ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

第1回『看護師の新しい在り方』トークセッション/7月8日大阪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今、医療は崩壊の危機に来ています。

ネット上では
抗癌剤は殺人だとか

健康でいたいなら
薬を飲むなとか

患者は医者や製薬会社が儲けるための
餌食になっていると

言われているのをご存知ですか?

どれも間違いではないが
正解でもありません。

それが事実かどうか
確かめることはできないんです。

 

 

ただ、明らかなのは
患者も病気も減らないこと。

検査も薬も手術も
医療は発展しているはずなのに

何十年も前から
私たちはずっと忙しいままなのです。

そしてこれからも
高齢者は増え続けますが、

厚生省の赤字はこのまま
続けれらるとは思えない数字です。

なぜこのような事態に
なってしまったのでしょう。

 

 

答えを言っちゃいます。

それはね、

医者も看護師も患者も
そして国全体が

<心>を置き去りにしてきたから。

そのツケが
全員に回ってきています。

心が成長していないから
自己肯定感がなく、

みんな死ぬのが怖くてたまらない。

病気になるのが
恐ろしくてたまらないんです。

<心>を置き去りにしたまま、

利益最大化を求める医者と
政治家と製薬会社

年収を求める看護師
依存した患者…

みんなの責任。

 

 

でもね、

この状況を
変えることができるのは

看護師だけだと思います。

理由は3つあります。

1.経営者じゃないから

2.少なくとも患者より
気力と体力があるから。
《3.貢献したい気持ちがあるから。》

看護師が変わらなければ
日本人の心身の健康は取り戻せない。

本当にみんなの健康を
願っているのは

看護師だけなんですよー

 

 

最近は一般の人たちも
<心>を学び始めています。

看護師は
西洋医学から離れて

東洋思想を学びましょう。

東洋では
“心と身体は一つ”ととらえます。

西洋と東洋
両方の良さを統合して

新たな看護を創っていくことが
私たちの解決策です。

看護師は身体の専門家だからこそ

一般の人より早く
<心>を取り戻しましょう。

 

 

病院を出て

個人で活動する看護師が
増えてきています。

ただ、
看護師はどこに行っても
雇われる立場だったから、

あまりにもビジネスに無知で
どうすればいいかわからない。

起業してみたけど
週末起業になっちゃって

やっぱりおもしろくない。

私も病院から出たいけど
出来る自信がない。

それができないのは
あなた自身が

<心>を置き去りにしてきたからです。

 

 

コミュニケーションや心理学、
脳科学、人間関係の知識と共に

今後の看護ビジネスについて
考えてみませんか?

看護師をやめるわけじゃない。

西洋医学を否定するわけじゃない。

これまでの知識と経験を無駄にせず
新しい看護の在り方を探究しています。

テーマにビビッと来た人は
機会を逃さないでくださいね^^

 

【看護師の新しい在り方】
トークセッション

 
メンタルケアワーク

 

2016年7月8日(金)19時~

テーマ
・看護と介護の新しい時流
・ベテラン看護師は病院を出よう
・看護のビジネスモデルづくり
・人間関係づくりのコツ
・無意識(潜在意識)開花
・未来設定の方法
・更年期は黄金期

受講料:3,000円

場所:大阪市西区・阿波座駅から徒歩1分(メールでお知らせします)

詳細・お申し込み

お名前 (必須)

連絡可能なメールアドレス (必須)

携帯電話番号(必須)

職種(必須)

お住まいの地域(必須)
  

何かひとこと^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事