ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

ちっちゃく輝こ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

人は本来、必要なチカラはすでに持っていると言われています。

ただそのことに気づけない。

そしてその使い方を知らない。
心の底から湧き起こる原動力は、たいてい過去の嫌な経験です。

病気だったり、苦労だったり、辛い経験だったりする。

だからみんな、それにフタをしちゃう。

そんな自分のネガティブな一部分をエネルギーとして転換できたら。

それはもう誰かのチカラになるしかない。

 
そして、自分が苦手としてきたこと、避けてきたことが、実は得意分野だったりする。

それとこれをくっつけて。

誰かのため

社会のため

日本のため

地球のために繋がることなら、

限りないチカラが自分の中に湧き起こってくるだろう。

 
「想い」だけじゃ足りないかもしれない。

そうなるために、何か知識が必要かもしれない。

人間的に成長するために、試練が必要かもしれない。

だけど、それさえも必然的な出逢いだと信じきる。

 

 

 

 

そうして自分を制して磨いて、どこまでも自分を信じて愛して。

当初の目的さえも忘れた頃、自分の中に湧き起こっているチカラに気づくだろう。

 
「社会」なんて大きいことを考える必要はなくて。

ちっちゃくていいんです。

自分自身が輝いていたら。

 

 

 

 

「人生」なんて長い道のりを考える必要もなくて。

ちっちゃくていいんです。

今日一日が輝いていたら。

 

 

 

 

 

そこからたくさん生まれていくから。

 

 

 
8月9日(木)大阪・福島区で素敵な人に出逢えます。

(株)高齢社・代表取締役『上田研二』さん。

 

 

上田研二氏は、自らがパーキンソン氏病を患っています。

身体機能が低下していく中で人の助けを痛感したそうです。

そして自分も何か人のためになろうと、高齢者に「働く」という生き甲斐を生んだ人です。

 

 

自分自身が病に負けず生き甲斐を感じながら、多くの高齢者にも生き甲斐を与える。

その影響がさらに広がり、高齢者事業は全国各地で素晴らしい発展を遂げています。

それは日本が持つ高齢化社会への問題に素晴らしく貢献しています。

 

 

日経ビジネスへの掲載や、ビジネス大賞の受賞、カンブリア宮殿やガイアの夜明けなどTV出演も多数。

http://riverstar.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-6dae.html

 

 

 

彼の原点は、

父親のリストラで厳しい少年時代を過ごしたこと

12億の借入金を5年で黒字にしたこと

自らが持病を患っていること

 

 

そして彼の経営哲学

「人は財産・人は宝」。

 

 

 

 

 

 

生きがい重視・人間味あふれる上田研二氏に会ったら

自分の中のちっちゃな何かが輝き始めるかもしれません。

 

 

 

あなたの小さな「きっかけ」

それはすでに、あなたの心が感じています。

 

 

 

講演会の詳細はここで↓

http://pla.vc/kouenkai/

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930