Wellnessナースビジネス <menu>をご覧ください ↓

menu

Rinko Yamasaki

年内最後の東京出張~予防看護ビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は初めて4泊5日でした。
いつもはコミュニケーションスクールの授業があっての出張ですが、今回は予防看護の授業と講演の仕事。
私にとって特別な、年内最後の東京出張になりました。

 

 

 

 

 

いつもは空港からホテルに直行なのですが、今回は空港で夕食をとりました。
その後、クリスマスのイルミネーションに惹かれるように屋上のプロムナードへ。
めっちゃ綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目、3日目は予防看護の集中講座。
Neoナースクイックマスターコースです。
私は今、来春のNeoナースビジネスプログラム開講に集中しています。
すでに8名のナースが申込をしてくださっていますが、開講までに集中講座の受講をお勧めしています。

 
なぜなら、仮の未来を設定して目標を持って学んでいただいた方が、学びの効率がいいからです。
ってか、目標を持たずに受講しても何を学んでいるのかわからないまま一年間が終わってしまうと思います。
コミュニケーション・心理療法は人が成長するプログラムなので、すべてプロセスです。
ひとりひとりがどんな未来を希望されるかは自由ですが、何か一つ仮の未来を持っていただきたいのです。
Neoビジを受講予定のナースには、未来設定をサポートします。

2018年の集中講座はこちら

Neoナースビジネスプログラムはこちら

 

 

今回受講してくださったのは神奈川県のナース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講中、何度も目に涙を溜めるシーンがありましたが、その目がすごくきれい。
自分と向き合うというのは、時に厳しいことでもあるのです。
しかも自分に必要な要素は、遠い過去に葬り去られています。
自分でも気づいていない。
アフターでお話しているうちに、いろんなことに目覚めていきました。

 
キーワードは“燻製屋キッチン”。
私もなぜ自分がこのお店を選んだのか不思議でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「匂い」
ここに彼女の予防看護の要素が秘められていたんですねー
プライベートなお話なので、可能な範囲でメールマガジンでお伝えしようと思っています。
「心と身体のStudyMail」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目はMACメディカルという医療系の交流会で60分間お話させていただきました。
赤坂見附にあるニューオータニガーデンプレイス。
めっちゃ素敵なところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がお話しようと決めたのは
「原因は心にあった!心から看る介護・認知症の予防」です。
参加者さんがナースばかりなら理解していただけると思いますが、今回は他の職種の方やご年配の男性もいらっしゃいました。
ちょっと緊張する話の内容でした。
詳細はこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の交流タイムは1時間。
約30名くらいの方が来られていて、半数以上は10月に開催したナースサミットに来てくださっていたナースでした。
今回のお話をくださったのも、ナースサミットに来られていた大工原美紀さん
フリーナースとして活動されています。

 
他に個人でビジネスをされてる方、組織を運営されている方、お医者さん、現役を終えて好きな蕎麦を打つなど趣味を通して社会活動をされている方…
全員とお話する時間がなかったのが残念ですが、自己紹介を聞いているだけでも、ほーっ!と思うほどでした。
交流会のご飯も美味しいかった。しっかり食べて話も聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮ってくださったのは、病院を出て自分でビジネスをし始めた町田舞ちゃんです。
舞ちゃんは写真を撮ったり、絵を描いたり、記事を書く力が優れています。
だけどそんな自分に気づいたのは、病院を出て自由に活動をし始めてから。
前回東京で開催したフリーランスナースの賢い歩き方に来られたとき
「自分にこんな力があるなんて、病院で働いているときは夢にも思わなかったです」と話していらっしゃいました。

 
私、思うんですよね。
若い人は年配者と比べて、どうしても自分の方が経験が少ないので“劣っている”と思いがちなんですが。
そうではないんです。
私たちみたいに医療が当たり前になっていない状態(つまり汚染されていない状態。笑)の人が、どのような看護を創ってくださるのか期待しています。
舞ちゃんのこれからの活躍は、きっと若いナースたちのチカラになると思います。
世の中はあなたたちが担っていくのだから、年配者の意見に流されないでほしいなって思います。

 
舞ちゃんは人を集めて楽しい会を創るのも得意。
ミライナースを覗いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

私が首に巻いているのは??
大工原美紀さんが手作りしてくれたクリスマスの首飾りです。
お花やリボンやレースで縁取られた中に、チョコやアメなどお菓子がいっぱい♡
美紀ちゃんの愛を感じました~
だけど私の講演があまりにもシビアだったので、渡すタイミングを逃しちゃったみたいで。笑
美紀ちゃん、ありがとう♪

 

 

 

 

 

 

それからこのMACメディカルを主催されているのは前島敏正さんで、2ヶ月に1回のペースで15年間続いているそうです。
普段は医薬品や医療機器の話が多くドクターの参加が多いそうです。

MACメディカルではあまり行かないそうなんですが、今回は大阪から来る私のためにマグロがめっちゃ美味しいお店に連れて行ってくれました!
わたし実はトロは脂っぽくて好きになれなかったのですが、このトロは本当に美味しかったです。
新鮮なものってこれほど味が違うんですね~

私もいつも新鮮でいなきゃなぁと。笑
新宿区四ツ谷三丁目の「夢風船」さんです。

 

 

 

 

また2ヶ月に一度は蕎麦の会をされています。
ソバリエとして現地で蕎麦を採取し、蕎麦を打って食べる会のよう。
蕎麦に詳しい人が集まって、蕎麦を通して社会に働きかけをされています。

 

 

 

 

 

 

お店を出てみんなでパチリ。

 

 

 

 

 

 
東京で会いたい人がたくさんいます。
会ってほしいと言ってくださる方も。
だけど毎回、東京出張は講座が続いてハードスケジュール。
今回も4泊目は徹夜のまんま、早朝の飛行機で帰阪しました。

 

 

 

 

 

ひと月前に東京から大阪に帰阪するとき、ナースたちの状況の変化を感じました。
そして来春開講予定のNeoナースコミュニケーションスクールを、ビジネスプログラムへと急遽変更しました。
独立したいナースが増えていて、組織の看護はもう限界に来ていると感じたから。
看護の再定義。
一度は先に見送ったビジネスプログラムの開講に備え、新たな看護の定義を加速していきます。

 
今回も多くの方々に出会いました。
医療も介護も報酬点数削減のために「包括」が進められていますが、予防看護は逆方向から包括します。
『パーソナル包括看護』
個人の過去と未来を包括し、個を尊重する看護です。
テキストづくり始めようかな^^

 

 
とっても有意義な東京でした!
来年もまた多くの人に出会えますように。
そしてあなたにも、新しい自分と出会う機会が訪れますように。

 

 

 

 

 

 

ナースのメールマガジン^^
【心と身体のStudyMail】

予防看護・心と病気の関係・ナースの起業・コミュニケーションについて書いています。
詳細はコチラへ

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031