ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

私にはできない…と思ったときに読むやつ。それ本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
地上で最も力の強い動物と言えば、象ではないでしょうか。
体が大きいだけでなく力も強靭なため、百獣の王と言われるライオンも大人の象は襲わないそうです。
長い鼻で材木を運んだり人を持ち上げたりしているシーンをTVで観ますが、軽々と、そして堂々としています。
どんな動物も象に蹴られたり踏まれると、ひとたまりもありません。

 
けれどインドやバリなどの東南アジアでは、象を飼い慣らしています。
日本でもサーカスなどで象が芸をしています。
その象たちはなぜ人間に従っているのでしょうか。
逃げ出そうと思えば、いくらでも鎖を引きちぎり、杭を抜いて逃げられるはずです。
彼らは自然の象と何が違うのでしょうか。

 
人が象を飼い慣らすとき、大人の象は扱いません。
小象のときから飼い始めます。
小象でも逃げ出したいと思い暴れることはあるはずです。
けれど小さいためまだ力が足りず、鎖をひきちぎったり杭を抜いたりすることができません。
そうした経験から、やがて小象は「鎖はちぎれないもの」「杭は抜けないもの」と思い込むようになり、大人になって力はついたにも関わらず、逃げ出そうとはしなくなるそうです。

 

 

ノミにも同じような習性を見ることができます。
普通ノミは2mぐらいの高さは簡単に跳びはねる力を持っていると言われています。
ところが、高さ10cmぐらいの箱に長期間入れておくと、10cmしか跳べなくなってしまいます。
箱から出しても同じ10cmしか飛ばなくなるそうです。

 
箱に入れられた瞬間、ノミは当然箱の中でピョンピョン跳びはねますが、蓋に阻まれて10cm以上は跳ぶことができません。
それが習慣化されて、やがて箱から出しても10cmしか跳べなくなってしまうのです。
ノミもノミなりに「自分は10cmしか跳べない」と思い込んでしまうんですね。

 

 

「私にはできない」と思っていることは何でしょうか。
時間がない、能力がない、お金がない、人脈がない…
それは本当にできないことなのでしょうか。
私たちは子供の頃から多くの規則を与えられ、様々なしつけをされて育ちました。
その経験で無意識的に感じとってしまうのは「自分には能力がないから」「自分にはできないから」という前提かもしれません。
また私たちは法律下で生活をしています。
それは「人は悪いことをする」という前提を感じとってしまっているかもしれません。

 
私たちの無意識は、言葉で表されていない部分を受け取っています。
「◯◯はダメ」「◯◯は無理」「◯◯だけ」。
大人は子供に、礼儀正しく常識的な人になってほしいためにしつけをしますが、同時に自分らしく振る舞うことはいけないというメッセージが伝わるんですね。
そして自己主張ができない、個性が発揮できない、自信が持てない大人になってしまいます。
親が「子供のため」と思い、全身全霊でしつけをしていることが何を意味するのかについて、私たちは気がついていかなければなりません。

 

 
まずは自分が「私にはできない」と思っていることが、思い込みなのではないかと疑ってみましょう。
どんな人も親や先生など、大人の影響を受けて育っています。
その制限から自分を解放するために、まず「できない」と思っている自分に
「それ、本当?」と質問してみましょう。
「できない」と思っている人にはできない、
「できる」と思った人だけができる、というのは当然ですね。

 

 

《毎日のリバティーレッスン》
女性性を活かして心と体を解放し、自分らしい人間関係をつくるためのメルマガ。
読者登録はこちらから。
リバティーレッスン画像4

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31