ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

「私、最近ストーカーされてました。」山咲流、問題解決と自己成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

告白します。
最近ストーカーされてました(笑)

看護師をしていたときは周囲が協力してくれて何度か助けられました。
ところがこの1~2年で4回続いて、またかーwという苛立ち。

ずっと論理思考のトレーニングを重ねてきたので、大抵の場合は論破して断ち切るんですが、今回は論理が通らない相手でした。
SNSで名指しされるので、たまったもんじゃない。

コミュニケーションでほとんど悩むことがなくなった私でしたが、今回のことは勉強になったのでシェアしたいと思います。

 

 
コミュニケーションの原理原則。
『すべての行動には高次の意図がある』

すべての出来事は、自分が意図的に起こしているということ。
“自分の世界は自分でつくっている”と言い換えることができ、アドラーの目的論と同じです。
このときの考え方は「何のために?」と自分に問いかけること。
「私は何のためにストーカー被害をしているのだろう?」と考えてみます。
理不尽な出来事なのに、それを自分が選んで行なっているというのは受け入れ難いことかもしれませんが、自分が選んで行っているからこそ自分で変えることができます。
もし他人に操作されているのであれば自分でどうすることもできません。
“すべてを自分が引き受ける”という生き方は、自分を自由にするための在り方です。
だけどどうしても苛立つ相手に視点が行き、自分の意図が観えませんでした。

 

 
『感情は自分自身に向けられたもの』
この苛立ちは自分への苛立ちなんですねー
通常は相手に対する感情だと思ってしまいがちですが、本当は自分自身に対するもの。
解決の方向性が観えず、事象にとらわれて悶々としている自分への苛立ちでした。
(私は何も間違っていない)
(一生懸命なのに)
(なんでこうなってしまうんだろう?)
(他にも同じような思いをしている人がいるはず)
そんな考えが頭から離れませんでした。

 

 
『悩みが解決できないときは情報不足』
“悩みを抱えたままのマインドで、その悩みは解決できない”
と言ったのはアリストテレス。
私は情報収集を始めました。
世の中にはどれくらいのストーカー被害者がいるのだろう?
どんな状態なら警察が動いてくれるのだろう?
ストーカー規制法って何だろう?
SNSから身を潜め、突き動かされるように黙々と調べました。
そして被害が看護師に多いことを知り、ブログに書くことにしました。

<「責任感があり優しい看護師が的にされやすい!」急増するストーカー被害>

<「“いい人”をやめて自分の価値に気づくこと」看護師のストーカー被害対策>

 

 
『客観の視点を持つこと』
『論理的に考えること』

集めた情報を一つの記事にする作業は論理構築に役立ちます。
また今の自分の感情を織り交ぜないことによって、客観的に事態を俯瞰することができます。
書きながら頭の中が整理され、ストーカー加害者になりやすいタイプ、被害者になりやすいタイプが、まさに現状に当てはまっていることに気づきました。
相手も自分も。

 
解決策は、証拠を集めて警察に言いましょうというものしかなく、実際には警察にも言えずに怯えている人の方がきっと多いのではないかと思いました。
そして自分が病棟で勤務していたときのストーカー被害経験をもとに、自分なりの解決策を見出しました。
①関係性を完全に断ち切り、その後は黙ること
②自分の身を守るために、周囲に迷惑をかけて騒動にしていくこと
③そのために“いい人をやめること”

 

 
『気づきは“今ここ”にある』
同じ考えの中でグルグルしているとき解決策を見出すことはできません。
不飽和的に情報を入力した後は意識状態を変えて、いったんその問題から離れる必要があります。
つい悩みに執着したくなりますが、ちょうどそのとき福岡に出かける予定があったため動かざるをえない状況でした。
そして精神的な緊迫感で不眠のまま新幹線に乗り、ボーっと窓の外の景色を眺めているときでした。

 
ハッと気づきました。
私は自分が“いい人”であろうとしてる!
私はダメな私を許せないでいる!
だから一生懸命になり過ぎて、人を勘違いさせてしまうんだ…!
私はまさに、ストーカーに遭いやすい人の特徴“責任感があって優しい看護師”をしていました。
もちろんそれは一つの役柄としての機能ですが、いつの間にか自分自身と一体化してしまってたんですね。
確かにストーカー行為そのものは悪いけど、これは私自身の問題が引き起こしたことでもあるんだと気づきました。

そうか、依存関係にならない関わり方を私が学ぶためだったんだ…!

 

 

 

ジーニアスは生物としての変化・成長・進化の方向性を持っています。
意識で嫌だ嫌だと思っていても、自分自身が成長するために課題となる人に出会い、起こってほしくない出来事を起こします。
それはまるで誰かの支配を受けているような気がしますが、そうではありません。
自分自身が、自分の成長のために必要なことを起こしています。
おそらく私じゃなかったら、その人はストーカーになっていなかっただろうと思います。
きっと私の未熟な部分と、相手の未熟な部分が、関係性を悪い方向に推し進めてしまったのでしょうね。

 

 
『すべての出来事は、自分で選んで起こしている』
私が繰り返しストーカーに遭う意味がわかりました。
今は、そのことに気づかせてくれたストーカーさんに感謝の気持ちです。
たぶんね、“いい人”が全面に出ていたから、相手に誤解を生じさせたのだと思います。
本当の私はそうじゃないのに。
きっともう同じ事態を繰り返さないと思います。
ときに“いい人の私”、ときに“いい人じゃない私”のバランスを見直そうと思います^^

 

 
人生はテストの繰り返し。
テストに合格するにはテストを受けるしか道はない。
すべての段階でのすべてのテストは、それに受かるまで繰り返されるんだ。
それが心の成長過程だから。

誰もがいつかは先頭を行かなければならない。
自分自身の先頭を。

 

 

ナースが読む【心と身体のStudyMail】

心に関わる予防看護をお伝えしています。

詳細はこちら

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930