ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

お金に細かい夫に困ったときに読むやつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
夫婦の問題でよく起こるのはお金の管理。
婚姻の定義にも「婚姻は経済的な結合」とあり、夫婦が金銭面で協力し合うことは責任になっているようです。
主に家計を握っているのは妻の方でしょう。
けれど妻のやり方が気に入らない場合、夫が口を出すことが少なくなりません。
妻はつい「細かいなぁー」「この人、こんな細かい人だったっけ?」と感じてしまいます。
毎日のお買い物、子供のこと、支払いなど、実際のお財布からの出し入れはどうしても妻が多いため、「じゃあ、あなたがやってよ」というわけにもいかず困ってしまいますね。

 

お金の価値観というのはこれまでの影響が大きく、親の在り方や今までの経験によって人それぞれです。
お金に細かい人が大雑把になることは難しいですし、お金に大雑把な人が細かくなることも難しいと思われます。
「なんでそんなに細かいの?」「やっていけてるからいいじゃない」と思ってしまいますが、それでは喧嘩は堂々巡り。
どこで折り合いをつけましょうか。

 

 

 

 
《「家計きっちり主婦」を演じましょう》

 
コミュニケーションの価値は相手にあります。
自分が何をどう伝えたかはゼロで、相手が受け取ったものが100です。
例えば(この場は泣いておこう)と考えて泣いた場合でも、悲しんでいる様子をちゃんと演じれていれば相手は本当に悲しんでいると思います。
演技するなんて…と思うかもしれませんが、演じることがその場に効果的なのであれば何も問題ありません。
夫婦の平穏な生活を目的に行なうなら、自分自身を柔軟に変化させて相手を尊重している素晴らしい状況です。
罪悪感を持つ必要はありませんね。

 

夫婦関係はお互いがつくっています。
1:1の関係性であるため反作用を起こし、バランスをとろうとします。
お金に大雑把な自分がいるから、お金に細かい夫がいます。
もし自分が夫よりお金に細かいタイプだった場合、夫は今と同じ状態であっても「大雑把なタイプ」になるでしょう。
自分がいるから相手がいる、相手がいるから自分がいるんですね。

 

そして夫婦は長年一緒に暮らしているので波長が合っています。
お金に細かい夫に反抗して怒りのエネルギーを出した場合、相手もそれに同調し怒りのエネルギーを発生させます。
反抗すればするほど大喧嘩になっていきます。
相手の細かい指摘には「なるほど~」「へ~ぇ」「そうか~」と曖昧に返し、相手が求めている状態を演じましょう。
家計簿をつけることを求められているなら、相手が気に入る方法で家計簿をつけ、
定期的に通帳を見せることを求められているなら「どうぞ」と見せてあげましょう。
実際のお財布管理は妻に任せられているのだから、自分自身は今までの大雑把と何も変わらなくていいわけです。

 

 

 

 
男性は社会で戦い、その結果としての収入や肩書や社会的地位を「自分の価値」と評価しています。
家庭では、おそらく金銭管理うんぬんではなく、自分の意見を認めてほしいという欲求を持っています。
そして女性は言葉を扱うことに長けていて、周囲のいろいろなことに気づきながらバランスする性質を持っています。
金銭管理うんぬんではなく、夫婦がうまくいく方向に家庭を導いていくことができます。
お金のことでもめるのは後味の悪いものです。
夫婦がうまくいくための柔軟な方法を選択していきましょう。

 

 

 

女性管理職・後輩指導・新人教育など現場レベルの悩みはここで相談。
《Woman’s CHANCE》に持ってきてください。
CHANCE画像1

 

 

 

 

 

 

 

ストレスフリーな女性の生き方を提案しています。
メルマガ~ひとひらの凛~
ご登録ください。
ひとひらの凛

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930