ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

高収入の看護師が集まるナースサミットなのにクラウドファンディングに応募する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私がクラウドファンディングに応募したきっかけをお話させてください。

看護師は高収入だと言われますが、実は私たちはそう感じていません。ほとんどのナースは自分のやりたい看護ができず、努力や資格を給与でしか評価してもらえないため、収入をやり甲斐にするしかない…となっています。

看護師になったときは純粋に、病気や怪我で苦しんでいる人のチカラになりたいと思っていたはずなのに。。毎日不甲斐ない自分へのストレスを発散するために、いつの間にか、年収で職場を選ぶようになってしまいました。私自身もそうでした。

そこで私は『無償で協力し合うことの悦び』をナースサミットで分かち合うことができたら、看護師の意識が変わるかも…。そのためにクラウドファンディングで資金を集めよう!と思いました。

また「どれくらいの人が看護に興味を持ってくださっているか」を知りたかったのと、SNSに過剰な不信感を持つナースに「こんなに温かい支援があるんだよ」って伝えたいと思ったからです。

 

 

ところが。クラウドファンディングの知識を持たずに始めた私は、記事の公開と同時に行き詰まってしまいました。。

クラウドファンディングに集まる支援金のほとんどは、【応募者が個別でお願いして集めている】という現実を知ったのです(> <)。担当者さんから、個人的にお願いする方法を勧められて、私は足がすくんでしまいました(泣)。

えーそんなつもりじゃなかった。。

私はお願いするのが苦手なんです。長年看護師をしてきたせいなのかわかりませんが、人に頼むくらいなら自分で!人に期待しない!という頑固な自分がいます。

また、看護師が一般の人に金銭的なお願いをしてもいいのか…?!と毎日葛藤していました。そうしているうちに40日が経過してしまいました。もちろん進んでご支援くださった方もいます。でも現状は目標の30%しか達していません。自分の力不足を痛感しました。。

 

 

だけどー!!
やっぱりココ超えたい!

理由の一つは自分の課題だと感じたからです。私のお金への甘さを正すために自分自身が選んだことなんだと思いました。

そしてもう一つは、これからナースが病院を出て個人ビジネスをするために、「看護師と一般の人」の垣根を外す必要があるんじゃないかと!私が常識的なナースでいて、新しい看護を広められるわけがない!と思いました。

さらにクラウドファンディングは目標金額に達しなかった場合、すべて支援者に返金となります。それでは支援してくださった方々のお気持ちとお手間を無駄にしてしまう!そんなことはしたくない!と思いました。

今、他のナースに支えてもらいながら日々投稿しています。いつも応援くださっている人に、こわごわお願いもしてみました。もう心が折れそうなんですが、仲間がいるから立っていられる。。そんな毎日です。

残り15日。
正直言って達成できるとは思えない金額です。だけどあきらめずに最後まで行きたいと思います。大切なのは結果じゃなくプロセスなんだって、いつも生徒に言っている自分に責任を持ちたいと思います。

ご理解いただける方がいらっしゃったら、どうかご支援よろしくお願いいたしますm(_ _)m
↓  ↓
https://readyfor.jp/projects/nurse-summit

 

 

※ご支援の金額は3種類あり、金額によってお礼(リターン)に違いがあります。
・3,000円:お礼の気持ちをメールで送ります。
・10,000円:当日の状況報告、もしくは災害後のトラウマ解消ケア
・30,000円:企業サポーター、もしくは電話での健康相談

企業サポーターの場合は、当日のプログラムとプロジェクターに会社名とお名前を掲載させていただきます。

また、お手続きが難しい方は代行させていただきます。

どうかよろしくお願いいたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930