予防看護のビジネスづくり <menu>をご覧ください ↓

menu

山咲凛子

看護コミュニケーションの革命。心と身体と自然につながる意識の広がり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コミュニケーションは
言葉のやり取りだけではもったいない。

人間は非言語のコミュニケーションを
同時に行なっています。

ただ、無意識的なので
ほとんど気づいてないんです。

でもあるよね?

なんとなく好きとか、
なんとなくいい感じとか、
なんとなく嫌とか。

それはひとりひとり
核心的で揺るがない感覚。

何を見て感じていると思いますか?

 

 

ナースは患者さんの様子を観察しています。

看護で行っている観察力をもっと広げれば
なんとなく…の感覚がわかり、

相手の心の状態を
直感的に感じ取ることができるようになる。

そうしたとき
相手にとってちょうどいいことが言える。

相手の心を動かして理解し合い
コミュニケーションが発展します。

戦わなくていいんですねー

 

 

ナースはさらに身体の細胞に関わることから
生物学的な生命の進化の過程を知り、

人類が何を基盤として存在しているか
知る必要があります。

それは自然とコミュニケーションをとること。

自然をよく知り
自然と同化して
自然と仲良くなる必要があります。

人体の細胞の成り立ちを知り
薬剤の効果や栄養との関連がわかる。

そうしたとき初めて
心と身体のつながりが理解できるようになります。

 

 

言葉だけで相手をわかろうとしてる?
言葉だけで相手を変えようとしてる?

それではコミュニケーション不足で
人間関係の不具合を招きます。

ナースのコミュニケーションは
心と身体と自然と一体へ。

看護コミュニケーションはもっと広がります。

 

 

「看護コミュニケーション学習会」3時間5,000円。ご希望があれば全国どこでも行きます^^

 

ナースのメールマガジン
【心と身体のStudyMail】

心の看護・Neoナース・コミュニケーションについて書いています。
詳細はコチラへ

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031