ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

「健康は自己信頼残高」自己不信で失い、自己信頼で回復する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

医師は病気を治す人なので病気のことを考える人だと思いますが、看護師は健康について考える職業ではないかと思います。
健康って何だろう?と考えたことがありますか?
健康ってそもそも有るものだから考えないのか、無いから考えないのか?
たとえ健康食品を摂取するときでも、健康を促進するためというより、悪くならないために摂っているような感覚がしないでしょうか。
健康って一体何でできているのでしょう?
逆に、病気は何でできているのでしょう?

 

7つの習慣を書いたスティーブン・R・コヴィー博士は、人間関係において“信頼残高”があるとおっしゃっていました。
相手に対して誠心誠意関わることによって、信頼の引き出しの残高を増やしていくことが重要であると。
私が思うに、人間関係には自分自身との関係が現れているため、人間関係の信頼残高を増やすためにまず自分自身への信頼残高を増やさなければならないなぁと。
人間関係の話である前に自分自身の話になります。
あなたはどれくらい、自分への“信頼残高”があるでしょうか。

 

信頼関係をつくるために必要なことは?
嘘をつかない、ごまかさない、約束を守ること…
期待に応えること、誠意を尽くすこと。
この人はきっと大丈夫、きっと出来ると、その人のチカラを信じてあげること。
たとえ失敗しても、落ち込んでも、この人はきっと立ち直ると信じてあげること。
たとえ他の人がその人のことを悪く言っていても、いや、そんなはずはないと信じてあげること。
この人は何でもできる、きっと夢を叶えることができると強く信じて応援してあげること。
…これ、自分自身に行なっているでしょうか。

 

 

 

おそらく生まれたばかりの赤ちゃんのとき、言葉にできないものの、自分への信頼を妨げるものは何一つなかったと思います。
人間は年を取るほど、リソース(資源)を失っていくって知ってましたか?
え?経験を重ねれば重ねるほどリソースは増えていくんじゃないの?と思うかもしれませんが。
親が自分の価値観を子供に与え続けると、子供はその親より幸せになることができません。
そりゃそうですよね、親と同じように物事を判断し、一つ一つの事柄を決めていくのですから。
子供を厳しく育てる親は、自分の子供を信頼できないからうるさく言うのです。

 

国会を思い出してくださいね。
若い議員が新たな発想を思いついて提案しても、すべて高齢の議員が反発して却下していきます。
長く生きていれば若い人よりも権力や人脈があって知識をたくさん持っているため、若い人が敵うはずがありません。
なので社会は一向に変わらず、良くならないんです。
時代は変わっていっているのに、高齢の議員が多いために昔の価値観のまま。
高齢の議員が、若い議員を信頼しないからです。
もう早く死んでくださいって思います。笑

 

 

 

で、自分自身の話に戻りますが。
もしあなたが自分を信頼していない場合。
素晴らしい発想をしていても、それを主張することができません。
素晴らしい能力を持っていても、それを発揮することができません。
親が子を制限するように、高齢の議員が若い議員を抑えるように、自分で自分を抑えてしまうから。
この、“自己不信”が健康状態を左右しているのではないかと思います。

 

問題が起こる、悩む、自信を失う。
やりたいと思ったことを我慢する、自分にできると思えない。
また傷つくんじゃないか、また失敗するんじゃないか、何もチャレンジしない方が安全なのではないか…
そう思うたびに自分との信頼関係を崩し、信頼残高を減らしていくのではないかと。
この自己不信がストレスになり身体の組成や細胞を歪ませて、何年も何十年もかけて、健康を阻害していくのではないかと思うのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのときは、問題を感じることも、自信を失うことも、不安になることもなかったはず。
完全に健康な状態だったわけです。
ところが嫌な経験を重ねるごとに、健康を阻害して病をつくっていく。
反対に、自分を信じてあげることができる経験を積み重ねていくと“自己信頼”となって、信頼残高が増えていく。
自己信頼が健康状態に深く関わっているのです。

 

健康状態は『健康残高』。
健康残高は、自己不信で失い、自己信頼で回復します。

 

 

~日本を健康にする~
「予防看護学基礎講座」東京
1月21日(土)と22日(日)10時~19時

 

 

ナースが読む【心と身体のStudyMail】

c383e310fa4034aa4b92053bb60a380e_m

予防看護についてお伝えしています。

詳細はこちら

メルマガ登録
メールアドレス
ニックネーム
職種・経験
お住まいの地域



powered byメール配信CGI acmailer

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31