ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

ベテランナースは病院を出よう!「本当の健康を願うなら」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平成26年の病院の受診者数を知っていますか?
入院が130万人、
外来が730万人、
年間860万人が病院を受診しています。

一日で換算すると
毎日3500人が入院し、
毎日2万~3万人が外来を受診しています。

 

 
平成26年に亡くなった患者
1位の癌は37万人でした。
2位の心疾患で20万人、
3位の肺炎で12万人、
4位の脳血管障害で10万人以上が亡くなっています。

心疾患と脳血管障害の主な要因は食生活や運動と関わる生活習慣病です。
その予備軍がどれくらいいると思いますか?

 

 
平成26年の高血圧症の患者総数は1000万人。
高脂血症200万人
糖尿病316万人
心疾患173万人
脳血管疾患118万人
慢性腎臓病30万人
慢性肺疾患26万人
腸に関係する癌疾患26万人
メタボと言われる肥満症3000万人…

自分自身の食生活や運動、喫煙や睡眠など生活習慣をコントロールできない人がこれほどいます。
自分自身はどうでしょうか。

 

 
また癌以外の原因不明の病気もたくさんあります。
自己免疫疾患やアレルギー性の疾患など。
今の医療で治せない“指定難病”は現在300種類以上。
指定を受けていない難病は無数にあります。

 

 

 
…もういいじゃないですか。
そろそろ病院を出ませんか?

少なくともこれだけの人が
何年も通院や入院を繰り返し、

治療を継続して受けているという医療の現状。

30年前、20年前、10年前、そして今。
まったく変わらない看護師の忙しさ。

何十年も病院や医師のやり方に従って
看護してきた結果がこれなのです。

本当は人を救うための医療
だったかもしれませんが、

今は医者や製薬会社が
利益を最大限得るための手段として
医療が使われています。

そんな中で
長年働いている看護師は

真面目に尽くしている人ほど
心がすさんでいくんです。

病院で看護力を注いでいても、
病気になる人は次々増えるばかり。

病院を出て
病気を未然に防ぐ“予防看護”に取り組み始めませんか。

 

 
本来、看護の本質は
医師の補助じゃないはずだから。

看護とは“関わり”

ひとりひとりと関わって
関わり合いの中で

心身の健康をもたらすのが
看護師の役割りなのです。

経験が少ない看護師は病院で務め
身体の知識と看護技術・精神的成長を
図る必要があります。

ひとりひとりに関わる予防看護は
経験豊富な看護師だからできることなんです。

 

 
でも病院を辞めると
周りに迷惑がかかるから…

任せられる後輩がいないから…

いいえ、
そう思っているのはあなた自身だけ。

あなたが辞めたからといって
病院が潰れるわけではありません。

逆に経験豊富な看護師は
退職することが後輩のためになります。

 

 
医療は命に関わる仕事。

だから安全を優先するために、
先輩ナースは後輩をいつも見ています。

細かな指示をします。

後輩ナースも先輩の指示に従った方が
安全なので従いますが

それが後輩ナースの成長を
妨げていることに気づいているでしょうか。

 

 
成長とは、失敗を通して学ぶこと。

失敗して痛い思いをしたとき
自分自身を省みて

学んで
やり方を変えて
人格を形成していきます。

自分自身のときのことを
思い出してみてくださいね。

何十年も古くから
同じ病院で働いている先輩看護師や管理職に
どれほど制限を受けてきたでしょう。

自分たちの古いやり方や判断を強いられて
窮屈な思いをしたことがあるのではないでしょうか。

新しい方法を取り入れようとしても
妨げられた経験があるのではないでしょうか。

ベテラン看護師が長い間同じ病院に居続けることが
後輩ナースの育成を妨げる要因になっています。

経験豊富な看護師が退職すると
一時的には大変かもしれませんが

結果的に後輩ナースの成長につながるのです。

 

 
心と身体が一つなら。

経験を積んだナースに
次に必要なのは心の知識。

矛盾した医療の中で
長年働いている間に

傷ついてしまった心や

いつの間にかできてしまった
自己不信を

先にケアしましょう。

そして自分自身の経験を
他者の心の問題に活かしましょう。

 

 
一般の方々に身体の知識を増やし
そして心の不具合を治して

私たち看護師から本当の医療を。

 

 

 

自分自身の心の問題解決と、人と関わる具体的な方法が学べる講座

『脳科学コミュニケーション12時間集中講座』

この講座はナースが
心理学の講師になる本講座のプレセミナーです。

初めの2日間を体験してみてください。

詳細はこちら↓
体験者の感想も載せています。

脳科学4

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031