ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

ダイエットその7~ツボとコツ。そしてプロセスをまとめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを心に決めたのがゴールデンウィークの頃。
人から指摘されて太ったことに気づきました。
勇気を振り絞って体重計に乗ってみると4kg増えてました。泣

IMG_4516 (640x480)

 

 

 

 

 

 
そして自分に言い聞かせるように、ブログを書き始めました。
太ったことは悲しいし、恥ずかしいけれど、誰かの役に立つことを信じて書きました。

 

 
ダイエットその1~では、見た目はけっこう重要であることを書きました。

 
これは自分への意識付けです。
「大切なのは中身」ではあるけれども、外見で判断してしまうこのも人として避けられないこと。
どうしても第一印象は「見た目」なんですね。
そしてその瞬間に、劣等感があればパフォーマンスは下がってしまいます。

 

 
これには理由があります。
コミュニケーションは「相手が主体」です。
自分で自分のことをどう思おうと、見ているのは相手です。
「自分が思っている自分」というのはどこにも存在がなく、「人が見ている自分」しかいません。
人はそれを無意識的にわかっているので、パフォーマンスが下がってしまうんですね。
予想以上に「見た目」は重要です。

images (3)

 

 

 

 

 

 
ダイエットその2~は、人はつい食べてしまう生き物であることをお伝えしました。

 
これは1よりさらに深い意識付けです。
お腹はそれほど空腹でなくても、一定の時間が過ぎるとお腹が空いたような気がして食べる本能が働きます。
目の前に美味しそうなものがあると、つい食べたくなってしまいます。
「デザートは別腹」。女性にはとっておきの言い訳ですね。あはは。

 

 
これにも理由があります。
36億年前から生命の存続を使命としてきたDNAが、栄養を摂取できているか常に判断しています。
摂れていればOK.摂れていないときは気づき、摂れる場所に移動するか進化しようとします。
そのDNAが今の私達にも残っているんですね。
だから私たちはその機能を知り、自ら意識を変えていかなければ食欲は止まらないということです。

images (2)

 

 

 

 

 

 
ダイエットその3~は、目標達成に向かうエネルギーを上げるコツをお伝えしました。

 
ただ単に痩せるだけでは、エネルギーが弱く、続かないんですね。
「自分がダイエットに成功することで、誰かの役に立つこと。」
そういう目標を決めて動き始める必要があることをお伝えしました。

 

 
これにも理由があります。
人は「自分ひとりでは存在しない」からです。
もし世の中に自分ひとりしかいなかったら。「私」も「あなた」も「みんな」も成立しません。
人は誰かとの関係性があって、初めて自分が成立するのです。
他者にどう関わるか。これが理想の自分を手に入れていくエネルギーになるんですね。

images (3)

 

 

 

 

 

 

ダイエットその4~では、ダイエットは過剰になっているものを削ぎ落とすことであるとお伝えしました。

 
太っているときというのは、食欲だけが過剰になっているのではなく、他の面においても欲求や煩悩が過剰になっている状態です。
そのことに気が付き、断食や断捨離や情報遮断で自分の欲求を断ち切っていくことがダイエットに効果をもたらします。

 

 
食べるもので自分を満たそうとする働きは、人の弱さ。
本当はもっと真剣に手に入れたいものがあるのに、簡単に満たせる方法で上辺の欲求を満たしていることに気づいていきます。
少し厳しいですが、ダイエットするためには自分と向き合わねばなりません。
だけど誰しも、ダイエットしようと決心した時点で、このことにうっすら気づいているのではないでしょうか。

girl5

 

 

 

 

 

 
ダイエットその5~では、断食の方法をお伝えしました。

 
大きな目標を達成するために、小さな目標を達成し、自信を持って頂きたいからです。
小さな目標と言っても、今までの自分にはあり得ないことにチャレンジする必要があります。

 

 
これにも理由があります。
まず「今までの自分」から離れること。
今までダイエットの失敗を繰り返してきた人が、達成したイメージを持ち続けることは、かなり難しいことです。
けれど達成したイメージが描けなければ、それは現実になりません。
「すべてのものは二度作られる。一度目は頭の中で。二度目が現実で。」ということをお伝えしました。

images (3)

 

 

 

 

 

 
ダイエットその6~では、断食を実践したクライアントさんの感想を載せました。

 
断食を通して、自分が抱えていた過剰なものに気づきました。
同時に本当に自分が手に入れたいと思っているものに気がつきました。
そして視点がダイエットよりもっと先にある“人生”に変わり動き始めました。
ええ~?ダイエットはどうなるの~?と思った方もいらっしゃったと思います。
でもこれでいいんです。

 

 
本当に自分が手に入れたかったことに向かい始めると、人は輝きます。
その輝きが、内面の美しさを発します。
そもそもダイエットしたい、痩せたいと思うのは、美しくなりたいからですよね?
外見を超えた内面の美しさは、その人の魅力になり、多くの人を惹きつけます。
体重云々よりもっと素晴らしい美しさを得たことになるのではないでしょうか。

 

 
もちろん、初めに決めた目標体重を達成しても構いません。
おそらく余裕で達成できると思います。

 

 
痩せなくちゃ、痩せなくちゃ、と思って行うダイエットは苦しんですね。
でももっと先の大きな目標に視点が変われば、痩せるという執着から離れるので、なんなく達成できるようになります。
成功は、その道の途中にあります。
物質的なものや、表面上の欲求を満たしても、満たした頃には別の欲求が生じています。
それを追いかけ続けるのではなく、本質的な個人の成功を手にして頂きたいと思います~

images (6)

 

 

 

 

 

 
これが、山咲凛子のコーチングプロセスです。
周りの状況を何ひとつ変えなくても、自分が変わることで「私は幸せです」と言えること。
そうなることが周りの状況を変えていくでしょう。
ダイエットだけでなく、人間関係、仕事、健康、お金、趣味。
あらゆる分野において、あなたの人生のお役に立てるかもしれません。

 

 
メルマガでつながってください~

http://rinko.in/?page_id=14

 

 

あ。私自身のダイエットですが。
ダイエット中とはいえ、結構いろんなものを食べていました。

IMG_4633 (500x375)

 

 

 

 

 

 
IMG_4638 (640x480)

 

 

 

 

 

 
IMG_4606 (640x480)

 

 

 

 

 

 
IMG_4605

 

 

 

 

 

 
これはほんの一部です。すみません。。
でもちゃんと締めるところは締めて。

IMG_4673 (640x480)

 

 

 

 

 

 

最低でも1日一食は、ダイエット食品に置き換えていました。
外食が多い分、夜家に居るときは土鍋で美味しいご飯を炊いて、おかずは質素なものを食べました。
外食以外のときは、一食が300kcalを超えないようにチェックして食品を選びました。

 
そしてダイエットを開始して6週間。
マイナス4kg。
もとの体重に戻りました。
写真は4週目頃のものです。

IMG_4598

 

 

 

 

 

 
ちょっとリバウンドしたい気持ちもあるので、もう1kgほど余分に痩せておこうかなと策略していますが。
この欲求が失敗のタネになるんですね~。笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930