ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

「ああ、もう時間が!」というとき。ナースが上手に話を終わらせる5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

病棟、クリニック、訪問看護で
どうしても話が長くなってしまうことがあります。

Ope出しの時間、検査の時間、点滴の時間、
他の患者さんとの約束の時間、次の診察など、
守らなければならない時間がたくさんあります。

でもなかなか話を切りづらいですよね。

言葉を遮るのは気を悪くしてしまうんじゃないかと
気を遣っていると、
話がいつまでも終わらず困ることがあります。

そんなとき。
自然に話が途切れたらいいですね。

 

 
その方法は?

『目線を外すこと』

話しているとき聴覚がよく働いていますが、
次に多いのが視覚情報です。

小さな動きを示すだけで効果があります。

 

 

1.ふと窓の外を見る
2.後ろを振り返る
3.自分の時計を見る

 
それでも途切れないときは?

4.深呼吸をする

それでも途切れないときは?

5.立ち上がるなど身体を動かす

 

 
私たちは言葉だけでコミュニケーションを
行なっているわけではないんですね。

身体の微細な動きを変えるだけで
波長が切れて相手は話しづらくなります。

言葉で静止するのではなく、波長を切るだけ。
嫌悪感を与えない方法です。

 

 
もし普段から
・話を聞きながらメモを取っている
(相手の顔を見ていない)
・立ったまま話している
(目線の高さが合っていない)
・話の最中にキョロキョロしている
という場合…

スムーズな関わりができていないため
相手は何となく違和感を感じています。

忙しさのあまり、
わざと話かけにくい態度をとっているナースがいます。

そうすると、
なぜか私だと拒否される
なぜか私は責められる

ということが起こるかもしれません。

気をつけたいですね。

 

 

ナースのメールマガジン^^
【心と身体のStudyMail】

ナースの心・コミュニケーション・心の看護について書いています。
詳細はコチラへ

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930