ナースの心理学スクール NCS <menu>をご覧ください ↓

menu

Neoナースコミュニケーションスクール

職場の人間関係をうまくいかせるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

最近、特に多いと感じています。職場における人間関係の悩み。
もちろん、あなたの上司が管理者あるいは指導者としてとても有能で、部下を大切に育てながら自分自身も共に成長していくような、解り合える人間性を持っていたとしたら問題は生じないでしょう。
あなたの同僚が人と人は違うことを理解し、自分自身に目標を持ってハイパフォーマンスの発揮に注力しているなら、周囲にイザコザは起こらないでしょう。
あなたがどんなお客様のニーズにも柔軟に対応し、まったくストレスを抱え込まない人間性を持っていたら、仕事に対する苦痛はないでしょう。
けれど、そううまくいかないのが現状です。
退職のほとんどの理由に、人間関係の問題が含まれているのではないでしょうか。

 
例えば、同僚とはうまくいってるけど、上司への不満が爆発。
上司とうまくいき始めたら、今まで仲が良かった同僚と気まずくなった。
お客様への対応が苦痛で、仕事を選り好みしてしまう。結果、信頼されず同僚や上司との人間関係が悪くなる。
そして上司の陰口を言う、同僚に気を遣うようになる、会社に行きづらくなる、お客様が苦手になる…。
就職したときは、ここで頑張ろうと思っていたのに…
こんなはずじゃなかった…
という状態を招いていませんか。

 

 

 
これね?
「人」を見ているからうまくいかないんです。
観るべきものは《関係性》です。
つまりあなたは『相手が何を求めているか』に気がつかなければなりません。

 
例えば同僚からは何を求められているでしょう。
賢い人、バリバリ仕事のできる人、遅くまで残業して頑張っている人?
同僚は恐らくそんな人は求めていませんよね。
なぜなら、もし自分の側にそんな出来る同僚がいたら、しんどいですよね。
常に人は誰かと比較し、そして人の評価を気にしているから、自然と「嫉妬」が生じてしまいます。
同僚から求められているのは、もしかすると、ちょっとドジな人、マイペースな人、たまに注意される人…?
もしそう思うなら、同僚の前ではその役柄を徹底的に演じます。
ただし、基本的なニーズに「仕事」というのがありますので、やるべき仕事はちゃんとやる必要があります。

 
そして上司からは何を求められているでしょうか。
賢い人、バリバリ仕事のできる人、遅くまで残業して頑張っている人?
上司は恐らくそんな人は求めていませんよね。
なぜなら上司も同僚と同じく、そんな人がいたら自分の出世が危ぶまれます。
上司が求めているのは、自分が上司であることを認めてくれる人、慕ってくれる人、従順に仕事をこなしてくれる人…?
ならば、上司の前ではその役柄を徹底的に演じます。
もちろん与えられた仕事は、淡々とこなしていきます。

 
ではお客さま(得意先など)からは何を求められているでしょう。
これはその時々で変わると思います。
謝罪を求められているとき、アドバイスを求められているとき、解決策を求められているときなど。
それも同じ。そのとき求められている役柄を徹底的に演じます。
心の中で違うと思っていても、その自分は横において相手を認めます。

 

 

 
「演技をすること」
そこに抵抗する必要はまったくありません。
なぜなら、“自分が思っている自分はいないから”。
自分で自分のことを、私は神経質なタイプです、私は気が弱い人間です、私は怖がりです…
と主張ところで、周囲の人たちが「あなたは強いよね」と言えば、いくら否定しても「強い私」しかいないですよね。
世の中に存在しているのは、Aさんが見ている私、Bさんが見ている私、Cさんが見ている私、だけ。
自分が思う自分、それは心の中にしか居ないんです。
違いますか?
だから、自分のことはちょっと横に置いて演じきれば、いつでも相手が求める関係性がつくれます。

 
また、演技を高めるためには情報が必要です。
姿勢や表情、言葉遣いなど、その役柄を演じるための情報とトレーニングが必要です。
そうして演じたなら、それはもう演技ではなく、その場その場で本物です。
演技であることと、演技でないことの差はないんですね。

 
そうして“自分にとって効果的な(例えば心地のいい)関係性”を常に作れていたら。
次は自分の番です。
この関係性があるので、自分が主張したいことや、自分の希望、つまり「オーダー」が通りやすくなります。
どうしても譲れないこと、どうしても聞き入れてほしいこと、なんとしても同意してほしいこと。
同僚にも、上司にも、お客様にも、これらがすべて通っていきます。

 

 

 
「八方美人」
ここにも抵抗する必要はまったくありません。
もしかしたら上司からひいきされていると思われるかもしれません。
もしかしたらお客様からの指名が急に増えるかもしれません。
同僚から嫉妬される?
いいえ。
ちょっとドジでマイペースでたまに注意されているあなたは、同僚にとっても心地いい関係性なので決して否定されません。

 
つまり、
『どのグループにも属さないが、どのグループからも否定されず、自由に行動しているのに仲間はずれにならない』
という自分自身の場を作り出すことができます。

 

 

 
自分を主張するよりも、自分を柔軟に変化させていく。
そして自分にとって効果的な関係性を築き、あらゆるオーダーを通していく。
誰にでも、新しい世界が作れます。

 
人間関係の悩みから、解放されましょう。

 

 

 
 
実際に自分自身に変化を起こしていきませんか。
~山咲凛子セッション~

 
メールで学ぶコミュニケーション
~PCS無料メール講座~

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930