ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

新しい女性の在り方。《Ms Libertyという世界観》です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山咲凛子のコーチングページへようこそ。
Ms Libertyコーチングは《心が解き放たれた自由な女性になるレッスン》です。

 

なぜ今、女性に《心の解放》が必要なのでしょうか。

 

現代女性は、まるで社会に“生かされている”ような気がしています。私たちは幼い頃から「女の子なんだから」「女性なんだから」「女のくせに」「女なら」「女の役割り」などの言葉をたくさん聞いて育ちました。自分自身が言われたことではなくても、母親や祖母や周りの女性に発せられた《社会の女性像》。いつの間にか私たちは“女性は○○でなければならない”という根っこを心の中に作ってしまっているのではないでしょうか。

 

これまで日本でも多くの女性が社会と戦ってきました。女性の選挙権や就労、男女平等など。その方たちの力があったからこそ今があると思います。けれども今だ多くの女性が戦ってます。それは時間との戦い、体力との戦い、家事との戦い、お金との戦い。そして人間関係、ときには家族との戦い。これらはすべて自分自身との戦いを意味しています。実は戦いは、新たな戦いを生み出すばかり。必要なのは自我を成長させ心を解放すること。それを《Ms Libertyコーチング》で提供しています。

 

これからお話することは、女性が心を解き放つ必要があると思った理由です。すべてを書くことはできませんが、なぜ新し女性の在り方を求めるのか、少しでもお伝えることができれば幸いです。

 

images93

 

 

 

 

《常識からの解放》

あなたが思う「常識」って何ですか?女性に特化すると、いつか結婚しなければならない、女性は子供を産むべき、女性は一人で生きていけない、女性はおしとやかに、女性は人の世話が好き、などなど…。でもよく考えると、世界中の人に聞いたデータはどこにもありません。誰かが「常識でしょ」と言った言葉がそのまま記憶され、私たちの常識になってしまっています。私たちに「常識でしょ」と言ったその人も、きっと誰かから「常識よ」と言われた常識なのだと思います。これは言い換えると“洗脳プログラム”。私たち人間は気づかないうちに言葉によって誰かを洗脳し、また自分も洗脳されながら生きています。

 

女性の人生には様々なステージがあります。娘として、友だちとして、恋人として、妻として、母として、嫁として、そして社会人として。これまでどんな“洗脳プログラム”を受けたかわかりませんが、すべての女性がこの役割り全部をこなさなければならないと思っていないでしょうか。実は女性だからこそ、これだけ多くの役割りが与えられています。柔軟で調和的で大きな視点があるからこそ、こなしていける役割り量なんですね。だからすべてを選ぶこともできるし、自分に必要であると思った役割りだけを選択することも可能なはずです。そのことに気づかず世間体や常識に囚われて、本当は自分が望んでいない生活をしている女性が多いと感じています。

 

日本は第二次世界大戦後、GHQの支配下に置かれていました。終戦記念日前後には日本の兵士や女性のことがよく放送されていますが、日本人は世界で稀にみる崇高な精神力を持っていることを明らかに感じます。アメリカは日本の力に怯えて原子力爆弾という手段を取るしかなかったのだと思います。そして戦後、そんな日本人に再び抵抗されたら困るのでGHQが様々な情報をコントロールして、日本人の高い精神力をダメにしてしまいました。日本の文豪作家の本が国内から何千冊も消えたそうです。そして産まれた子供は、産まれて数年間にまず両親の価値観を与えられます。少し成長して先生の価値観で育ちます。良い・悪い、常識・非常識など。これら大人からの情報がすでに“洗脳プログラム”です。

 

少し前に「女性の品格」という本が流行りましたが読んで自分自身を改善した方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、それはすべて他者評価。つまり洗脳プログラムです。他人の価値観で自分を作っている限り、どこかで破綻してしまいます。自分自身を見失ってしまいます。《Ms Libertyコーチング》では、コーチングを受けた方がどんな女性になるか、何を成し遂げるか、には注力しません。今まで誰かにインプットされてきた常識・非常識、良い・悪い、そして他者評価…。これらから解放されるまでコーチングを続けます。そして解放されて自由な女性になれたとき、自分にとって本当の幸せが何かわかるでしょう。《Ms Libertyコーチング》は脱洗脳のトレーニングであると言えるかもしれません。

 

 

 

《過去記憶からの解放》

最近あった嫌な出来事は何ですか? 最近あった嬉しい出来事は何ですか?
人は良かったことは思い出しにくく、良くなかったことはすぐに思い出すことができます。その理由は36億年前の生命の誕生にさかのぼります。まだ脳を持たない単細胞生物でしたが、生命を維持し継続させていくという使命は持っていたと思われます。生命の継続に必要不可欠なのは栄養。その栄養がうまく採れているときは問題ありませんが、栄養がうまく摂れていないときは何か変化を起こさなければなりません。場所を移動したり、体の機能を進化させたりして生命の危険を回避する必要が生じます。つまり、上手くいっているときはスルーで、上手くいっていないことをキャッチする。今の私たちも同じです。そして上手くいかなかったことを何度も思い出して何重にも脳に記憶させるのは、同じ危険を避けるためです。今の私たちも上手くいったことより、上手くいかなかったことを何度も思い出して考え込んでしまいます。同じです。36億年前の生命が継続してきた末端が私たちですから、私たちのDNAに36億年前からの情報が入っていても不思議ではないですよね。

 

人間には素晴らしい能力があります。“ゲシュタルト認識能力”と言います。これはたった1回か2回の体験をしっかり記憶し迷わない、という能力。私たちは通常、起き上がり方・立ち上がり方・歩き方の手順を考えません。初めての場所に行ってもドアノブの回し方を迷いません。何も考えずに行動し成功していることが山ほどあります。けれどこのゲシュタルト能力は良いことばかりではなく、嫌だった出来事も記憶してしまいます。例えば、私たちは成人になるまでに14万回もの否定的な言葉を聞かされて育っているそうです。それに対し肯定的な言葉は1/4ほど。それらの情報はすべて無意識的に記憶しています。またある一定の条件に自動的に反応する“アンカリング”という優れた能力もありますが、それも成人になる頃には数十万個の情報配列が、気づかないうちに出来上がってしまっています。

 

つまり人は常に記憶に生きる動物であると言えます。たとえ未来のことを考えたとしても、その未来図に書かれているものは自分が知っているものだけです。知らないものは書けません。ということは、どんなに楽しい未来を想像しても、今の自分が制限しています。私たちが持っているDNAの働きと素晴らしい能力を知りながら、気づかない間にインプットされた非効果的な記憶を編集して、本来の自分自身を取り戻していく作業を行なわなければなりません。《Ms Libertyコーチング》では、コーチングを受けに来られた方が過去に何を体験されているかについて特化しません。ただその編集作業を数十パターンお伝えし実践していただきます。

 

 

 

《男性・女性の解放》

地球上に生命が誕生してから10億年ほどの間、男女の性別はなかったと言われています。性別がなくとも生命を継続することに成功していたにも関わらず、なぜ男女の性別ができたのでしょう。もしも人類を創った“大いなる何か”が存在しているとしたら…なぜ「異なる2つの性」を創ったと思われますか?昔に比べると日本文化は変化していますが、「男は仕事、女は家事育児」という考えが今も根強く残っているようです。男女平等制により女性の就労の機会が増え、不況のあおりを受けて現代では多くの女性が経済的責任も担っています。妊娠・出産・子育て、そして介護など多くの役割りを必要とされる女性が負担を強いられているように伺えます。現在も男女平等を主張する言論が唱えられていますが、本当にその戦いで解決するのでしょうか。“大いなる何か”は戦いを求めて異なる2つの性を創ったのでしょうか?

 

まだ世の中に婚姻や家族など取り決めのない原始時代、個人の能力に応じて役割りが自然にできていたようです。男性は空間を立体的に捉えたり、物事を多角的に見る力があるので、獣が多い時代には狩猟が役割りになっていました。女性は言語能力が豊かで細かいことに気が付きますが体力的に弱いやめ、近くの住人と力を合わせて家や子供たちを守ってきました。そして現代では、雇用均等法はあるものの、どうしても男女それぞれに得意分野があるようです。男性は獲物を採って来るということから、成果や結果を重視します。またパソコンや車など立体的に捉える職業に能力を発揮しています。女性はコミュニケーション能力に長けていて、話すことや人間関係を重視します。結果よりもプロセスを大切にします。このように、それぞれに欠かせない性質があって、それを統合していくことで新しい何かを生み出していけるのではないかと考えます。

 

精子と卵子が受精し着床する頃、まだ性別は決まっていません。妊娠数週目に胎内で母体から大量の男性ホルモンを浴び、それから生殖機能が作られます。またそのときに浴びたホルモンの量により、男性でも女性的だったり、女性でも男性的な性質が生成されます。よってコミュニケーションが上手な男性や細かなことによく気づく男性、機械操作が得意な女性や成果重視の女性が存在します。このように、人はあるときは女性性が強くなったり、あるときは男性性が強くなったりしています。これからの時代、男女の性差を超えて「男性性」「女性性」という視点で個人を見る方が効果的なのかもしれません。「2つの性」を創った“大いなる何か”は、相違する二つの生き物がお互いを理解し尊重し、認め合い協力しあって何かを生み出していくことを願っていたのかもしれません。

 

性に限らず世の中に存在するものは、すべて双極性で成り立っています。大きいー小さい、美しいー醜い、空ー大地、HappyーUnhappy、豊かさー貧しさ、不安ー安心など、数え上げればきりがありません。これらは片方では成立しません。大きいということはそれより小さいのもがあるから大きいと表現できます。美しいものは醜いものを知っているからわかります。ネガティブな自分はポジティブな自分を知っているからわかるだろうし、ポジティブな自分はネガティブな自分があるから感じることができます。そうして反対に位置するものを受け入れその性質を知ったとき、両者の特徴が活かされた新しいものが生み出されます。《Ms Libertyコーチング》では女性性を高めていくことで男性性を知って両者を高め、場に応じて使い分けができる魅力的な人になれるよう自己編集していきます。

 

 

 

《新しい女性の在り方》

まだ太古の時代~日本においては縄文時代や弥生時代、皆が力を合わせて暮らす調和の時代でした。『女性性の時代』と言えると思います。それが平安時代の半ばから戦が起こり始めました。それから長い間戦国時代が続き、開国してからは諸外国との戦、そして太平洋戦争、高度成長期、商人の時代、労働の時代~という『男性性の時代』を日本は歩んできました。その結果、日本における年間の自殺者は約3万人。原因不明なものや処理しきれていないものを合わせると3倍の数になるとも言われています。うつ病の発症は10~15人に一人の割合で、その数は1000万人を超えています。日本だけでなく世界においても高度成長、商売、労働という過程を進み、先進国ほど心の病が多いとされています。

 

けれども、そろそろ男性性優位の時代は終わりを迎えるのではないかと感じています。そして50年後か100年後かわかりませんが、戦いをやめて『精神性』の時代に移行していくのではないかと思います。それも、日本が世界をリードして。なぜなら、日本は唯一の原爆経験国です。すでに世界と戦うことを放棄しています。日本は自己主張が弱くアメリカに迎合していると言われていますが、日本は戦わなくていいのかもしれません。日本人が持っている『和の心』。これは調和を意味しています。すべての存在と調和する、宇宙の存在と同じ。世界の戦いから抜けた日本が、いち早く世界に調和をもたらす存在なのかもしれません。

 

さらに日本は、阪神大震災・東北大地震を経験しています。多くの人が、商売・労働で積み重ねてきたものを一瞬で失った出来事だったと思います。さらに大切な愛する人の死。この経験から日本人は何を学ぶのでしょうか。少なくとも、今まで物質的なものを手に入れるための戦いをしてきて、それはいとも簡単に崩れるものであると気が付いたのではないでしょうか。ではこれから先、何を自分の中心に置くか、何に価値を置くか。冒頭で述べたように、日本の武士や侍たちが持っていた精神性の高さは、外国人には真似できない崇高なもの。この日本人の性質が世界を変えていくのかもしれません。

 

そして女性は、脳の構造から見ても非常に言語能力に長けています。太古の時代から調和を重んじる性質です。多くの人が起業する世の中ですが、何をもって成功とするかは個人によって変化してきています。お金や名声を得ることよりも、人と共に楽しむことや趣味を仕事にして技術を磨く人、人を癒やす仕事など、自分自身の成功を目的にされている方が増えてきているように感じています。女性性の時代と精神性の時代~《Ms Libertyコーチング》ではアメリカで開発されたNLPと成功哲学、そして東洋思想であるヨーガや気功、そして日本の精神を培う禅など多角的に学び、《新しい女性の在り方》を探究し続けます。

0721

 

 

 

お伝えしたいことは尽きませんが、なんとなく感じていただけたでしょうか。

Ms Libertyの世界観。

日々投稿するブログやメルマガで、さまざまなことをお伝えしています。

心が解き放たれた自由な女性~《Ms Liberty》の考え方を知るところからお始めください。

 

 山咲凛子のメルマガ ~ひとひらの凛~
メールアドレス
ニックネーム



 

 

 

 

では具体的に、どうすれば自由な女性になれるのかお伝えします。

《Ms Libertyになるためのレッスン》必須項目です。

 
1.大好きなことを仕事にする

やりたいことを、やりたいときに、やりたいだけやる、という自由の実践者。自分がやりたいことを通して他者に貢献していく。

 

2.年収600万得る

女性が一人で不安なく暮らしていける収入を得る。

 

3.不妊症あるいは離婚を経験している

不妊や離婚を推奨しているのではなく、世間の常識や人の意見によって自分の人生を選択できず後悔だけが残ってしまう女性を救うことを意味する。

 

4.人に教えられるほどの趣味が2つ以上ある

仕事だけでなく遊びも真剣に愉しむ姿勢。

 

5.死ぬほど愛している男性とSEXをしている

SEXをすることで女性ホルモンは活性化され女性性が強くなる。またSEXを通して男性性を知り、男女の性を超えた人を目指す。

 

6.生活ダイエットがいつでもできる

ダイエットとは過剰になっているものを削ぎ落とすことで、体重だけでなく断捨離や断食や情報遮断なども含む。

 

7.ミニスカートが着れる

自分の思い込みに囚われず自由にお洒落を楽しめる女性であること。

 

8.苦手なことや嫌いなことにもチャレンジする

自分に制限を与えず常に弁証法的に自己成長を続ける。

 

9.発信力がある

論理力を身につけ、必要な場で必要なときに自己主張できる男性性を持っている。自分の人生を選択できていない女性を救うための活動をする。

 

 

上記の項目をすべて満たしたとき、常識からの解放、善悪からの解放、世間体からの解放、他人の意見からの解放、過去体験からの解放、物質欲からの解放、時間からの解放、思い込みからの解放を手にしています。そして女性性の発揮、男性性の発揮、無限的自己成長力の発揮、潜在能力の発揮を通して他者貢献していく女性に成長していきます。

 

images94

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の女性の能力を取り戻し、活かし、新しい女性の在り方を提案する~

《Ms Libertyコーチング》

 

★6ヶ月継続 ¥198,000★

月2回の対面コーチング(1回4~5時間)

メールコーチング無制限

※初回は2時間の無料相談をお受けします。

 

★対面コーチングのサロン★

〒553-0001
大阪市福島区海老江2丁目1-31 青山ビル7F
TEL:06-4798-0213 / FAX:06-4798-0210
フリーダイヤル:0120-50-3601

◆電車で・・
⇒地下鉄千日前線「野田阪神」駅
⇒阪神本線「野田」駅
⇒JR東西線「海老江」駅
以上3線3駅から 徒歩3分
※阪神本社ビルの斜め向かいのガラス張りのビル

◆お車で・・
お車でお越しの場合は周辺の駐車場をご利用ください。
PLA周辺には駐車場が多数ございます。

 

chizu

 

 

 

pla300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に…

私はコミュニケーションスクールで主任講師を志事させていただいています。

そして宇野ひろみにより開発された国内唯一のフリースタイルコーチングを継承しています。

Ms Libertyを目指すあなたにとって、ときにはガイドとなり、ときには先生になり、ときにはメンター、そしてスポンサーとなり、人生を共に行く仲間になります。

この出逢いがあなたの人生に大きな変化をもたらしますように。

拙い長文を読んでくださったことに感謝いたします~

 

 

山咲凛子のプロフィールはこちら

http://rinko.in/?page_id=128

 

サイン漢字White4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930