予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

フリーランスナースの賢い歩き方/半年間の振り返り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年8月から始まった『フリーランスナースの賢い歩き方』は東京開催を入れて6回行いました。
最後は12月29日に開催しましたが7名のナースがご参加くださり、その後望年会にもお越しくださって賑やかな年の瀬になりました!

 
2017年の振り返りを動画で話しています。
主催・喜多万里子さん&山咲凛子(約5分)

2018年の始まりは…
★東京:2月2日(金)15時~
ザ ランドマークスクエア トーキョー(品川)ガーデンカフェ・ウィズテラスバー
★大阪:2月7日(水)15時30分~
阪急インターナショナルホテルカフェ・パルテール(梅田)

こちらからお申し込みください。
ナースメディア「フリーランスナースの賢い歩き方」

 

 

2017年フリーランスナースの会で多かった声は…?

 

 

 

 

 

 

1.私に何ができるんだろう?

 
総勢40名ほどの方がフリーランスナースの会にお越しくださいました。
いちばん多い声は「私に何ができるんだろう?」…です。
“起業”という言葉に対して抵抗を感じるかもしれませんが、個人事業主であれば起業は誰でもできることです。
最初から大きな団体組織を考える必要はなく、いきなりそんなことができるはずもないので、自分サイズで考えられるのがいいと思います。

 

 

2.何をすればいいのだろう?

 
看護以外のことを学び始めているナースが珍しくありません。
アロマ、コーチング、整体、ヨガ、栄養療法、運動療法、代替医療、統合医療…
どのように予防に活かせばいいのか悩みますが、起業にこうでなければならないという決まりはなく、やってみることが一歩だと思います。
それはまず、私はこんなことができます、こんなことであなたのお役に立てますと発信することから。
その道のりでたくさん文章を書き、いろんな人に出会って学んで形になっていきます。
完成したものが欲しいのであれば、それは誰かの真似でしかありません。
起業は想像力の賜物なのです。

 

 

3.失敗したらどうしよう?

 
一度失敗経験があり、再チャレンジしようとすると足がすくんでしまう…というナースもいます。
一度失敗経験があるということは、一度もチャレンジしたことのない人に比べると、一つは失敗を避けることができますね。
こうすれば失敗するという方法がわかっているのは強みなのです。
失敗は成功への一歩だと思って自分を信じて進んでくださいね。

 
また、今後10年で病院ナースは14万人余ると言われていますが、在宅医療は死に場所難民が47万人になると言われています。
私たち看護師は、たとえ起業にチャレンジしてダメだったとしても、有り難いことに戻る場所があるということではありませんか?
2035年が過ぎ多死社会を負えると、ナースは本当に余ります。
そのときになってからの失敗は許されないかもしれませんが、今なら働き口がある安全な状態でチャレンジができるわけです。

 

 

『人生は失敗した人しか学ばない』

うまくいっている人は、誰からも教えてもらえません。
より多く失敗し、より多く教えてもらった人が早く成長するフリーランスの道。
2018年、予防看護はまた飛躍します。
失敗を恐れていたらアッという間に一年終わっちゃいますよ~
個人相談で心理療法を併用すると進みやすくなります^^
http://rinko.in/session

 

 
望年会は食べ飲み放題サムギョプサルでしたヽ(^。^)ノ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま今後ともどうぞよろしくお願いします~♪

 

 

ナースのビジネスプログラム
2018年3月開講です

 

ナースのメールマガジン^^
【心と身体のStudyMail】

予防看護・心と病気の関係・ナースの起業・人間関係やコミュニケーションについて書いています。
詳細はコチラへ

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031