ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

本を出版しました / 後悔しない離婚のために。「より良いNext Lifeと幸せの道しるべ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私が離婚したのは3年半前。
2年以上ギスギスした関係を続け、最後は必然的に“そのとき”が来たように別れが来ました。
急にガランとなった家の中は、自分の物音が響く空間へと変わっていました。
安堵のため息と共にダイニングに座った私には、同時に2つの感覚がありました。
一つは、これから自由にやりたいことができる天にも昇るような解放感。
もう一つは、これから一人で生きていかなければならない地獄に落ちそうな不安。

 

離婚の相談にのってもらっていた友人ひとりと、離婚届の保証人をお願いした友人には話していましたが、
この「天」と「地獄」の間で、自分なりにバランスがとれる感覚を見出すまで、離婚したことは胸の中にしまっておこうと決めました。
誰かを頼りにしたり、しがみつくのが嫌だったから。
ちゃんと自分の足で立ちたいと思ったから。

 

それが。
意外と早かった。
気持ちが安定するまで半年ぐらいかかるだろうと思っていましたが、
3ヶ月後くらい経った頃、離婚したことを何気に人に話している私がいました。
自分でも驚くほど、とっくに過ぎ去った過去のような感覚で、安定した気持ちで話していました。

 

それはね?
なぜかと言うと…
“明確にした未来”があったからです。
離婚してやりたいことがはっきりしていて、1年後、2年後、3年後の自分の姿が観えていたからです。
その未来があったから、不意な出来事があっても自分がどう対応すべきかがわかり、迷ったときも自分が何を選ぶべきかが明確だったのです。

 

もし“明確な未来”を持っていなかったら…
不意な出来事に振り回され、迷いから抜け出すことができずに、離婚を後悔することになっていたかもしれません。
女性が離婚を考えるとき、最優先しなければならないのは『未来を明確にすること』。
離婚なんて私のわがままなのかな…と思ったり、お金や仕事や子供のことや両親のことに不安が大きくなっていくのは、未来がないからなんです。
また“明確な未来”に向かって突き進もうとしている女性には、協力者になってくれる人が必ず現れます。
これまで離婚に反対していた人さえも、自分の味方にしてしまう可能性だってあるんです。

 

離婚後、女性の悩みを解決するフリースタイルコーチとして活動をしてきました。
離婚を望む女性の多くが決断できずに立ち止まってしまう…
その理由は何だろう?
どうすれば解決できるのだろう?
このことについて、自分自身の経験と共に探究してきました。

 

そして、ある一つの解を一冊の本にまとめました。
この本に書いていることは建設的に離婚するためのコーチングプロセスです。

 

 

 

今後“婚姻”は変わってくると思います。
25歳~35歳の未婚女性の割合は、30年前は35%でしたが2015年は57%。2人に1人は独身です。
2010年の50歳の未婚率は男性20%女性10%で過去最高だそうです。
離婚率の計算は、婚姻が減れば割合が上がるので正確に把握できないのが現状。
最近は“結婚適齢期”や“バツイチ”という言葉さえ、あまり聞かなくなってます。

 

婚姻の法律的な目的は“協力して税金を納める”ことと“子供が誰の子であるか明確にする”という2つの目的ですが。
2014年には嫡出子と嫡出でない子供の財産分与を同率にするよう民法が改正され、
子供が誰の子であるかは、DNA鑑定によって確認できるようになっています。
男女別姓の婚姻や、同性愛者の婚姻が認められつつあります。

 

もしかすると近い将来、婚姻制度は廃止されるかもしれません。
女性が社会に出て自由に働くことができなかった時代は、男性の力を借りて生活費や税金を賄う必要があり、女性は理不尽な女三界や七去三従にも従うしかありませんでした。

詳しく知りたい方はこちらのブログ記事へ
《過去から学ぶ女性の結婚と離婚》

ところが2015年の専業主婦の割合は約3割。
これは全年齢の割合なので、高齢者と出産時期以外の年代の専業主婦率はさらに少ないでしょう。
コミュニケーションスクールは、なりたい自分になる自己実現スクールであり、自分という枠組みを超えて成長していく自己啓発スクールでもあり、ここ2~3年は女性の受講が驚くほど増えています。

 

 

 

離婚を勧めているのではありません。
他者の意見や世間の常識・善悪基準によって自分の人生を選ぶことができず、後で後悔する女性になってほしくないのです。
今は男女雇用均等法により女性は自分で収入を得ることができ、母や祖母の時代と同じではありませんね。
そしてまた後世の女性のために、現代の私たちが選ぶべき道があります。

 

本来、人が向かうべき方向は『自分自身の成長』。
自分の夢を持つこと。
自分にしかできないことにチャレンジすること。
自分の道を歩き始めた人は、日常ですったもんだする様々な人間関係の経験を自身の成長の糧にしていきます。

 

自分自身の成長に結婚が必要なら結婚すればいい。
自分自身の成長に結婚が必要ないなら結婚しなくていい。
自分自身の成長に離婚が必要なら離婚すればいい。
自分自身の成長に離婚が必要ないなら離婚しなくていい。

 
女性はもう、自分の人生を選ぶことができるのです。

 

自分自身と戦わず、他者とも戦わず、依存しない、逃げない、女性が後悔しない人生を切り開いていく方法。
離婚したいのに決断できない女性に読んでいただきたい本です。

『離婚ーより良いNext Lifeと幸せの道しるべ』
離婚本
 

 

 

 

 

 
※購読にはKindleのアプリが必要です。

ーKindle使用方法ー
ワークシートを添付しているのでPCで購読されるのをお勧めします。

1.Amazonにアカウントがない場合は、先にAmazonで登録をします。
メールアドレス・パスワード・名前・住所・クレジットカードなど。
2.【離婚ーより良いNext Lifeと幸せの道しるべ】のページを開きます。
3.〈Kindle〉のボタンをクリックし〈ダウンロード〉をクリックします。
4.ダウンロードが完了したらファイルを開いて〈次へ〉の手順に従って進みます。

5.再度Amazonのページに戻り〈1Clickで購入〉をクリックします。
6.Kindleのアプリを開き、Amazonで登録した〈アドレス〉と〈パスワード〉を入力。
7.サービスの無料ダウンロード書籍が表示されるので適当にチェックして〈次へ〉をクリック
8.左上のメニューボタンをクリックして〈同期〉すると読めます。

 

この本を開く度にあなたの進むべき道が再確認でき、望む人生を手に入れることができますように。
心をこめて^^

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031