ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

古代女王や皇帝が愛したおやつ。私も大好きなのでまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ブログやメルマガを書いている時間が増えました。

お腹は空いていないけど、合間にちょこっと間食したくなります。

そんなときにおススメのおやつがあります。

 

 

 

“緑の宝石”と言われる「ピスタチオ」。

私、大好きなんです~♡

“ナッツの女王”とも言われています。

images (10)

 

 

 

 

 

 

 

ピスタチオと人との関係は古く、トルコの遺跡からピスタチオが出土したことで、紀元前7000年もの昔から人類がピスタチオを食していたことが分かりました。

その後も古代バビロンの王や古代ローマの皇帝など、王侯貴族に珍味として愛されたほか、中国と西洋を結ぶ古代シルクロードを旅する旅人や庶民にも欠かせない食料だったそうです。

images (11)

 

 

 

 

 

 

 

images (13)

 

 

 

 

 

 

 

日本は湿気が多く栽培には不適応だったため生のピスタチオはあまり見かけませんが、トルコでは収穫時期になると生で売られているそうです。もちろんそのまま食べられるそうです。

180983_3

 

 

 

 

 

 

 
★私がピスタチオを“緑の宝石”と認める理由を書きます。

 

・髪とお肌はいくつになっても、男性にとっても女性にとっても大切です。ピスタチオは油分を55%とたっぷり含んでいるため、お肌や髪にツヤを与えてくれます。

 

・視力は生後6年ほどで最も発達しますが、その後は低下する一方であると言われています。目の網膜の栄養として大切な成分やビタミンAも豊富に含み、目の健康維持に効果的です。

 

・体の老化は酸化することで起こります。体が酸性に傾くとあらゆるところに不具合が起こってきます。ビタミンやミネラルを30種類以上も含むピスタチオは強い抗酸化作用があり、“錆びないカラダ”を維持します。

 

・悪玉コレステロール、中性脂肪などは血流を阻害し、体のいたるところに弊害をもたらします。ピスタチオに含まれるリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸には、コレステロールや中性脂肪を下げ心臓の働きを良くする効果があります。

 

・私はあまりアルコールは飲みませんが。アルコールを飲むと利尿作用が進み、体内のカリウムが低下します。カリウムは体内の電解質を正常に保ち筋肉や心臓の働きに直接関係する重要な成分です。ピスタチオはそのカリウムを豊富に含んでいるので、お酒を飲みながらつまむといいと思います。

すごいですね~

看護師である私も納得です。

ピスタチオは、一生食べ続けたい“緑の宝石”ですね。

 

 
★ピスタチオが“ナッツの女王”と言われる由縁

ピスタチオは古来婦人用催淫剤として注目されていたそうです。

「シバの女王はピスタチオが強力な催淫剤(媚薬)であるとの確信を持っていて、アッシリアで育つ最良のピスタチオの樹の実は彼女自身及び王宮のお客だけに提供するように命じていた。」とのこと。

本当かどうかはわかりません。

きっと、豊富な栄養素があることと、殻付きのものは味覚・風味ともに高級感があることから、そういった貴重なものであると評価されていたのではないかと思います~

 

 

 

★ピスタチオの見た目

ピスタチオは割れた殻から緑の実がのぞき、まるでにっこりと笑っているように見えることから、イランではピスタチオが熟し殻が割れることを「笑う」と言うそうです。

images (12)

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに笑っているように見えます。

でも口を開けて「しゃべっている」ようにも見えます。まるで女性が集まってピーチクパーチク楽しげに話しているみたいな。可愛い感じさえします。

ピスタチオのそういうところも大好きです。
images (14)

 

 

 

 

 

 

 

★注意すること

カロリーが高いのが難点です。

1回に摂取するのは、片手にひとつまみ程度にしておくのがいいですね。

images (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

現在世界一の出荷量を占めるアメリカには、こんな大きなモニュメントがあるそうです。

まぁこれほど食べる必要はないと思いますけど。笑

images (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに。

口がちょっとしか割れていないピスタチオ、どうしてますか?

私はいつも必死で割って、手を痛くしていました。笑

それは、他の食べたあとの殻を一枚差し込み、キュッとひねると簡単に割れます。

ebcf34e79d6799fffed70b1b6e02b5e6

 

 

 

 

 

口がほとんど割れていないものは熟しておらず、美味しくないそうです。

dc4851be65e62abafe53d822ac746e57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして自分が好きな食べ物の由縁や栄養価を探っていくと、想像がどんどん広がります。

何千年も前、砂漠で自生しているピスタチオを最初に見つけて食べたのは、どんな人だったのだろう。

なんとなく、白い布をまとったお爺さんっぽいイメージ。笑

トルコの宮殿では、貴重なピスタチオを女王が独り占めして食べていたのかもしれない。

そしてイランなど乾燥した貧しい国に広まり、ピスタチオが栄養不良の人たちの体を潤したのだろう。

images (6)

 

 

 

 

 

 

images (7)

 

 

 

 

 

 

 

o0640042811155979255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今私が、その時代の人たちが食べていたのと同じピスタチオを食べてる。

きっと好きな人と一緒にいるときも、語り合いながら私はピスタチオを食べるだろうな。

もしかしたら80歳くらいのお婆さんになってもこのピスタチオを食べ続けていて、艷やかな女性でいるかもしれない。。。

なんかドキドキ。

このドキドキが198円や298円で買えるなんて、嬉しいですね~

images (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもさまざまなおやつがあります。

images (9)

 

 

 

 

 

 

 

images (15)

 

 

 

 

 

 

images (2)

 

 

 

 

 

 

images (16)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の想像空間は、自分だけのもの。

この想像するチカラが、人生を変化させ、世の中を変えていきます。

なぜなら、“すべてのものは二度作られる”から。

一度目は頭の中で。そして二度目が現実空間で。

他の動物達に比べて人間だけが高度に進化した理由は、この想像力にあります。

 

 
多くの人は、想像力の使い方を誤っています。

良くないことが起こった時にどうするか、という防御策を考えるために使います。

あるいは、やってもいないことの結果を想像するのに使います。

そして、ああやっぱりやめておこう、となってしまいます。

 

 
人間だけに授けられた豊かな想像力。

自分の人生に効果的に使わないと、もったいないですね。

 

 

images (17)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
コミュニケーションのメルマガを配信しています~

人生がうまくいくかどうかは、セルフコミュニケーションの質で決まります。

日常を爽やかにする小さなコツから、人間の本質まで。

心に効く内容をお伝えしています。

メルマガ~ひとひらの凛~ご登録ください。

http://rinko.in/?page_id=14

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930