ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

起業したい人の第一歩。ブログを始める10コの手順と心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
情報発信は起業の要です。電話で販売する、チラシで広める、訪問販売をする、ネットで稼ぐ、手紙を送る…など、どんな手段を選ぶにしても情報を発信することが最初の第一歩です。あなたの文章力・表現力が、将来成功するかどうかを左右します。まず文章を書いて人に見てもらうところから始めましょう。

 
個人が起業できるようになったのは、インターネットの普及によりブログやホームページの開設が自由になり、それがSNSによって拡散し、申し込みや支払いがネット上で簡単にできるようになったため。2005年のブログ人口は400万人でしたが、1年後には2倍の800万人に増え、2011年の推測は2700万人です。これだけ多くの人が行なっているということは、あなたにも出来るはず。パソコンが苦手だから…では、個人が起業するのは難しいと思われます。一歩ずつ準備をしていきましょう。

 
ここでは、初心者が無料で簡単に開設できて人とつながりやすいアメーバブログを紹介します。2014年のアメーバブログ総数は4000万件。もちろんアメブロの問題点も数々ありますが、パソコン操作に慣れることと文章力をトレーニングする目的で、簡単に始められるツールであるため使います。詳しい手順はGoogleやInternetエクスプローラーのワード検索で[アメブロ 開設]などで検索すれば、丁寧に説明してくれているサイトがたくさんあります。
 
ここでは、情報発信していくあなた自身が、どのように考えながら開設すればいいかを中心に説明します。

 

 

起業したい人の第一歩。ブログを始める10コの手順と心構え

 

1.登録

ブログ1

 

1-1.パソコンのメールアドレスを登録する

 
アメーバブログの新規登録画面から「アメーバ会員登録」をクリックします。アドレスを入力して送信するとすぐに返信が届くので、そのメールに表示されているURLをクリックして詳細を登録します。

 

1-2.IDとパスワードを決めて入力

 
ここで入力したIDが、あなたのブログアドレスの一部になります。他の人と重複するものは登録できません。つまりこのIDが、広いインターネットの世界であなたの“居場所”を示す住所になります。またこれから自分が頻繁にアクセスするアドレスであるため、覚えやすい言葉、ブログのキーワードが入った表示、名前の一部を入れるなど、自分を表すIDにしましょう。

 

1-3.ニックネームを決めて入力

 
ブログを見ていると、肩書きのようなニックネームを表示している人がいます。人が何かを購入するとき、最終的には販売している人の人柄や、表現されていることの信憑性を判断して決めます。あなた自身も、初対面の人から名前を教えてもらえなかったら、その後も引き続いて会おうとは思いませんね。よって起業したいのであれば、実名でなくても構いませんがフルネームで書きましょう。

 

1-4.性別・生年月日を入力

 
性別は公開表示されますが、生年月日は公開・非公開が選べます。ただ、あなたが読者に何を伝えるかによって年齢を表示した方がいい場合もあります。それはあなた自身が商品になるとき。セラピストや講師などの仕事です。またインターネットで商品を買う場合も、誰がつくっているか、どんな人が勧めているかなど、多くの情報が揃っている方が商品をイメージしやすくなります。

 
購入する人は、そのイメージと自分が欲しいと思っているものが合っているかどうか判断して決めます。自分が読者からどのように見えるか考えてみましょう。

 

 

 

 

2.ジャンルを選ぶ

burogu2

 

2-1.アメーバブログの特徴

 
自分のブログをどのジャンルに入れるかを選択できます。一つもしくは二つ選ぶと、マイページにそのジャンル内での順位が表示されます。数ある中から自分に合うものを選びます。

 

2-2.上位を目指す

 
そのジャンルで上位に入れば、アメブロ内で読む人が多くなります。「人気ブログランキング」の画面で「ジャンル別」をクリックすると、各ジャンルの登録者数が表示されています。たとえば「起業」のジャンルは14,000人ですが、「脱サラ」のジャンルは1,600人です。登録者数が多ければ競争相手が多くなるため、登録者数が少ないジャンルや、開設されて間もないジャンルを選ぶと順位は上がりやすくなるかもしれません。

 

2-3.アクセス数とジャンルとキーワードについて

 
情報を探しているユーザーがワード検索をしたとき、最初に開くページに表示されるサイトにアクセスが集まります。そうすると読む人も増えます。ただアメーバブログの場合、検索したワードでのアクセス数が上位2位までのブログしか表示されない制限があります。よってアメブロで集客する場合、アメブロ内のアクセス数を増やしてジャンルの上位に入ると共に、一般のユーザーが検索しやすいワードで上位に入る必要があります。

 

 

 

 

3.ブログのデザイン

burogu3

 

3-1.デザインを選ぶ

 
ブログ全体の表示です。あなたの家の雰囲気を決めるようなもの。ブログの内容に合うイメージを選びましょう。

 

3-2.カラム

 
3カラムと2カラムを選ぶことができます。サイドメニューが左右両方に分かれているのが3カラム、サイドメニューが左右どちらか一方に表示されるのが2カラムです。ブログの幅は決まっているので、3カラムを選ぶと必然的に投稿記事の幅は狭くなるため、2カラムをお勧めします。

 

3-3.サイドメニューの表示

 
2カラムでもサイドメニューを左に表示するものと、右に表示するものがあります。ほとんどの人は右利きで右手にマウスを持っているため、心理的にサイドメニューは右側にある方がクリックしやすくなります。ユーザーがブログ内で滞在している時間が長い方がアクセスも集まりやすくなるため、サイドメニューが右側にある2カラムをお勧めします。

 

 

 

 

4.ブログの名前

burogu4

 

4-1.テーマを考える

 
ブログの名前には、このブログにどのような情報が書かれているかを64文字で表します。自分が何を発信している人なのか一目でわかるようなネーミングが必要です。表現のコツは“読者の視点”を持つこと。たとえばあなたがセラピーセッションをする人の場合、「うつ病を解放するセラピストのブログ」よりも「うつ病から解放されたい人が読むブログ」の方が相手が受け取りやすいですね。

 

4-2.文字数は30文字まで

 
規定は64文字ですが、伝わりやすいのは30文字までです。インターネット上で情報を検索している人は、数ある中から自分に必要な情報を探すため、通常ザっと見ています。あまり長いネーミングは伝わりにくくなります。けれども簡単すぎて内容が伝わらないのも困ります。ピッタリくる言葉と、その組み合わせを探しましょう。

 

4-3.決まらないとき

 
たいていの人は、ここで一旦立ち止まります。はたして私は何を伝えたいのだろう?読者はどんなキーワードでここに辿りつくのだろうか?どういった表現がいいのだろうか?と考え込んでしまいます。考えるより生むがやすし。後で変更できるため、とりあえず入力して前に進みましょう。

 
私たちは考えるとき、じっとしたまま思考だけをグルグル動かして考えますが、自分自身に情報が足りないとき、今ある情報の中で思考錯誤しても見つかるはずありませんね。少なくとも、いくつか記事を書いてみたり、他のブログを読むなどして情報を集めましょう。さらに効果的なのは誰かの意見を聞いてみることや、自分自身が動きまわってみること。散歩に行くなど、心地いい状態で何となく考えたとき、ひらめきが生まれます。

 

 

 

 

5.ブログの説明

burogu10

 

5-1.ブログの全体像

 
ブログ名の下に表示されるため、ブログ名を見て興味を持った人が、次に見る部分です。ここもやはり“読む人の視点”が必要です。たとえば「うつ病の人の心の支え」と書くよりも「うつ病の人がラクに過ごすコツ」と書いた方が、読んだ人は受け取りやすいですね。読んだ人がどういった得をするのか明確にしましょう。

 

5-2.文字数

 
文字数は128文字以内と規定があります。128文字使って構いません。説明は名前と違って改行ができるため、読みやすいように文章を区切り、3行ぐらいにするのをお勧めします。あまり横に長すぎると読みにくく、短い言葉がたくさん羅列しているのも読みづらくなります。

 

5-3.ユーザーの視点

 
あなた自身が情報を検索しているときのことを思い出してみてください。パソコンの画面を見ているとき、私たちはできるかぎり目を動かしません。パッと見た印象でブログの雰囲気を感じ取り、自分に合わないものは早々と通り過ぎて行きます。インパクトを与えることも必要ですが、カラフルすぎるもの、目がチカチカするようなコントラストは避ける方が賢明です。

 

 

 

 

6.その他の設定

burogu5

 

6-1.ブログ記事の表示数

 
ブログを開いた画面に表示される記事の数です。「1」に設定すると、最近投稿した一つの記事だけが表示されます。たとえば、ユーザーがザっと記事を見て自分に関係ないと判断した場合、それで去ってしまいますが、次の記事も表示されていて興味を持った場合目に止まりますね。とはいえ、同じような記事がいくつも並んでいても困ります。およそ3~5の設定がいいかと思われます。

 

6-2.記事投稿画面

 
これは新規投稿記事の書きやすさです。新エディタにしておくと文字の大きさや色など表示の詳細を調整できたり、動画の埋め込みなどもできて使いやすくなります。

 

6-3.コメント

 
自分が投稿した記事の下にコメント欄が表示されます。コメントを受け付けるか受け付けないかの選択ができます。自分が書いた記事の反応を見たい場合は受け付けましょう。またコメントのやり取りから人間関係が発展する場合もあります。

 
ただ、アメブロの場合、記事に関連したコメントよりも“あなたのブログにコメントしたのだから、私のブログも見に来てね”というニュアンスのコメントが多く見られます。「すべて公開」を選択した場合、書かれたコメントはすぐに表示されますが、「承認後に公開」を選択した場合、表示することが効果的であると判断したものだけを公開することができます。きちんと記事に関連したコメントをくれる人も、もちろんいます。

 
またコメントを受け付けることによって、不快なことや反対意見を書かれたらどうしよう、と不安を感じる人もいるかもしれませんね。よく考えてみましょう。「好き」の反対は?嫌いではありません。好きの反対は「無関心」です。つまり反対意見をくれる人ほど、あなたの記事に興味を持っていて、あなたの関わり方によって最大の味方になってくれる可能性を秘めています。過剰な心配で窮屈にならないようにしましょう。

 

6-4.いいね!

 
最近「いいね!」のボタンができました。それを受け付けるか受け付けないかの選択ができます。。Facebookの影響を受けてつくられたのだと思いますが、ほとんどが「記事を見ましたよ」という意味合いです。よって「いいね!」の数はあまり重要ではありません。またアメブロが表示するアクセス数で一喜一憂する必要もありません。重要なのは、ワード検索を行なったとき、自分のブログがトップページに表示されるかどうかです。

 

6-5.読者登録

 
アメブロの特徴です。ブログのプロフィールの下に「ブログの読者になる」というボタンがあります。読者(アメブロに登録している人限定)がログインしている状態でこのボタンを押すと、あなたがブログを更新したとき読者にお知らせが届きます。マイページから見たり、メールでお知らせを受け取って見るなど、読者はお知らせの方法を選ぶことができます。

 
アメブロには、読者になってもらったら、自分もその人の読者になる、という暗黙のルールのようなものがあります。誰かがあなたの読者になると、その人のブログのサイドメニューにあなたのブログ名が表示されます。すると、そのブログを読んでいた人が、たまたまあなたのブログを見つけて読みに来るという可能性が発生します。よってあなたも私のブログの読者登録をして、お互いに協力し合いましょうという協定になっています。

 
これはアメブロのIDを持った人だけができることで、アメブロ内の効果でしかありません。よってアメブロ内でのアクセスが上がる可能性はありますが、外部への効果は難しいかもしれません。ただ、ブログ内にFacebookやTwitterをリンクさせておくことによって、あなたとつながりを持つ人は増えるかもしれませんね。

 
このことからわかるように、アメブロはアメブロをしている人同士で成立していることが特徴です。つまり情報発信したい人たちの集合体です。またアメブロをしている人の多くが、起業して集客をするためにブログを書いていることに、少し気づいておきましょう。

 

6-6.ぺタの受け付け

 
以前は「記事を見ましたよ」の形跡を残すものとして、「ぺタ」というボタンを押してぺタッとすることが習わしでした。もらったぺタがリスト表示されるため、自分もまたその人のブログを訪問するというシステムがありましたが、最近はぺタよりも「いいね!」の方が主流になっています。ぺタを受け付けるか受け付けないかは、どちらでも構いません。

 

 

 

 

7.プロフィール設定

burogu6

 

7-1.写真

 
自分の顔写真をアップロードして公開します。ニックネームと同じように、起業するためにブログを使うのであれば信憑性が必要なため、顔写真は載せましょう。顔がわからない人はイメージしにくく、話しにくいものです。

 

7-2.基本情報住まい

 
出身地や住所が近いことで共通認識があり、仲良くなることがあります。また仕事にブログを活かしたいのであれば、あなたの活動の拠点を知らせる必要もあるため、少なくとも現在住んでいる都道府県名は公開しましょう。

 

7-3.職業

 
これから起業する人は“自分が目指している職業”を記入しましょう。ブログでもっとも大切なのは「相手にとって自分がどのように見えているか」という視点です。ネット上には副業している人がたくさんいますが、なぜその人たちがうまくいっているのかと言うと、表現力・魅せ方が上手だからです。

 
たとえば、あなた自身がこれまで何十年も「私は気が弱い」と頑なに思い続けてきたとしても、あなたを見ているAさんやBさんやCさんが「あなたはしっかりしてる」と思えば、存在しているのは“しっかりもののあなた”です。自分が自分のことを、どう定義づけして、どう魅せるかによってあなたは変わります。それが“主体的に生きる”ということです。

 

7-4.自己紹介

 
職業に関連した自己紹介を書きます。表現方法は大きく分けて3種類あります。「~です」と自分自身で語るように表現する方法と、「○歳頃~する」と他者が書くように表現する方法、そして学歴や職歴や取得した資格を羅列する方法。いろいろ書いてみて、どれが自分が伝わりやすいか試しましょう。

 
職業に関連しない趣味などを書くのも、人と関わる上では必要です。読んだ人が興味を持ち、“この人なら私のことをわかってくれるかも”と思わせるプロフィールを作成します。ただここでも、初心者の多くの人が立ち止まってしまいます。うんうん唸って考えるより、ひとまず簡単に書いて次に進みましょう。

 

 

 

 

8.投稿

burogu7

 

8-1.タイトル

 
記事の名前です。ユーザーがワード検索するとき、もっとも反応しやすいのが記事のタイトルです。よって記事の内容が明確で、ユーザーが検索ワードとして使う頻度が高そうな言葉をタイトルに入れましょう。抽象的な言葉より、具体的な表現が必要です。

 
たとえば、あなたの話し方や表現方法を“プロセス”と言いますが、あなたが話す内容は“コンテンツ”と言います。たとえば、料理をつくる過程を“プロセス”と言いますが、出来あがった料理は“コンテンツ”と言います。ブログのタイトルに必要なのは“コンテンツ”。より具体的でわかりやすいタイトルをつけると、アクセスがグッと増えます。

 

8-2.テーマ

 
投稿する記事よりも、一段階上のまとめ項目です。たとえばお花を売るブログであれば、誕生日に贈るお花・結婚記念日に贈るお花・送別のときに贈るお花のテーマに分けることができます。また女性向けのお花・男性向けのお花や、日本のお花・オーストラリアのお花・オランダのお花など、あなたが伝えたい項目と、読者が選びやすい項目を考慮してテーマを決めていきます。

 
もし決まらない場合は、いくつか記事を投稿するまで「Hot New」の項目をつくって投稿しましょう。このテーマも、ユーザーがワード検索するときには反応しやすいため、ユーザーが検索に使う頻度が高そうな言葉を選び、アクセス数を見ながら思考錯誤する必要があります。

 

8-3.記事

 
記事は読む人に役立つ情報を書きます。人が求めるものは主に「~を知りたい」「~をしたい」「~がほしい」の3つです。あなたが書くブログはどれに当てはまるのでしょうか。読む人が購入するとき、最終的に決め手となるのは、その商品の価値と信頼性です。あなた自身の知識と経験を活かしましょう。

 
同じブログでも日記のような記事が多ければ、何を伝えたいのか曖昧になります。詩のような感情表現が多ければ信頼性に欠けます。人を動かすのは「なぜなら~」「その理由は~」という論理なんですね。一般的に知られていることよりも、あなたなりの知識と経験に基づいた論理が人を魅了します。徐々に学んでいきましょう。

 

8-4.写真

 
文字ばかりの羅列よりも、写真や動画が入っている方が視覚的に伝えることができます。人はその時その状況によって、視覚・聴覚・体感覚など優先されている感覚器官が変わります。たとえば写真や絵で見る方が理解しやすい人、人の評価や知識で納得する人、感覚的な言葉に影響されやすい人などさまざまです。

 
あなた自身の表現方法を増やし、苦手な表現をなくして相手が受け取りやすい表現を獲得していくことが有用です。記事の投稿に慣れてきたら、いろいろチャレンジしてみましょう。

 

8-5.絵文字

 
アメブロには絵文字があります。ただ、表示機能によっては文字化けしてしまうことがあるため気をつけましょう。できれば絵文字で表現するのではなく、言葉で感情を表現しましょう。考えてみましょう。本を書く著者は、絵文字を使いませんね。単に友達とコミュニケーションをするときは自由ですが、起業のためのブログであることを忘れないように。

 

8-6.行間

 
行間は大切なコミュニケーションです。読みやすさ・区切りを表現するためでもありますが、会話で言うところの“ま”でもあります。人は、言葉の羅列が途切れたとき思考を働かせて、その文章に表現されていないことを読み取ろうとします。よって行間をうまく使うことは重要なコミュニケーションツールです。

 
ただ、無駄に行間が多すぎるとスクロールする速度が上がるため、記事をザっと読んでしまう傾向があります。適度な工夫が必要ですね。

 

8-7.長さ

 
文章の長さは、あなたのブログ名、ブログの説明、タイトルに興味を持って読むに至っているため、少々長くても大丈夫。読む人のことを考え、できるだけ親切に伝えましょう。あなたのブログでの滞在時間もアクセスに影響します。

 
あまり長い文章は伝わりにくいと評価されることもありますが、短い文章で端的に書くのは、数段階上のレベル。本来文章の構成は、何を言うかより、何を言わないか、の方が重要なのです。ただそのためには“思考のプロセス”を深く理解しなければなりません。まずは書くことに慣れましょう。

 

 

 

 

9.他のアメブロメンバーとつながる

burogu8

 

9-1.いいね!

 
いいね!を押して「記事を見ましたよ」と伝えましょう。

 

9-2.コメントする

 
もし記事を読んであなたの役に立ったなら、コメントを残しましょう。

 

9-3.読者登録

 
そのブログが気に入ったら、読者登録を申請しましょう。

 

9-4.アメンバー申請

 
アメンバーは読者登録よりも親密な関係を意味します。アメンバー限定で公開できるボタンがあり、相手のアメンバーになっていれば、その記事を読むことができます。またあなたも同じことができます。ただ、普通の読者にとっては、あまり秘密記事ばかりであると面白くありませんね。ブログは本来公開するためにあるものです。興味を失われないように注意しましょう。

 

 

 

 

10.その他の設定

burogu9

 
設定・管理画面ではさまざまな設定ができます。慣れて来たら少しずつ充実していきましょう。
 

メッセージボード
マイプロフィール
サイドバーの設定
サイドバーの配置
ブックマーク管理
フリースペースの編集
FacebookやTwitterとの連携
コメント管理
読者管理
メッセージの返信
アメーバピグ…

 

 

 

 

さいごに

l201301250400

 
初心者の人にとって、ブログは文章力や表現力をトレーニングする場であると捉えましょう。そういった意味で、TwitterやFacebookもミニブログと捉えて投稿に慣れることをお勧めします。

 
Twitterは136文字という制限がありますが、その中で自分の意見と根拠と結論を述べるというトレーニングに最適です。Facebookでは、いいね!の数で自分の記事を評価しないようにしましょう。なぜなら、現状に「OK」している状態では、あなたの文章力は変わらないからです。

 
ブログはまさに自分の子供のようなもの。毎日愛情を注いで可愛がって、少しずつ育ててあげてくださいね。

 
次のステップは、ブログの設定で立ち止まってしまったところを充実させていきましょう。おそらくブログ名・ブログの説明・自己紹介だと思います。「私は誰に何を伝えてどうなってもらいたいか」を煮詰めていく作業を“コンセプトメイキング”と言います。ブログを続けながら情報を集めていきましょう。

 


 

人間関係の悩みを解決 | 無料冊子プレゼント

 
身近で起こる出来事に戸惑うことはありませんか?日本プロフェッション協会のメールマガジンにご登録いただいた方に、期間限定の無料冊子をご用意しています。

 
現在ご覧いただける無料冊子の内容は
 

・つい人と自分を比べてモヤッとしてしまうときに読むやつ
・人が自分の悪口を言っていることに気づいたときの大人な対応って?
・知り合いがうつ病だとわかったとき、どう対応したらいい?

 
など、心の専門家の視点で具体的な解決策を解説しています。是非あなたの日常や、お知り合いの悩みにお役立てください。

 
※尚、内容は予告なく変更することがございます。必要な方はお早めにご登録ください。プレゼント1画像

 

ご登録はプレゼント画像をクリック  ⇒

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930