もとても魅力的でした。
魅力的だから私がお願いして登壇していただいたナースばかりでした。
ただ、伝え方が違っただけ。
言葉ではない、身体の表現を知っているだけなのです。

 

 

あなたは現状の自分に満足していますか?
職場で言いたいことが言えていますか。
気持ちが相手に伝わっていますか。
自分のやりたいことを表現できますか。
恐れずに自分の意見を主張できますか。
正しいと思っていることを捻じ曲げていないでしょうか。

 
あなたがNeoナーストレーナーになれば、あなたの授業を聞きたいという受講生が集まります。
あなたはその場で思う存分、自分を表現することができます。
あなたの経験、あなたの知識、あなたが思う理想の看護を話す“わたしの場”がつくれるようになります。
初対面の人とでもすぐに打ち解け、協力者を増やして仲間をつくり、あなた主催でみんなが喜びを分かち合うのです。
そのために必要な知識・手技・トレーニング方法…、私が習得してきたすべてをお渡しします。

 
2020年のオリンピックを機に、戦後制定され50年間続いた社会制度が見直されると言われています。
おそらく診療報酬制度、介護報酬制度、健康保険制度など大幅に変わると予測されています。
2018年、2019年に私たちが語らねばならないことがあります。
この機会を逃せばまた看護の価値が失われたままの医療が続くことになるのです。
医師には語れない、患者には語れない、第三者としての看護師の力が試されるとき。
私たちは看護師として、この時期を逃してはならないと思います。

 
狭い職場の少ない人間関係で、些細なことに気を遣って疲れ果ててしまう日々…
もう、抜けませんか。

 

 

ナースのビジネスプログラム
2018年3月開講です

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930