ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

抗がん剤ってどうなの?2人の相談者さんから末期の父への同じ悩み相談が。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回はメールマガジン【心と身体のStudyMail】から転用します^^

 
*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○

*─…‥心と身体のStudyMail‥…─*

~心と身体に目覚めたナースになる~
予防看護を先駆ける『Neo Nurse』のメルマガ

看護師/心力教育家
山咲凛子

※過去の配信分はここで読めます。↓
http://rinko-merulog.seesaa.net/

 
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
抗がん剤ってどうなの?2人の相談者さんから末期の父への同じ悩み相談が。
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 
読者さま
こんにちは。山咲凛子です。
今日も予防看護カウンセリングの話を。
よく似た相談が2件ありました。
おそらくこの問題を感じている人が増えてきているのではないかと思うのでシェアします。

 

2015年の死亡原因の1位は悪性新生物。亡くなった方は37万人でした。
これだけ多くの人が亡くなっていく中で、抗がん剤が本当に効くのかどうか、という意見は賛否両論です。
高額な抗がん剤が作られていますが、医療や製薬会社の儲け口になっているとか、治療によって身体がダメージを受けて逆に命を縮ませるなど言われています。
顔も名前も公開した医師がブログや本に書いていることは、ある程度信憑性があるように思います。
薬剤成分の話になると看護の知識では追いつかないので、「薬剤師は薬を飲まない」の著者・薬剤師の宇田川久美子さんの意見を私はよく参考にしています。

 

 

2人からの相談内容は、どちらも末期がんの両親のことでした。
「父親が末期の癌なんです。数年前から何度も入院して抗がん剤の治療を受けてきました。でもずっと通院して検査を受けているのに再発していることがわかって、また入院して治療をして。退院してしばらくは落ち着いていたんですが、今度は転移しているのが見つかって…。ずっと通院してるのに何で?って思うんです。

 

抗がん剤って本当に必要なんですか?良くなっているような気がしないんです。抗がん剤を使うたびに副作用で食べたいものも食べれなくなるし、憔悴してどんどん体力がなくなっていくし、本人はこれでいいと思ってるみたいなんですが娘として本当はどうなのか…
治療をしなければ寿命は短くなるかもしれないけど、その方が父も家族も普通に過ごせて良かったんじゃないかと思ってしまうんです…。なのにまた入院して治療する予定なんです。私は一体どうしたらいいか…。」

 

父親のがん治療が本当にいいのかどうか、という悩みを1ヶ月の間に2件受けました。
2人が言っていることはほぼ同じでした。
娘として、抗がん剤に不信感を感じてしまった以上、治療を勧めることもできないし、治療しなければならないと思っている本人を止めることもできない、という様子でした。
お二人とも同居しているわけではありませんでしたが、母親が通院や入院に付き添って疲れている姿を見たり、母親の不安そうな様子から家族の大変さを感じていらっしゃるようでした。

 

 

私はまず検査についての説明をしました。相談されている女性の今後のことも考慮して。

退院後の通院ではきっと検査もしていると思うんですが、検査は全身をくまなく調べることができるわけではなくて、検査で異常が見つかる頃には治療が必要な段階になっているんだと思ってもらった方がいいです。
健康診断や人間ドッグもそうですが、異常値がなかったからと言って、どこも悪くなくて健康だとは限らないんですよ。
病気は見つかったときに発生しているわけではないんです。病気は何年も何十年も前から小さな種みたいにあって、だんだん広がって身体が限界に達したとき、いよいよ身体の機能がうまく回らなくなって検査結果や症状に現れるんです。
通院しているから大丈夫、診てもらっているから大丈夫、というわけではないんです。それが病院だってことを知っておいてくださいね。

 

 

それから抗がん剤について。

どんなにいいお薬でも、薬には必ずプラスの作用とマイナスの作用があります。
ピンポイントで悪いところだけを見ているので、がん細胞が小さくなれば良くなったと判断しますが、その影で悪くなかったところが同じだけダメージを受けてます。
がん細胞以外の広範囲なので検査結果にも症状にも現れないと思うけど、薬を使えば使うほど自分で寿命を縮めているとも言えます。
抗がん剤で治療をすると寿命が縮まる、抗がん剤で治療をしなくても寿命が縮まる。それなら、本人と家族にとっていちばんいい道を選べるようにしてあげることが医師の務めだと思うんですが。
今のところ病院は癌が見つかれば治療をするということが当たり前になっているので、患者さんも治療しなきゃいけないと思ってしまうんでしょうね。

 

 

そして、娘として父親にどう関わっていいか、という問題について。

「お父さんを全面的に認めてあげてください」と少し強めの声で伝えました。
病気は自分自身との関わりが原因で発生しています。
それは本当に自分がやりたいことに従うことができず、お金のためや出世のため、家族のために自分を犠牲にしてしまう自我の低さから発生します。
それは自分への自信のなさで、自分への不信感。自己不信が少しずつ細胞を歪めていって病気の種になり、だんだんと大きくなっていくんですよ。

 

でもね?
お父さんに今さらそれを言ったところで、もうお父さんは人生をやり直すこともできないし、健康を取り戻すこともできないんですよね。
お父さんやお母さんが生きた時代は皆がそれを幸せだと思い込んでいたのだから、今さら言っても仕方がないことなんです。
それよりも、残された時間が限られているなら、お父さんを完全に肯定できるように関わってあげてほしいです。
お父さんが治療すると言えばそれを肯定し、お父さんが治療をやめたいと言えばそれを肯定してあげる、それが今の私たちの親への関わりだと思います。

 

でね、家族全員がお父さんに「お父さんのおかげで」「お父さんがいてくれたから」「お父さんが頑張ってきてくれたから」と言って、お父さんの過去を認めてあげてください。
病気は自己不信の結果なので、家族が肯定してあげることでお父さんは安心して最後を過ごせるようになると思います。
歯に衣を着せず、恥ずかしがらずに毎日たくさん言ってあげてください。お父さんのために。ちゃんと言葉にして。
それができるのは、いちばん身近にいる家族だけなんですよ。看護師にも医者にもできないんです。
そして娘であるあなた自身がブレないようにしてください。あなたがブレると、きっとお母さんもブレてしまいます。
今日帰ってすぐにでもお父さんに伝えて、その態度を最後まで貫いてください。その姿勢をお母さんや他のご姉弟に見せてあげてくださいね。

 

 

で、ちょっと小さめの声で付け加えました。
もしお父さんが「そうか、わしはこれで良かったんだな」と自分を認めることができるようになったら、病気は悪化しなくなるかも。
たとえ悪化しても、もしかしたら治療しなくなるかもしれませんよ。

 

女性は涙ぐんでいらっしゃいました。
娘として、自分がやるべきことがわかった、という感じでした。

 

相談者の2人の女性は看護師ではありませんでした。
もし看護師だったら、私はもう一つ伝えなければなりませんでした。
それは
「家に帰ったら看護師を脱ぐこと」
看護師のスイッチをOFFして、ちゃんと娘として関わるように伝えなければならないでしょう。
看護師はどうしても患者さんを看る視点で関わってしまうのです。たとえ親であっても看護師の判断を横に置けないのです。
それは親からすると、とても客観的で冷たい娘に見えるでしょう。
そして看護師自身もそのことに気づかないまま親の死を迎えてしまい、後になって気づくのです。

 

 

1人の女性がこんなふうに言ってくれました。
「そういうことを言ってくれる看護師さんをもっと増やしてほしいです。」
^^

 
心が日本を健康にする
『予防看護学基礎講座』

1月21日(土)1月22日(日)
10時~19時 品川大井町にて
http://rinko.in/archives/5719

 

■■□――――――――――――――――――――――――――――――――――――――□■■

【看護の本質とは】

看護の本質は「関わり」である。
日常生活の援助とコミュニケーションを通して心身の問題を解き、その人なりの正道に従えるよう導くこと。
その人が正しいと思う日常生活が維持でき、健全な心と身体を取り戻す関わりが看護の本質である。
ゆえに看護師は実存的価値を持ち、自らの心身の健康を実践しているべきである。

山咲凛子

『看護の本質は“関わり”である』
~理想と現実のギャップとは~
http://rinko.in/archives/5433

■■□――――――――――――――――――――――――――――――――――――――□■■

あなたの周りにいるナースにメルマガをご紹介ください(*^^*)

【心と身体のStudyMail】登録ページ
http://rinko.in/mailmagazine

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ブログ関連記事

「健康は自己信頼残高」自己不信で失い、自己信頼で回復する。
http://rinko.in/archives/5895

腸は脳より優れもの。
http://rinko.in/archives/5904

思い出そう。日本人の感覚能力は優れてる。脳の世阿弥が教えてくれたこと。
http://rinko.in/archives/5909

絶対に盗めない財産ってなーんだ?!
http://rinko.in/archives/5899

幸せは自分から取りに行く!コミュニケーションスクール本講座46期開講~
http://rinko.in/archives/5848

「人間は、止まると死ぬ」
http://rinko.in/archives/5842

食べるとき何考えてますか?感謝の瞑想法。
http://rinko.in/archives/5800

病気。それは「悪」ですか?
http://rinko.in/archives/1729

 

病気の予防や治療で迷ったときは
『予防看護カウンセリング』
http://rinko.in/archives/5539

経験12年以上のナース
http://rinko.in/nurse

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

「病院を出よう」をSNSで発信しています。

Facebook山咲凛子(看護師/心力教育家)のページ
https://www.facebook.com/yamasakirinko/

LINEブログ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.lineblog&hl=ja

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

明日開講【大阪】

プロフェッショナルコミュニケーションスクール本講座大阪
(NLP × 禅 × コーチング)

12/11, 1/8, 2/12, 3/12
4/9, 5/14, 6/11, 7/9
8/20, 9/10, 10/8, 11/12

月1回(日曜日)×12回
大阪市福島区にて

受講料54万円
(3回,12回,24回分納あり)

主宰・宇野ひろみのメルマガ
http://unohiromi.com/?p=219

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

2017年2月開講【東京】
プロフェッショナルコミュニケーションスクール本講座
(NLP × 禅 × コーチング)

月1回、土曜日、12ヶ月。
受講料54万円、分納は3回,12回,24回。

受講相談・詳細のお問合わせはメールで
info@rinko.in

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

プロフェッショナルコミュニケーションスクール
入門クラス【イヴニングPCS】

12月 6日(火)クラス1
12月20日(火)クラス2
1月10日(火)クラス3
1月24日(火)クラス4

各19時~21時
1回2,000円

本講座の一部抜粋です。コミュニケーションについて知りたい、悩みを解決する具体的な方法を知ってみたい、NLPを体験してみたいと思われる方はご活用ください。

詳細・お申し込みはこちら
http://rinko.in/archives/4622

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

◆+。・゚*:。あとがき。・゚*:。+◆

抗がん剤がどれくらい身体にダメージを与えているかについては、エビデンスで証明することは不可能。
検査に出ない部分の変化を数値で表すことはできないからです。
そもそも人間の神秘的な身体はすべて科学で解明されているわけではないので、悪くなった部分しか調べることができないんですね。
それが西洋医学の在り方です。
抗がん剤の非効果性については経験則によって語られることでしか把握できないんです。
言い伝え、口伝。
これが東洋思想の在り方です。
ま、なので私の文章もカウンセリングも長くなってしまうわけです。笑

*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○*:.。..。.:*●*:.。..。.:*○

発行者

プロフェッショナルコミュニケーションスクール
主任講師/山咲凛子

このメルマガ宛てに返信できます^^

Web
http://rinko.in

読者登録はこちら
http://rinko.in/mailmagazine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930