ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

さて。忙しい現代人は雨の日をどう過ごすのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、自転車のパンク修理に行きました。

自転車屋さんに入った瞬間、目が釘付けになりました。

 

 

「さすべえ」です。ご存知ですか?

images (3)

 

 

 

 

 

 

 
雨の日も傘を手に持たなくていい、いわゆる自転車用の傘スタンド。

実はこれ、大阪では当たり前のように見かけます。

images (29)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は去年、25年間の車生活を卒業しました。

家から駅までハイヒールで歩くのは足に良くないので、5分ほど自転車に乗ります。

それがこの季節、片手で雨傘や日傘をさしながら乗るので非常に危ないんです。

去年は数え切れないほど転び、自転車置場のおじさんに何度も助けてもらいました。

「また自分かー」と言われたこともあるほど。笑

 

 

ずっと「さすべえ」が気になっていました。

「さすべえ」のことを調べたこともあります。

 

 

特許を持っているのは愛知県の会社で、開発者は元社長の荒川典和さん。

さすべえは1985年頃から売れ始めたそうです。

それが、売上の3割ほどが中部地方で、5割は大阪なのだそうです。

それ以外の地区では「格好が悪い」と言われ、反応が良くないらしい。

 

 

なぜ大阪の人には売れるのでしょう?

images (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車に乗っているのは、通勤以外では主婦の方が多いと思います。

家庭と仕事を切り盛りする主婦は、忙しいですから。

仕事帰りに買い物に行ったり、銀行に行ったり、子供を迎えに行ったり、どこかに立ち寄ったり。

おそらく1件の用事で帰ってくることは少ないと思います。

車は駐車場が必要なので不便だったり、車に乗れない主婦は自転車がなくてはならない存在です。

 

 

ただ、雨が降っていなければ自転車を活用するでしょうが、雨の日は移動手段を変えるか、予定を変えなければなりません。

もしくは誰かに頼んで、車で送り迎えをしてもらうとか。

このあたりに、大阪の人は違いがあるのかもしれません。

 

 

おそらく、“雨に左右されるのが嫌”この一言に尽きるのではないでしょうか。

雨だからと言って自分の予定を変えることが嫌だから、雨でも自転車に乗れる方法を選択しているのではないでしょうか。

もしかしたら、「自立心が強い」あるいは「柔軟」と言えるのかもしれません。

 

 

images (32)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
私は自転車のパンクを直してもらっている間、壁に掛かっている「さすべえ」をずーっと眺めてました。

そういえば、私の前に修理してもらっていた若い人も付けていました。

私の後に修理に来たおばちゃんも、付けていました。

(あかん。もう付けるしかない。付けへんかったら後で後悔する~)と決心し、結局付けてもらいました。

 

 

なんかもう、嬉しくて仕方ないんです。

雨の日が楽しみで仕方ないんです。

両手でハンドルを持つのって、なんて安全で快適なのでしょう。

腕はどうしても濡れます。

それはまた、「腕カバー」という別の武器もあるようですが。笑

 

 

何度も転んでないで、サッサと付ければよかった~と思いました。

IMG_4675 (480x640)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
みなさんは「明日は雨です」と聞いて、どんな心境になりますか?

 

 

人は無意識的に“出来事”に左右されています。

お天気キャスターが「明日は悪天候です」と言った場合、たいてい雨の予想です。

雨=悪 と誰が決めたのでしょう。

そうでない、雨を望んでいる人だっているはずなのに。

そして、たいていの人は(ああ、雨なのか。嫌だな)って、嫌な想像をします。

人は知らない間に、常に何かに洗脳されているんですね。

 

 

そして人は「感情」によって「行動」が左右されます。

雨の日は朝から体がだるかったり、出勤するのが面倒でダラダラしたり、高齢の人は関節痛がいつもより強くなったり。

そして、その「行動」によって「結果」が変わります。

なんとなくダラダラと、うっとうしいと思いながら仕事をして、ハイパフォーマンスが出せるはずがないですね。

上司のちょっとした言葉に引っかかったり、いつもなら何も問題ないことなのに上手く進まなかったり。

そして(ああ、やっぱり雨の日は調子が悪い。)と思い込み、また次の雨の日も同じことを繰り返します。

 

 

出来事によって感情が左右される。

感情によって行動が左右される。

行動によって結果が左右される。

そして望んでいない結果を得てしまう。

天候に限らず、あなたはこの図式の中にいませんか?

 

images (30)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
例えば「明日は雨です」と聞いたとき。

雨用の髪型や、雨用の靴、雨用の洋服、雨用の移動手段を考えておけば、朝起きて雨が降っていたとしても何も苦痛は生まれません。

つまり感情が左右されません。

感情が左右されなければ、行動も左右されず、思い通りの自分でいられます。

そして雨でも晴れでも、自分が過ごしたい一日を送ることができます。

 

 

少なくとも「さすべえ」を使っている大阪のおばちゃんは、自分が雨に左右されないことを選択しているんだな、と思います。

友だちに「さすべえ、付けてん。」と話すと、

「ええ~!私も付けたいねん。さすべえってまだ売ってるのん?」

と聞かれました。

私は雨の日がさらに嬉しくなりました❤

 

images (31)

 

 

 

 

 

 

 

 
雨の日も晴れの日も変わりなく、爽やかな自分で過ごしたいものです。

 

 

 

 

 

 

images (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションのメルマガを配信しています~

人生がうまくいくかどうかは、セルフコミュニケーションの質で決まります。

日常を爽やかにする小さなコツから、人間の本質まで。

心に効く内容をお伝えしています。

メルマガ~ひとひらの凛~ご登録ください。

http://rinko.in/?page_id=14

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930