ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

むむ。人を導く講師や指導者・先生に最重要事項。どれくらい持ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
あなたは「語彙(ごい)」をどれくらい持っていますか。
 
語彙の「語」は“単語”、「彙(い)」は語の“集まり”を言います。
つまり「語彙」とは“単語の総体”を意味しています。
例えば「あの人は語彙が豊富だ」という言い方はできますが、「美しいという語彙」は不自然です。
例えば「人類はすでに飢えを克服している」というのは語彙と言えます。

 
一般的な「語彙量」は、6歳前後の子供で5000ほどです。
13歳で約3万語前後、20歳で5万前後。
小型の国語辞典で語彙の数はおよそ10万前後。
「源氏物語」の語彙量は延べ数で約20万あるそうです。

 
国語辞典には50万ほどの単語が載っています。
辞典を開いたとき、あなたは何割くらいの単語を知っているでしょう。
そのうち何割くらいの単語を日常で使っているでしょう。
語彙はそれらの単語の組み合わせによる総体です。
私たちの思考は常に、単語ではなく「語彙」で形成されていますね。

 
つまり、
自分が持っている語彙で、自分自身と対話をしています。
自分が持っている語彙で、自分の世界を形成しています。
自分が持っている語彙で、外の世界を認識しています。
語彙が豊富であれば、その悩みを解決できるかもしれません。
語彙が豊富であれば、新しい世界に気づけるかもしれません。
それがあなたの人生になっていきます。

 

 

 
5年ほど前勤めていた職場を退職するとき、
ある90代の男性患者さんから
「語彙を増やしなさい。そうすればあなたの人生が変わるから。」
と言われました。

 
そのときは、語彙というものがよくわからず、なぜそれで人生が変わるのか理解できませんでした。
けれど5年経って、コミュニケーションスクールの学びを通し、また自分自身の経験を重ねて、その言葉が腑に落ちました。
まさにその通りであることを実感しました。

 
その方からときどき葉書を頂いていましたが、美しい字と素晴らしい文章に対し、自分の文章が稚拙すぎて返事を出せませんでした。
そして5年経ってようやく、あの時おっしゃっていた言葉の意味がわかりましたと返信できました。
ところがその後、娘さんから返事が来て
「父は先日亡くなりました。葬儀を終えて帰宅したところ、お手紙が郵便受けに入っておりました。」
との内容でした。
私が手紙をポストに投函した日、ちょうど亡くなられたようでした。

 
「語彙を増やしなさい。そうすればあなたの人生が変わるから。」
この語彙が私の体に沁み込んでいるのは言うまでもありません。
また私も大切な人に伝えていきたいと思っています。

 

 

 
語彙を増やすためにできること。
本、インターネットなどからの情報収集、
国語時点や広辞苑などを尻取り形式のように読んでいく方法、
またインターネットのコトバンクなどで、気になる言語をネットサーフィンしていくなどの方法もあります。

 
「誰と出逢い、誰と話すかで人生は変わる」と言われるのは、その人が持っている語彙の違いを意味しているのかもしれません。
あなたのブログ、豊富な語彙がありますか?
あなたの会話、豊富な語彙がありますか?
とくに人に教える・育てる職業である講師・トレーナー・先生・保育士さんには重要です。
あなたが持つ語彙の数が世界を定め、生徒はその世界を自分の世界にしていきます。

 
自分の世界を拡げるところから始めましょう。

 

 

あなたを“代わりの利かない存在”にする専門家支援
日本プロフェッション協会の無料メルマガにご登録ください。
ここから^^

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031