ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

「女の嫉妬は馬鹿の象徴!」3つの盲目に気づいて成長しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

好きな人がいるんですが。
いつも仲がいい女性がいて、
イライラモヤモヤするんです。
私の方を向いてほしくて努力してるのに、
どうにもならないんです。
あの人がうっとおしい。
あの人さえいなければいいのに。

 
恋愛の切ない気持ち。
その人が気になって気になって仕方がない。
仕事をしていても、家にいても、
恋い焦がれる気持から離れられない。
ジェラシー。

 
だけど嫉妬している人の心には
強烈な支配欲があります。

 

 

嫉妬は“私を認めて”という承認欲求。

相手は「彼」ではありません。
彼が自分の方を向いてくれることを願っている姿は
けなげな女性のよう。
でも心の奥では、彼を自分のものにして
周囲から羨ましがられている自分の姿を想像しています。
その状況がほしくてたまらなくて嫉妬する。

 
本当に彼が好きなのではなく

“他者の目を引きたい”他者承認の情動。

彼はその目的のために利用されているだけで。
とても子供じみた情けない女性です。

 

嫉妬には3つの盲目があります。

「人はモノではないのに所有しようとする」→彼に対する盲目。
「子供じみた情けない女になっている」→自分に対する盲目。
「周囲はそんなあなたを見抜いている」→周囲に対する盲目。

嫉妬している女性はまるで何も見えていません。

 

 

嫉妬は強い自己否定。

本当は素晴らしい要素を持っているかもしれないのに
自分を卑下して戦いの自我が育ちます。
支配的な態度になるため、周囲は不快になって離れていく。
大好きな彼さえも、魅力を失った女性から離れていく。
形相が変わり醜い女になっていく。
子供にとっては冷淡な母親になる。
自分では気づかないけど、周囲はその変化に気づいています。

 

嫉妬は愛情不足。

もっと愛が欲しくてたまらない心の病気。
じゃあ、どうすれば?

 

 

『人を褒めること』

どんな人であっても長所を見つけて褒めなさい。
自分に傲慢にならず、過剰なくらい人を褒めること。
3ヶ月間続ければ愛で満たされます。
自己肯定感が育ちます。

 

そして次のステップに進みます。
嫉妬してしまう相手の女性は

自分が成長するための課題です。

自分には無い素晴らしい魅力があるから気になっています。
排除するのではなく、

自分がその魅力を実現すること。

彼よりも、嫉妬してしまう女性のことをよく知りましょう。

 

切ない気持ちは成長のタイミング。
問題は支配欲が強い自分にあるよ。
大人の女になろう^^

 

 

ナースのメールマガジン^^
【心と身体のStudyMail】

看護師の新しい在り方・心のこと・コミュニケーションについて書いています。
詳細はコチラへ

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930