ナースのための心理学スクール <menu>をご覧ください ↓

menu

Yamasaki Rinko

夫婦のコミュニケーション。人によっては最も難しくて大切なこと。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦間でのスキンシップで悩む方が多いことを感じています。

夫婦のスキンシップはとても重要。

言葉を超えたコミュニケーションです。

 

 

夫婦のどちらかが、スキンシップが大切なコミュニケーションであることに気づき、恥ずかしさを超えてチャレンジします。

ところが相手は無愛想。

疲れてる、時間がない、眠い、などと言われてしまったり、

気持ち悪い、匂いが臭い、今さら無理、などひどい言われ方をすることも少なくありません。

長い間触れ合っていない二人がスキンシップを図るのは、とても難しいことのようです。。

 

 

だけどやはりスキンシップは大切。

二人の関係性を取り戻すための、具体的なコミュニケーションスキルを提案します。

 

ダウンロード (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①まず、相手を「好きになる」と決める。

 

 

人は誰かを好きになる時、必ずどこかの時点で「この人を好きになろう」と決めている瞬間があります。

知り合った頃は、何か小さな出来事を通して相手と共感し、共鳴し合ったから好きになるのだと思います。

それは、その出来事を通して相手を信頼し、「この人を好きになろう」と決意しています。

しかしながら、いつの間にか“また別の些細な出来事を通して相手を疑う”という関係性になってしまいます。

 

 

 

これは性悪説。

人は相手を疑い始めると、相手の疑わしいところばかり見つけてしまいます。

日本の法律は、悪いことをするだろう、という前提の基に作られています。

その世界で生まれ育った私たちは、人を疑うのは当然かもしれません。

またTVなどで毎日悪いニュースばかり見ていては、やはり人を疑って当然かもしれません。

 

 

けれどもそのことに気がついて、もう一度何かに共感し、相手を「好きになる」と決めてください。

相手のことが好きで好きでたまらない自分を、自ら作っていくことが必要です。

 

images (71)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②演じきる。素敵な自分になること。

 

 

「演じる」というのは、なんだか心ないような気がする方がいるかもしれませんが。

相手のことを好きで好きでたまらない役柄を演じるのは、なんとなく好きでいるより、もっともっと好きになれます。

嫌いな人を、嫌いだ嫌いだと思い続けると、ますます嫌いになるのと同じです。

 

 

これは性善説。

相手を好きでいると、相手のいいところばかり見つけ始めます。

そして演じていることを忘れるほどに演じきれるようになったとき、相手の反応がどうであれ、幸せいっぱいの自分を感じられるようになります。

そして相手もきっと、自分と一緒にいて嬉しそうにしているあなたを見ると、自然に喜びを感じるようになります。

時間がかかるかもしれませんが、少しずつ少しずつ、上手に演じていきます。

 

 

同時に、相手に好かれるように素敵な自分になっていく必要もあります。

ダイエットしたり、服装や下着に気を使ったり、仕草や行動にも気を配ります。

対人コミュニケーションでは、相手の記憶に残るのは「見た目と話し方」が93%であると、メーラビアンの法則で唱えられています。

夫婦関係で最もおろそかになっているのは、この「見た目」かもしれません。

 

images (72)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
③あと一歩。相手に合わせる。

 

 

二人でいる時間は、長くなくてもかまいません。

ただ一緒にいる短い時間、できるかぎり相手に合わせます。

それは、声の大きさやトーンや、口調の速さを合わせること。

そして体の動きや姿勢を真似ます。

リアクションを大きくしてうなずき、相手が話しやすい空気を作っていきます。

 

 

これは先ほどのメーラビアンの法則に従っています。

「見た目と話し方」。

話の内容よりも、ずっとずっと重要なコミュニケーションです。

 

 

そしてコミュニケーションの主体は、どんなときも相手にあります。

自分が何を伝えたかではなく、相手にどう伝わったか、です。

一生懸命やったとしても相手の反応がいまひとつなら、さらに合わせていく必要があります。

こうして、ようやく二人の波長が合ってきます。

 

 

スキンシップはここから。

演技であってもなくても、二人のために努力している自分に自信を持ってチャレンジしてください。

 

images (69)

 

 

 

 

 

 

 

 

 
《相手を変えたいなら、まず自分から》

もしも諦めてしまったら、これから先も何も変わらないでしょう。

どちらを望むか、自分しだいです。

 

 

《スキンシップ》

肌と肌を合わせてぬくもりを感じるだけではありません。

お母さんと赤ちゃんの絆が深まったり、うつ病の回復を促進させる効果があるのは、《無意識》が深い所でつながるから。

言葉のコミュニケーションより、とても重要で効果的です。

 

 

そして、なぜ①②③の方法が効果的なのか。

続きはメルマガでお伝えします。

理由がわかると、さらにコミュニケーション力が上がります。

ご登録ください~ ↓↓

 

 

コミュニケーションのメルマガを配信しています~

人生がうまくいくかどうかは、セルフコミュニケーションの質で決まります。

日常を爽やかにする小さなコツから、人間の本質まで。

心に効く内容をお伝えしています。

~ひとひらの凛~

http://rinko.in/?page_id=14

 

 

お二人に素敵な時間が訪れますように。。

 

images (70)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930