ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

ツイてるとき。ツイてないとき。のコツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

あなたは今、ツイてる時期ですか?ツイてない時期ですか?

 

 

 

世の中には、どうやら「周期」というものが存在しているようです。

「モテ期」みたいな(笑)

思い当たる節、ありませんか?

 

 

 

 

潮の満ち引きに周期があるように、太陽や月にも周期があります。

それに並んで動物たちの産卵の時期が決まっていたりします。

西洋占星術も四柱推命も風水も、日本の六曜も、干支にも周期があります。

占いは科学的に解明されたものではありませんが、まんざらウソではないような気がします。

 

 

 

 

実際、女性の体にはホルモン周期がありますし、男性にもあります。

1年が12カ月なのも、1日が24時間なのも、1時間が60分なのも、何か関係がありそうです。

私たちの生活は、どうやら目に見えない「周期」というものの影響を少なからず受けています。

今までの自分を振り返ってみても、やはり「周期」というのは否めないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今あなたは、何歳でしょうか?

もし20代の方なら、まだ周期性というものは見えないかもしれません。

30代の方ならなんとなく、40代・50代になって来ると、大きな出来事がいくつか思いだされますよね。

それを辿ってみてください。

まず、大きな別れや苦労したこと、うまくいかなかったことが思い出されると思います。

人は失敗や苦しみ・悲しみ・怒りなどネガティブな感情の方が思いだしやすいですから。

 

 

 

 

余談ですが。

なぜ人はネガティブな感情の方が思いだしやすいと思いますか?

 

 

 

生命の誕生は、今からさかのぼること36億年。

その生物は単細胞で、口と肛門しかありません。まだ脳を持たない生物でした。

けれど、その生命を繁栄していくために、危険を察知したり回避する能力は持っていたんですね。

今いる場所で十分な栄養が摂れていればスルー、

十分な栄養が摂れていなければ「危険」という信号をキャッチし、栄養を求めて次の場所へ移動する。

そして同じ「危険」を繰り返さないようインプットするのです。

脳を持たない単細胞生物ですから、これらの処理はDNAレベルで行われていたと考えられています。

 

 

 

 

そのDNAは36億年経った今も、私たちの中に残っています。

だから人間は、うまくいっていることはスルーします。

そして、うまくいっていないことをキャッチして、それを繰り返さないために何度も思いだして、何重にも記述するのです。

だから過去を思い出すときは、ネガティブな感情の方が先に出てきやすいんですね。

思い当たる節、ありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を本題に戻します。

大きな別れや悲しみ・苦労・うまくいかなかったことを周期で考えてみてください。

そしてツイていた時期も。

なにをやってもうまくいって、楽しくて仕方なかった時期。

毎日が彩り豊かに過ぎていた日々。

一度「自分史」を書いて見るのもいいかもしれません。

自分の人生を客観で観ることができます。

 

 

 
ちょうど交互に同じような間隔で訪れていないでしょうか。

そして、それらの時期をどのように過ごして来られたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

実は、ツイている時期もツイていない時期も、それぞれ次へのステップとなる効果的な過ごし方があります。

 

 

 

 

 

 

…この続きは、メルマガでお伝えする予定です。

 

10月7日(日)夜、配信予定。

無料ですが気まぐれ配信です。

興味のある方はご登録くださいね。

 

 

人生を変える自分とのコミュニケーションをお伝えするメルマガ。

~ひとひらの凛~

ご登録はこちら。

 

 

多くの方にお届けできることを願っています。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930