ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

新しい自分に出会う「新生成マインドワーク」→終了しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
あなたはこんな悩みをお持ちではないですか?

・起業したいのにできない
・転職したいのにできない
・セッションを始めたいのにできない
・喧嘩したくないのに喧嘩になってしまう
・結婚したいのにできない
・離婚したいのにできない
・言いたいのに言えない
・別れたいのに別れられない
・新しい事が続かない

変わりたいのに変われない…

 
なぜ私たちは“やりたい”もしくは“なりたい”と思っていることができないのでしょうか。自分の意思で体を動かし、できるはずの事が進まない…。そのことについて思い悩んでいる今、あなたは恐らく立ち止まっているでしょう。えいっ!と飛び越えなければと思うほど、不安や心配や恐れが強くなりますね。心の中で何が起こっているのでしょうか。

 
それは「葛藤」。新しいことを始めるときや変わろうとするとき、反対の考えが頭の中に浮かび、進みたい自分と引き留めようとする自分が戦います。やったほうがいいとわかっているのに、できない自分。そんな自分自身に大きなストレスを感じますね。

 
自分自身の中で戦っているとき。テンションをあげたりモティベーションを上げてみても、それは一時的なものなので継続が難しいのです。どこかで無理している自分を感じてしまうためです。それがさらにストレスを増大させてしまうでしょう。8558259610_6221d0f642_b

 
この「新生成マインドワーク」では、あなたの心の中で戦う「2つの自分」の調和を図り、新しい思考を生成します。

 

 

 

 

新しい自分に出会う「新生成マインドワーク」
5つのメリット

8523706757_da4e5ec2a4_b
 

1.自分を受容できる

 
あなたの周囲には対極しているものがたくさんあります。たとえば、大きいと小さい、高いと低い、右と左、美しいと醜い、幸せと不幸せ、悲しいと嬉しい、ネガティブとポジティブ…。実は世の中に存在するものは全部対極しています。変わりたいと思っているあなたの心の中にも対極する感情があってしかるべき反応。変化のエネルギーも守るエネルギーも、どちらも必要なエネルギーです。

 
ただ、この状態とどまっていると進むことができません。2つの要素に挟まれているとき、体だけでなく心も固まってしまいます。それを解決する方法は、2つを合わせて新しい要素をつくり出すこと。その答えはあなた自身が持っています。

 

 

 

2.短所が長所に変わる

 
あなたの短所は何でしょう?そして長所は何でしょう?その2つから気がつきませんか?短所は逆からみれば長所になります。短所と長所も同じ、対極している要素です。けれど対極するものはまったく反するものではなく、相反する要素を持っています。

 
たとえば、神経質な性格は短所かもしれませんが、その反面は繊細で慎重であること。大雑把な性格は短所かもしれませんが、その反面は大らかです。ある場面ではあなたの要素は短所を表わしていたかもしれません。けれども場面が変わると短所だと思っていた要素は、長所になりますね。このワークではあなたが気づいていない自分自身の要素に気がつきます。

 

 

 

3.過去の苦い経験が自信に変わる

 
あなたの年齢は何歳でしょう?人の特徴として、失敗した経験や苦い経験ほど鮮明に覚えています。それは再び同じ失敗をして傷つかないように自分を守る術ですが、そうした記憶に左右されていては新しい事柄にチャレンジできませんね。

 
けれども、失敗したとか上手くいかなかったと解釈しているのは自分自身です。短所の反面が長所であることに気づいたあなたは、出来事を違った視点で見ることができるようになり、過去の苦い経験は今の自分に必要な経験だったことがわかります。

 

 

 

4.自然に行動するようになる

 
1~3の編集を経てもう一度未来を考えたとき、これまで葛藤していた心が変化していることに気づきます。行動を維持するのはやる気やモティベーションではありません。未来の自分を思い描くとウキウキワクワクしてたまらない、思わず体が動いてしまう、何かやりたくてじっとしていられない、という状態に変化します。

 
必要なのは、やる気より「その気」。あなた自身が「その気」になることで体は自然に動くようになります。必要な時間を確保し、必要な場所を確保し、あなたは今できることからチャレンジしていける自分に変化します。心と体は一つであることを体感するかもしれませんね。

 

 

 

5.変化が促進される

 
通常、歩くのをやめて立ち止まったとき、次に歩き出すとき体に少し余計に力が要りますね。変化も一旦立ち止まると、次に動き始めるときエネルギーを要します。ただ、歩いている状態からそのまま走りだすよりも、一旦止まってから走り出したときの方がダッシュが可能です。

 
つまり、立ち止まることは決して悪いことではなく、加速するための準備なのです。あなたが望んでいる変化を手にしたとき、そのことに気づくかもしれませんね。

 

 

 

さいごに

deffc414b0f4fabeac22cf634a40a874

 
2つの要素に挟まれて判断できなくなっている状態をダブルバインドと言い、心理的な病気の要因に挙げられます。解決策は、その2つを超える第3の要素を見つけること。「7つの習慣」の著者である故スティーブン・R・コヴィ博士は遺作に「第3案」を出版されました。脳科学者の茂木健一郎氏はアンチテーゼ(反)よりオルタナティブ(代替案)であると言っています。
 
この機会に心の調和を図り、変化を促進しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【講師】

IMG_0096 - コピー

心力教育家/山咲凛子(やまさきりんこ)
1967年4月生まれ

堺市立看護専門学校卒業
大阪府立看護短期大学卒業
看護師経験22年
PLA認定 プロフェッショナルコミュニケーター
PLA認定 NLPマスタープラクティショナー
PLA認定 EFTインストラクター
フリースタイルコーチ
PCS(プロコミュニケーションスクール)主任講師
イヴニングPCS(入門クラス)担当講師
性愛セラピストトレーナーズトレーナーコース担当講師
一般社団法人日本プロフェッション協会代表理事

 
私自身もこれまで、何度も心の葛藤を繰り返しながら変化してきました。頭ではわかっていても動けないときがありますね。NLP(神経言語プログラミング)がなぜ効果があるかと言うと、心とは脳のことで、脳はこれまでの知識や経験を通して言葉でプログラムされているからです。

 
部屋の空間を使って体を動かして行います。マニュアルもお渡ししますので、自宅で復習したり、また別の葛藤を感じたときに活用していただけます。この日があなたの人生を変えるきっかけになることを願っています。

 

 

 

 

【開催情報】

IMG_8623
 

《日程》

8月15日(土)16時30分~20時

 

 

《受講資格》

・医療・介護従事者:看護師、保健師、介護士、ケアマネ、福祉士
・心理療法家:セラピスト、コーチ、カウンセラー、ヒーラー
・教育関係者:講師、トレーナー、先生、保育士
・5年以内に起業したい人

 

 

《受講費》

お一人21,000円

申し込み後の返信メールにお支払い方法を記載しております。
ご確認ください。

 

 

《場所》

PLA心力教育の学校/大阪本校
〒553-0001
大阪市福島区海老江2丁目1-31 青山ビル7F
TEL: 06-4798-0213
フリーダイヤル:0120-50-3601
 
◆電車で・・
⇒地下鉄千日前線「野田阪神」駅
⇒阪神本線「野田」駅
⇒JR東西線「海老江」駅
以上3線3駅から 徒歩3分
※阪神本社ビルの斜め向かいのガラス張りのビル
 
◆お車で・・
お車でお越しの場合は周辺の駐車場をご利用ください。
PLA周辺には駐車場が多数ございます。
 
PLA
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お申し込みフォーム】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

携帯電話番号(必須)

ご職業(必須)

何かひとこと^^

 


※今回は日程が合わず受講できないけれど、次の開催があれば申し込みたいと思う方へ。

プレゼント1画像

下記のフォームからセミナー名を選択して送信してください。希望される方が多数の場合は、再度開催させていただきます。

セミナー名(選択してください)


開催情報は日本プロフェッション協会のメルマガでお知らせしています。現在、人間関係の悩みを解決する無料冊子をプレゼントしていますのでご登録ください。

→ご登録はこちらへ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031